求人数727,562
  1. >
  2. >
  3. 美容・サービスの職務経歴書

美容・サービスの職種一覧

美容・サービスの職務経歴書(サンプル例)

美容・サービスの職務経歴書の書き方・コツ

【美容・理容サービスの職務経歴書 3つのポイント】
・キャリアとテクニックをアピール
・コンクール、コンテストでの受賞履歴や資格情報
・接客、コミュニケーションスキル

【美容・理容サービスの職務経歴書のポイントを3つ紹介します】
1つ目のポイントは美容系の職務経歴書で必須となる、キャリアとテクニックです。特に、勤めたサロンについてと、そこでどのような立場だったのか、詳細に記述しましょう。サロンの規模、客層、客単価、あなたの役職や立場などを明記することで、職務経歴書を見る相手にイメージしてもらいやすくなります。また保有している資格なども必ず明記してください。

2つ目のポイントはコンクールやコンテストでの受賞・入賞歴です。美容師や理容師であれば、受賞履歴があれば強いアピールになります。職務経歴書からは、美容・理容サービス等の保有スキルは「実務経験の長さ」といったところから判断しなければならず、実際のスキルが見えにくいことがあります。賞といったあなたのスキルを一定の基準で定量化できる要素を明記することで、「受賞履歴があるということはスキルが高い」といった印象を残すことができます。他にも美容・理容の資格やスキルを身に付けるため業務以外で力を入れている要素があれば積極的に書きましょう。例えば「休みの日はセミナーに参加し、美容サロン最新技術や接客方法など学んでいます」といった内容です。

3つ目のポイントは接客・コミュニケーションスキルのアピールです。美容・理容サービスではさまざまなお客様を相手にします。またお客様の肌や髪といった身体に触れるので、お客様にとっては繊細になってほしい仕事です。そこで接客スキルは美容系専門スキル以上に重要視されます。また、仕事仲間とのコミュニケーションが円滑にできそうか、業務改善や改善思考をもって取り組めるか、なども注目されます。いろいろなお客様と接して試行錯誤してきたはずですので、コミュニケーションスキルをアピールできるような、職務経歴書に記載できるエピソードが用意できるのではないでしょうか。

サンプルをコピーして職務経歴書を作成できます。