1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 技術(IT・ソフトウェア) >
  3. プログラマ系 >
  4. Web・オープン系プログラマ >
  5. 株式会社 LIFULL seniorの転職・求人詳細
  • 正社員

株式会社 LIFULL senior

【東証一部グループ企業】テクノロジーで介護業界を革進させるエンジニアを大募集!!【成長産業で業界最大級のWEBサイトを10年以上運営】

株式会社 LIFULL seniorの求人情報

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など、多様な高齢者向けの住まいを探せる介護施設検索ポータル『LIFULL介護』を運営。
地道にWebマーケティングやサイト改修を重ね、毎年ハイペースで成長。現在では全国の3万8,000以上の介護施設が検索でき、
月間200万UUが訪問する日本最大級のサイトに発展している。「大量の情報を収集し、ユーザー一人ひとりに最適な情報を抽出・提供する」アプローチが強み。

LIFULLグループとして「100カ国に展開し、100社・100人の社長を輩出する」という考えのもと、2015年7月に子会社化。上場企業のバックボーンがありながらも、ベンチャーマインドをもった少数精鋭チームによるフットワークの軽さがある、という利点がある。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【東証一部グループ企業】テクノロジーで介護業界を革進させるエンジニアを大募集!!【成長産業で業界最大級のWEBサイトを10年以上運営】
仕事詳細
日本最大級の老人ホーム・高齢者住宅情報サイト「LIFULL介護」の技術開発に携わっていただきます。

【具体的には】
■新機能、新規メディア、新サービスの設計・開発・テスト
■既存サービスやメディアの保守・運用

既存サイトにおける新機能や新サイトの企画・要件定義から携わっていただき、開発を進めてます。
営業、制作、ディレクター、マーケターとチームを組み、一体となってサービスを作り上げていきます。

事業全体も把握しやすい規模のチームですので、営業からユーザーからの声も伝わってきます。
ご自身の携わったサービスが世の中にどう役立ったかも感じ取れ、皆のやり甲斐にも繋がっています。
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
■LIFULL senior 東京本社
東京都千代田区麹町2-1 PMO半蔵門9F
交通
東京メトロ 半蔵門線「半蔵門駅」6番出口より直結
東京メトロ 有楽町線「麹町駅」より徒歩6分
給与・年収
510万円〜630万円

【給与詳細】
月給31万5100円以上
└内訳:24万700円(基本給)+7万4400円(固定残業代)以上

◎最低保証額です。経験・能力を考慮の上、当社規定により優遇します。
※上記には、月40時間相当分の固定残業代が含まれています。
※固定残業代の算定の基礎として設定する労働時間数を超える時間外労働、休日労働及び深夜労働分については割増賃金を追加で支払います。

【賞与・昇給】
■賞与:年2回(7月・12月/昨年度実績:基本給の4ヵ月分)
■昇給:年2回(4月・10月)
待遇・福利厚生
【勤務時間】
フレックスタイム制(コアタイム/10:00〜16:00)
※標準労働時間8時間
※残業時間は月平均20~30時間程度

【福利厚生など】
■交通費(全額支給)
■社会保険完備(健康、厚生年金、労災、雇用)
■私服勤務
■書籍購入補助あり
■PC/ディスプレイ支給
■屋内原則禁煙(喫煙室あり)
■勤務時間内のセミナー/勉強会の参加および費用負担(都度相談)
■在宅ワーク支援金制度

【オリジナル制度】
◎リフレッシュ手当
連続4日以上の休暇取得で、休暇を楽しみリフレッシュしてもらうため手当を支給しています
◎新規事業提案制度「SWITCH」
休日・休暇
■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■慶弔休暇  

【オリジナル休暇】
◎イベント休暇
自身に関連するイベント(自身や家族の記念日など)で自由に休暇を取得できる制度です。(年間2日)
配属部署
LIFULL介護事業部エンジニアグループへの所属となります。

