求人数639,092
  1. >
  2. >
  3. 教育・学校の職務経歴書

教育・学校の職務経歴書(サンプル例)

教育・学校の職務経歴書の書き方・コツ

【教育・学校の職務経歴書 3つのポイント】
・創意工夫し、取り組んだエピソードを書く
・販促活動や評価など、成果が伝わりやすい内容を書く
・職務経験の詳細は、教育者としてのイメージが持ちやすい内容にする

【教育・学校の職務経歴書のポイントを3つ紹介します】
1つ目のポイントは創意工夫し、取り組んだエピソードを書くことです。教育・学校関係の職務においては、専門分野の知識や応用力も求められるのですが、それ以上に重要なのが、言語化能力や伝達能力、臨機応変に創意工夫出来るかです。特に学生や子供と接する塾講師などの職種であれば、他職種とは毛色が若干異なり、多感な時期のメンタル面に配慮できるか、教育者としての自覚や熱量があるかはチェックされます。教育系でなくとも、趣味や資格のスクール・講座に携わる職種もあり、こちらはより高い専門知識と、それを分かりやすく伝える能力が要求されます。過去の業務経験を思い出し、創意工夫し取り組める姿勢をアピールできるような具体的エピソードを用意しましょう。

2つ目は販促活動や評価など、成果が伝わりやすい内容を書くことです。教育・学校の職業は実績を数値化させにくいため、能力を客観的に伝えるのが難しいです。しかし具体性を書いた内容では、人物像がぼやけ内容の薄い職務経歴書になってしまいます。工夫した内容やエピソードに加え、結果や順位、周りの評価も併せて書くことが大切です。例えば塾や専門学校では、販促活動、生徒の授業アンケートなど、業務を定量化できる要素があります。数字の実績は、客観性を持つので一つの強みとして取り上げましょう。

3つ目は職務経験の詳細は教育者としてのイメージが持ちやすい内容にすることです。教育関連の職業では、職務内容はただ業務の羅列としてしまわずに、その際に心がけていたことや、注意していたことなどのエピソードを一緒に書きましょう。教育者としてあなたがどのように生徒に対して、教育自体に対して、また日々の業務に対して向き合ってきたのかイメージが持てるようにします。そうすることで教育者としての意欲と、生徒とのコミュニケーション能力や業務を創意工夫する力が感じられる内容にすることができます。

サンプルをコピーして職務経歴書を作成できます。