求人数617,903
  1. >
  2. >
  3. 経営の職務経歴書

経営の職種一覧

経営の職務経歴書(サンプル例)

経営企画
【概要】
大手人材紹介会社に入社後、●年間営業職として勤務。20●●月に経営企画室に異動となり、現在まで●●年間、経営計画や予算の策定、監査等の業務を担う部署の1メンバーとして業務にあたってきました。

【業務内容】
・年次予算の策定および取りまとめ
・中期経営計画の策定および取りまとめ
・IPO準備(内部監査/内部統制整備及び運用/IR準備/監査法人対応)
・経営会議、取締役会等各種付議/報告資料の作成/取りまとめ

【実績】
・プライバシーマーク認定取得(20●●年...

経営の職務経歴書の書き方・コツ

【経営の職務経歴書 3つのポイント】
・担当業務や役割、立場など活躍の範囲を具体的に書く
・募集先が求める経験や、重要な経験は細かく、その他は簡潔に
・強みは募集内容を意識してアピールする

【経営の職務経歴書のポイントを3つ紹介します】
1つ目のポイントは担当業務や役割、立場など活躍の範囲を具体的に書くことです。経営といっても、企業によって、また年数によっても経験業務が大きく異なります。そのため担当した業務内容や、業務内での立場は明確にしましょう。プロジェクト内ではどの立場で役割を任せられていたのかを書きます。例えば補佐的な役割であったのか、中心的な役割だったかです。立場は、業務内容の範囲を通じて具体的に裏付けをしながら書くことで説得力が増します。

2つ目は募集先が求める経験や、重要な経験は細かく、その他は簡潔にという風にメリハリをつけて書くことです。経営の場合、経験業務が多岐にわたることが多いです。例えば、経営戦略、予算業務、M&A企画・推進、市場動向調査・分析、株主総会業務、IR資料作成、資金調達など様々な内容があげられます。そのため、すべての内容を細かく書いてしまうと職務経歴の枚数が多くなってしまいます。経験の詳細は、募集先の内容を意識し、重要なものほど詳細を書き、その他は簡潔にします。内容にメリハリをつけることで、重要な内容の要点を押さえた職務内容の仕上がりになります。

3つ目は強みは募集内容を意識してアピールすることです。強みを書く際は、募集先が求める人物像を意識して、その内容に沿った経験とエピソードを元に書くことが望ましいです。例えば注目されるのは、経営者目線で物事を考える力と、そのような高いポジションでの経験です。募集先が求める人物像をしっかりと分析した上で、経験や実績で肉付けした強みを書きましょう。細かすぎる実務の話はほどほどに、広い視点で会社や事業を成長させるために取り組んできたことが伝わるような職務経歴が望ましいです。

「経営」の職務経歴書

実際に転職活動で使われた職務経歴書を大公開。
業務内容だけでなく、アピールポイントや自己PRもチェックできます。
これから書き始める人にも、なかなか書類が通過せずに悩んでいる人にも、参考になる内容満載です。

サンプルをコピーして職務経歴書を作成できます。