求人数623,133
  1. >
  2. >
  3. 履歴書の書き方

履歴書作成のポイント

  • ( 1 )日付
    郵送する日、または面接日など、人事担当者に書類を渡す日付を書く。
    ( 2 )写真
    スーツ着用が原則。メイクや髪型も控えめにし、きちんとした印象を与えるよう心がけよう。プリクラを使うのは厳禁。写真屋さんなどで撮影してもらった証明用写真がベストだが、スピード写真でも。
    ( 3 )学歴・職歴
    学歴は中学卒業から記載するのが一般的。学校名は、○○県立△△高等学校のように、正式名称で書く。学歴は、学部・学科も明記する。職歴に欄を割きたい場合は、最終学歴のみ記載する、卒業のみ記載する、という方法も。職歴は、働いた会社名と入退社年月を書く。雇用形態に関わらず、キャリアに結びついているものやアピールできるものであれば記入しよう。詳細は、職務経歴書で説明できるので、ここでは概要が伝わればよい。
  • ( 4 )資格
    所有している資格を書く。応募職種にあった資格から書こう。直接応募職種に関わらない資格であっても、書いて差支えない。
    ( 5 )志望動機
    なぜその会社を選んだのかをアピールしよう。今までの自分のスキル・経験を活かし、その会社にどう役立てるのか、また入社後に何をやりたいかなどを書こう。使いまわしはNG、応募先の企業ごとに書き分けることを意識しよう。
    ( 6 )趣味・特技
    あなたの人柄を知る情報の一つ。面接での会話のきっかけにもなる。正直に書いてよいが、ギャンブルは避けたほうが無難。
    ( 7 )本人希望欄
    むやみに希望条件を記入するのは控える。複数の職種を募集している場合もあるので、「希望職種」は明記しよう。

履歴書は決まった様式があるの?

JIS規格が一般的とされていますが、企業からの指定がなければ、どのような様式でも問題ありません。現在は職務経歴書とセットでの提出が多いこともあり、最低限の事項が入っていれば問題ないでしょう。

履歴書は手書き or パソコンで作成?

企業から指定された場合には、手書きで作成しますが、一昔前に比べてパソコンによる履歴書作成は一般的になりました。修正が容易、読みやすいなど、応募者、採用担当者どちらにとってもメリットがあります。
また、人材紹介会社を活用する際など、履歴書・職務経歴書をメールに添付することも多いです。パソコンで作成した履歴書も1部は作成をしておくのが効率的です。

当サイトでは、履歴書・職務経歴書のPDF作成が行えます!まずは無料の会員登録から。