企業情報

会社名
株式会社 LIFULL senior
(企業カナ名称:カブシキガイシャ ライフルシニア)
本社所在地
東京都千代田区麴町2-1 PMO半蔵門9階
設立日
2015年07月
資本金
5,747万円
代表者
代表取締役 泉 雅人
株式公開区分
非上場
従業員数
61人
平均年齢
31.8歳
URL
http://lifull-senior.com/
事業内容
老人ホーム・高齢者住宅検索サイト『LIFULL介護』の運営ほか

『LIFULL介護』とは?
掲載件数業界No.1 (ネオマーケティング調査 2018.5) 日本最大級の老人ホーム・介護施設検索サイトです。

有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など、様々な高齢者向けの住まいを探すことができ、施設への資料請求や見学申込が可能。
月間のサイト利用者数は、業界でも最大級の270万人以上(2019年9月時点)。
数多くのお客様にご利用いただいており、掲載中の事業者様からも信頼をいただいているサイトです。

私たちはLIFULL介護を通して、
介護に向き合う人が対峙する「情報の非対称性」を解消したいと考えています。

例えば
・個人の状況・状態(身体機能の低下や認知症の進行具合など)
・複雑な社会制度(介護保険、複数の行政窓口など)
・多種多様な介護施設(運営主体・料金・入居条件など)

こういった複雑な状況や情報を整理し、
ユーザーが自分の希望条件にあった内容を判断できるようにサービスを革進し続けています。
  • 株式会社 LIFULL seniorの求人情報

その他・PR

この仕事で得られるもの
【やりがい・魅力】
■業界屈指のポータルサイトの運営・開発に関われる
■自身の意見・制作物が直接サービスに反映され、その反応をリアルタイムに感じることができる
■作りっぱなしではなく、自社サービスならではのPDCAサイクルでのサイト改善ができる
■サイトユーザーの声もわかり、関わったサービスが世の中にどう役だったかが分かる
■成長中のサービスので、成功体験を得やすい
■東証一部上場の親会社LIFULLの同職種との交流や技術勉強会など、グループ間でのネットマーケティングから技術知識まで学ぶ機会が豊富
多くの介護施設から「ダントツの効果がある」との評価
老人ホームや高齢者向け住宅など、多様な高齢者向けの住まいを探せる介護施設検索ポータル『LIFULL介護(旧:HOME'S介護)』を運営している、株式会社LIFULL senior。同社は、国内最大級の不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME’S』を運営する株式会社LIFULLの一事業部門から、グループ会社として2015年7月に分社化、設立された。

『LIFULL介護』は、自分の親族のために介護施設を探そうとしたものの、ネット上にまとまった情報が存在していない状況に直面した社員が事業化を発案。
2007年にLIFULLの新規事業提案制度「Switch」で提案したところ、初受賞・初事業化が決まった。そして、2008年にオープンの運びとなる。ただし、同時に複数の他社が同様の準備を進めており、いきなりの3サイトほどの競争状態となった。

そうした中にあって、地道にWebマーケティングや改修を重ね、毎年ハイペースで成長。現在では全国の38,000件以上の介護施設が検索でき、月間270万UUが訪問する日本最大級のサイトに発展している。
「こうした数字は、Webページをひたすら量産すればある程度は稼げます。それよりも、実際に介護施設を探し、問い合わせなどのコンバージョンに結び付いた数のほうを我々は重視しています。その点においては、多くの施設様が他社のサイトと比較していただいた上で『「LIFULL介護」がダントツの効果がある』と言っていただけています」と代表取締役の泉 雅人氏は強調する。

