求人数618,095
  1. >
  2. >
  3. フード・飲食の職務経歴書

フード・飲食の職務経歴書(サンプル例)

ホール・フロアスタッフ
【職務要約】
20●●年より約●●年間ル●●ホテルにて、レストランサービスや
コーヒーラウンジサービス、ルームサービスを担当。
顧客リストの作成や予算作成・管理、売上管理、後輩の指導などに携わる。

【職務内容】
20●●年●●月〜現在
<所属>料飲部 レストラン課
 [ホテル規模]客室数:●●室、宴会場:大中●●室
 [所属部署メンバー数]  ●●名
 [勤務スタイル] 
  シフト制 勤務時間:約 ●●時間/月(夜間勤務も含む)
  休日: ●●〜●●日以上/月...
調理師
【職務概要】
調理師の専門学校を卒業後、洋食のファミリー向けレストラン1社、イタリアンレストラン1社にて、主に調理業務に従事してきました。
1社目では調理だけでなく接客や在庫管理等の飲食店としての基礎を学び、2社目では調理を担当しながら、予算管理や納入業者の選定にも携わっています。

【経歴】
20●●年●●月 洋食●●入社 ●●店に配属
・2ヶ月の研修期間で、接客、食器管理、調理について学ぶ
20●●年●●月 キッチン補助担当
・食器洗い
・調理補助

20●●年●...

フード・飲食の職務経歴書の書き方・コツ

【フード・飲食関係の職務経歴書 3つのポイント】
・接客能力やホスピタリティに加えてプラスになる実績や成果をアピール
・店舗状況の詳細
・チームリーダー、マネジメント経験など

【フード・飲食関係の職務経歴書のポイントを3つ紹介します】
1つ目のポイントは接客能力やホスピタリティに加えてプラスになる実績や成果をアピールすることです。フード・飲食関係の職務経歴書は、飲食店での勤務経験がメインとなるケースが多いはずです。ありがちなのが、業務内容の箇条書きに終始するタイプの職務経歴書ですが、経験者として注目されるのは、それによって得られた具体的な成果です。フード・飲食業の最終成果である客数や売上などの数値化できる情報も組み込んだ職務経歴書を目指してください。例えば「リーダーに就任し、スタッフの接客指導を行い、売上を前年比からXXパーセント伸ばしました」といった内容です。

2つ目のポイントは店舗状況の詳細です。店舗名や事業内容、従業員数、座席数、客単価や客層などまで明記し、働いていた店舗の状況が伝わる職務経歴書となるように意識してください。ただ、そのまま箇条書きにしては非常に見辛くなってしまいます。表や枠などを使って、読みやすさが担保される職務経歴書にしましょう。

3つ目のポイントはチームリーダー、マネジメント経験など強みについてです。売上管理などの経理的な業務や、仕入発注、在庫管理などの業務経験や、チームリーダーやマネジメント経験などがある場合、フード・飲食関係の経験者としては注目されますので必ず明記してください。また自己PRで「調理に特化した専門知識がある」「店長に就任以降、スタッフに丁寧な接客を徹底」など独自のアピールを書きましょう。

サンプルをコピーして職務経歴書を作成できます。