求人数783,135
  1. >
  2. >
  3. 金融の職務経歴書

金融の職務経歴書(サンプル例)

金融事務・バックオフィス(銀行・信販系)
【概要】
20●●年●●月、●●銀行に入行。金融事務としてバックオフィス業務に
携わってきました。●●支店にて窓口業務を担当したのち、
●●支店にて住宅ローンの事務を担当。営業数人を一人でサポートしています。

【職務内容】
20●●年●●月
●●支店に配属
主に窓口業務を担当。、預金などの窓口業務、後方事務を担いました。
窓口での運用商品を営業することもありました。

20●●年●●月
●●支店、住宅ローン部に配属
個人のお客様を対象とした住宅ローンの事務を担当...

金融の職務経歴書の書き方・コツ

【金融の職務経歴書 3つのポイント】
・専門領域、経験業務の詳細
・資格は漏れなく記入する
・専門知識、スキルまた取得に向けての取り組み

【金融の職務経歴書のポイントを3つ紹介します】
1つ目のポイントは専門領域、経験業務の詳細です。金融関係の職種は、トレーダーなどの運用系職種、金融商品開発に携わる職種、法人・個人問わず営業的な要素を含む職種、審査や管理などの事務系職種などがあり、金融と一言にまとめても様々です。また、職種のみではなく、業界面でも、銀行・保険・証券などの区分があるので、専門領域や経験業務を明確に伝えられる職務経歴書を用意する必要があります。

2つ目は資格は漏れなく記入することです。金融では、必須資格や関係する資格も多いので、漏れなく記述しましょう。たとえ金融関係の職種に勤務していれば、労せず取れる資格であったとしても、省略せずに書きます。また海外取引等もある仕事ですので、英語力も注目されます。TOEICの点数があれば明記してください。一方、そうした具体的な資格を保有していなくとも、相応の経験やスキルがあれば、実務経験と合わせて記述しましょう。

3つ目は専門知識、スキルまた取得に向けての取り組みをPRします。金融系職種に共通するのは、高度な専門知識が求められる点なので、保有する専門知識や経験を明記するのは必須です。さらにそれに加えて、専門知識を習得するための工夫を具体的に記述し、金融のプロフェッショナル性以外の面でもアピールするようにしましょう。市況に応じて多くの事項が変動しますので、情報収集への取り組み方や意欲の高さも注目されるポイントです。

サンプルをコピーして職務経歴書を作成できます。