その要因としては、まずLIFULLグループ全体のメディアづくりにおける基本概念「世界一のライフデータベース&ソリューション・カンパニー」の徹底が挙げられる。つまり、「大量の情報を収集し、ユーザー一人ひとりに最適な情報を抽出・提供する」というアプローチだ。
「情報量の最大化は営業が担い、“ユーザー一人ひとりに最適な情報を抽出・提供する”UI/UXにおいては、『LIFULL介護』を長年手掛けているディレクターやデザイナー、エンジニアが研究を重ね、ボタンや文字の大きさ、行間にまでこだわって実装しています。その結果、シニア向けサイトデザインの“お手本”としてガイドブックに使われるまでになっています」(泉氏)

賃貸住宅と違って、介護施設はスペックの比較で決められるものではない。その施設に入居するとどういった生活が送れるのかというソフト面がカギを握る。
「個別の施設情報ページはもちろん、記事コンテンツも充実させ、介護施設を探す上で必要となる知識や情報の提供に努めています」(泉氏)
さらに、50代・60代が中心を占めるユーザーのために、介護施設紹介会社と提携しサイトの使い方や介護施設の探し方までをアドバイスするコールセンター「LIFULL介護 入居相談室」を設置。アナログな形での情報提供も補完しているのだ。
なお、『LIFULL介護』以外には、漠然とした介護や未来への不安を明るく照らす情報を発信するメディア『tayorini(たよりに)』や、実家の片付け・遺品整理の業者を探せる『みんなの遺品整理』も運営している。
グループにおけるシニア領域を担うのが“LIFULL senior”
同社が2015年7月に分社化されたのは、「100カ国に展開し、100社・100人の社長を輩出する」というビジョンがあるためだ。そして、新たに“LIFE + FULL”から考案した“LIFULL”というブランドネームを冠してグループ運営を始めている。LIFULLという名前には、世界中のあらゆる「LIFE」を、安心と喜びで「FULL」にしたいという想いがこめられており、「あらゆるLIFEを、FULLに。」というコーポレートメッセージをもとにブランドを統一した事業展開をしている。

このグループ展開の背景には、大きく2つのねらいがある。1つは、経営の意思決定をスピーディーに行うには、大きな組織では舵取りが難しくなること。もう1つは、数多くの起業家を育てるためだ。泉氏は次のように説明する。
「LIFULL代表の井上高志には、『事業部長と経営者では意識が全く違う。経営者を育てるには、実際に経営者をやらせるしかない』という考えがあります。その流れでグループ会社は増え続け、2017年3月現在で“LIFULL”を冠する会社は11社(グループ全体では14社)を数えるに至っています」
LIFULL seniorは、その1社だ。2010年に入社して以来、『LIFULL介護』に携わってきた泉氏が社長に任命された(詳細はインタビュータブ参照)。

「今は、『すぐにでも介護施設を探したい』というユーザーと施設とのマッチングがビジネスのほぼすべてですが、LIFULL seniorの社名は、グループにおけるシニア領域はすべて任されていることの表れです。『すぐに施設に入るまでではないが、不安』『在宅介護でがんばっているが支援があると助かる』『まだまだ元気』といった方もたくさんおられます。そういった方々へも、必要とされている情報をお届けし、価値を提供していきたいと考えています」と泉氏は今後のビジョンを語る。介護業界はIT化が遅れているだけに、同社ができることは数々あるととらえている。高齢化が進む日本は、向こう数十年間の介護サービス市場は拡大の一途。数少ない成長分野だ。

そしてもちろん、海外展開も視野に入れている。世界最速の高齢化社会を突き進んでいる日本の知見は、諸外国から必要とされている。現に、日本の介護事業者が中国などに進出し、好評を得始めている。『LIFULL介護』も同様、これから高齢化社会を迎える諸外国に必要とされるに違いない。
高いプロ意識を持った者がメリハリをつけて働く風土
2018年6月現在、同社のメンバーは46名。営業系と開発系が半々という構成だ。企業風土の特徴について、泉氏は次のように言う。
「ビジョンに共感した能力の高い人だけが同じ船に乗っている、というイメージです。同じ志と旗印のもと、普段は自由にマイペースで働いているメンバーが、『いざやるぞ』という時にはパフォーマンスを最大化させ、高い目標も必ず達成するという文化です。そのように高いプロ意識を持った人たちが、メリハリをつけて働いています」

