求人数617,903
  1. >
  2. >
  3. 不動産の職務経歴書

不動産の職務経歴書(サンプル例)

不動産管理
【概要】
20●●年●●月に株式会社●●ハウジングに入社、賃貸マンションやアパートの入居者募集、
空室対策、点検・メンテナンスの提案など賃貸物件の管理業務を担当。

【職務内容】
20●●年●●月〜20●●年●●月
所属:●●支店
担当エリア:●●
管理物件:●●件

20●●年●●月〜20●●年●●月
所属:●●支店
担当エリア:●●
管理物件:●●件

<業務内容>
・管理物件の巡回点検
 担当している管理物件を定期的に巡回し、不具合がないか点検
・...

不動産の職務経歴書の書き方・コツ

【不動産の職務経歴書3つのポイント】
・担当した物件の詳細、クライアントの規模などの詳細を書く
・成果や実績を数値化して記載する
・ヒューマンスキルなどがうかがえるエピソードなどのPR

【不動産の職務経歴書のポイントを3つ紹介します】
1つ目のポイントは担当した物件の詳細、クライアントの規模など詳細書くことです。不動産関係の職種では取り扱う物件の規模や、個人・法人でも内容が大きく異なります。そのため認識のずれを防ぐためにも、不動産関係職種の職務経歴書に置いては、自らが担当した不動産物件の規模、種類、特徴を明記しましょう。チームの構成、役割や責任範囲についての記述も重要です。また、クライアントとやり取りする業務の経歴があるならば、クライアントの規模や種類、予算感、担当数なども伝えられるような内容に仕上げましょう。どの程度の規模感で動いてきたのかを伝えることで、認識の差異を少なくすることが出来ます。また募集先が求める実務経験を保有しているかが重要なポイントになります。

2つ目は成果や実績を数値化して記載することです。営業系の業務であれば、実績、達成率、成約件数、表彰などの実績を職務経歴書に書きましょう。できれば前年度比やチーム内順位、達成率など比較材料を記載することで、その実績の規模を判断しやすくしましょう。さらに、それらを達成するためにどんな努力や工夫をしたのかも自己PR欄などに記述しましょう。目標に向かって試行錯誤できることを強調してください。

3つ目はヒューマンスキルがうかがえるエピソードをPRします。高額商品を扱う業界ですので、相手にとって信頼できる人材かどうか重要な採用基準になります。もちろん知識や経験のアピールは重要ですが、それ以外のヒューマンスキルが見える内容のエピソードを書きましょう。たとえば、誠実で好感をもたれるようにクライアントに対しての説明、提案、資料作成の際の取り組みなど、エピソードを交えて書きましょう。他社から評価されたり、褒められたりしたことがあればアピールしましょう。

サンプルをコピーして職務経歴書を作成できます。