目標達成は当たり前であるが、だからといってギスギスすることなく仕事は楽しくやりたい。そうでなければ、パフォーマンスが存分に発揮されないとわかっているからだ。
「ですから私は、変に肩にチカラが入り過ぎないよう、時にはふざけたりおどけたりもして場の空気を緩めることに努めています」と泉氏。
また、これまで毎年グループ一同で社員旅行に出かけているほか、同社単独としても別途、北海道を旅行して親睦を深めた。
「計画以上の利益を上げることができたので、挙行しました。私もグループ展開を加速する立場にあるので、子会社メンバーの親睦を深めるという他に、グループの社員に対しても、子会社化して実績をだしていければこんなイベントも自分たちの意志でやれるんだという実例を見せたかった、という面もあります(笑)」と泉氏。

LIFULLグループの組織人事には、「内発的動機を大事にする」という考え方がある。インセンティブなどの外発要素に頼らずとも、その人の内から沸き上がる「これをやりたい」「こうなりたい」と欲する意志を大切にするということだ。そこで、「キャリア選択制度」と呼ぶ、本人の将来ビジョンを上長と共有し、そのビジョン実現に向けて有効な経験が積めるようにキャリアパスを提供するしくみがある。例えば、将来事業責任者を目指す営業担当者には、場合によってはマーケティングなど営業以外の職につけて事業運営に必要な経験を積ませる事もある。そうして、足りない部分を徐々に補っていくわけだ。

「こうした施策で、個々の意欲や能力が高まることは間違いありません。それが事業や会社を大きくすることに直結しているという認識があります」
そんな同グループには、「日本一働きたい会社」を目指す、という目標もある。
「楽ができるとか、楽しく過ごせる会社というのではなく、理念の下に集い、あふれる挑戦の機会の中で成長し続ける集団、という意味です。常に価値あるサービスづくりにチャレンジして充実感を味わえる、とも言えます。自分で目標を設定し、PDCAを回して改善していける自走式の人が活躍していますね。そんな方にぜひ仲間に加わっていただきたいと願っています」と泉氏は結んだ。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
▼ 書類選考
  ↓
▼ 面接(複数回)
  ↓
▼ 内定

※選考結果の可否にかかわらず、原則2週間以内にお返事を差し上げます。
応募資格
【必須要件】
■LIFULLグループのビジョンに共感いただける方
■エンジニアとしての勤務経験(3年以上/業界不問)
■バックエンドの開発経験(1年以上)
■2言語以上習得されていること(うち1言語は業務で使用していること)

【歓迎要件】
■Java, Ruby, Python, PHP いずれかの開発経験(3年以上)
■Oracle, PostgreSQL, MySQL いずれかの開発経験(1年以上)
■JavaScript(jQueryプラグインを独力)の開発経験
■Unix系OSの基本的なオペレーション
■フレームワークを活用した開発経験※Symfony2、Ruby on Railsなど
■memcached, Redis のいずれかの開発経験(1年以上)
■保守性を考慮した設計・実装ができる
■サイトの設計、プログラミングまで一連の業務を手掛けた経験
■スマートフォンサイトなどの開発経験があれば尚可

【求める人物像】
■周囲と円滑にコミュニケーションがとれ、前向きに仕事に取り組んでいただける方
■グループLIFULLのビジョンに共感いただける方
■積極的に改善・提案・新技術の導入提案などができる方
■新しい技術を自ら進んで勉強し、取り入れられる方
■指示を待たずに能動的に仕事を創り出せる方
■社会性が高いビジネスに興味がある方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

Web・オープン系プログラマの他の求人はこんなものがあります

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:514万円です。男女比は男性・73%:女性・27%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が43%・就業中の人が57%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