1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関東 >
  3. 東京都 >
  4. 渋谷区 >
  5. クリエイティブ系 >
  6. インターネット・WEB系 >
  7. WEBデザイナー >
  8. 合同会社 幻冬舎ゴールドオンラインの転職・求人詳細
  • 正社員

合同会社 幻冬舎ゴールドオンライン

【UI/UXデザイナー】国内最大級!月間PV1億5000万を超える富裕層向けWebメディア「幻冬舎ゴールドオンライン」をアップデートするUI/UXデザイナー

合同会社 幻冬舎ゴールドオンラインの求人情報-00

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

仕事詳細
月間PV1億5000万を誇る富裕層メディア「幻冬舎ゴールドオンライン」のUI/UXデザイナーとしてご活躍いただくポジションです。通常のデザイン業務だけではなく、ご経験に応じて課題解決のための新規UI/UX設計や企画立案、必要に応じて外部パートナーのハンドリングまで幅広くお任せいたします。

【具体的な仕事内容】
・各種ページ UI/UX設計・改修・新規ページ制作
・デザイン業務
・ワイヤーフレーム等の制作
・HTML,CSS,Javascriptを用いたコーディング
・数値分析および改善企画の立案と実行 等

上記内容のうち、ご自身のスキルや相談の上で実業務を確定していきます。
また、必要に応じて、下記のような業務にも携わっていただく可能性がございます。

・WEBセミナーの企画進行・運営
・メルマガ作成・配信・分析
・セミナー集客、会員募集のためのマーケティング施策の企画・実施
・WEB広告への出稿・効果測定
・SNSの運用 等

【この仕事の魅力】
・双方向にコミュニケーションが取れるメディアへ
出版社ということもあり、今までは情報発信が主体のメディアでしたが、改めて読者の行動を喚起し、その行動の第一歩をサポートできるメディアへと生まれ変わるための採用となります。実際の結果を肌で感じながら、UI/UXの設計、サイト内での企画立案等に携わっていただくため、サイトの成長がご自身の成長と実感しながら働いていける環境です。
・立ち上げメンバーに近い形でのジョイン
Webに関する知見というより、コンテンツのクオリティを最優先にこれまでサイト運営をしてまいりました。そのため、社内にてWebに関する深い知見を持った人材は少ない状況であり、UI/UX設計における担当者として、ご入社いただく方のスキル、経験がフルに活かせる環境があると考えています。

【この仕事で得られるもの】
上記の仕事に携わっていただくため、幅広い経験と知見が得られる環境にありますが、下記のようなことも得られるように思います。

・金融関連の知識
富裕層向けのメディアとなりますので、多くは金融関連の記事となります。そのため、金融まわりの知見を得られる機会は多く、深いレイヤーまで知識として蓄えることが可能です。仕事を超えた人生における糧となる可能性も大いにございます。
・一気通貫だからこそ得られる仕事へのやりがい
数値分析、課題の抽出から企画、実行まで全てのフローに携わっていただく可能性がございます。それに伴い、エンドユーザーとのコミュニケーションはもちろんのこと、数値の変化を肌で感じられるポジションとなります。ご自身の成長が事業、会社の成長へと繋がり、今まで以上にやりがいを感じられる環境かと思います。
職種
WEBデザイナー
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
東京都
勤務地(住所)
東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目9番7号
交通
JR「代々木駅」「千駄ヶ谷」徒歩7分
東京メトロ「北参道」徒歩1分
給与・年収
360万円〜600万円

※固定残業代を含む

※年俸の1/12を月々支給(月45時間分の固定残業代8万円~を含む)

固定残業代:96万円~168万円/540時間
※固定残業代は残業がない場合も支給し、超過分は別途支給する
待遇・福利厚生
【試用期間】
6ヵ月
労働条件は本採用と同じです。

【保険制度】
・健康保険
・厚生年金
・雇用保険
・労災保険

交通費支給※月上限5万円
休日・休暇
完全週休2日制(土日)
祝日・有給休暇

【休暇制度】
・年末年始休暇
・慶弔休暇
配属部署
幻冬舎ゴールドオンライン メディア事業部への配属となります。
デジタル領域に限定するような事業部は現在なく、今後近い将来部署を立ち上げていく可能性がございます。現在、様々な業態からの入社された方が活躍しています。

企業情報

会社名
合同会社 幻冬舎ゴールドオンライン
(企業カナ名称:カブシキガイシャ ゲントウシャゴールドオンライン)
本社所在地
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
設立日
2015年07月
代表者
山下 征孝
従業員数
30人
URL
https://gentosha-go.com/
事業内容
出版社・幻冬舎のグループ企業。

■WEBメディア「幻冬舎ゴールドオンライン」の運営
『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』をコンセプトにしたWEBメディア
  • 合同会社 幻冬舎ゴールドオンラインの求人情報-01

その他・PR

求人の背景
出版社系のWebメディア運営企業です。今までは、「コンテンツの力」で成長し続けてきました。
よりユーザーに対して価値を想像してもらえるよう、メディアとしての成長を継続できるよう、より優れたコミュニケーション環境を実現するためのUI、UX設計の担当者となります。
出版グループならではの記事クオリティ。顧客との接点づくりも強み
2015年9月に誕生した富裕層向けのWEBメディア『幻冬舎ゴールドオンライン』は、出版社系のサービスということもあり、書籍として出せるクオリティの記事を大量に掲載している。富裕層の大きな関心事である「お金周りの課題解決」をメインテーマとして、具体策・解決策のある記事づくりに徹底的にこだわっているのが特徴で、執筆陣も国内外の「実務家」がメイン。「相続・事業承継」「税金」「海外活用」「事業投資」など、ターゲットの関心が高い12ジャンルの記事を、毎日15本~20本配信している。

これらのコンテンツは、多くの富裕層や企業オーナーから支持されており、月間UUは600万超、月間PVは外部配信を含めて1億5,000万超という実績を誇る。『幻冬舎ゴールドオンライン』編集長の立本正樹氏は「100万冊売れる本は素晴らしいが、本質的には情報を提供するだけの一方通行。読者の顔もじつはほとんど分からない。WEBメディアであれば読者の動きを分析し、その人に最適な情報を選りすぐって提供することも可能です」と、WEBならではの特徴を語る。

『幻冬舎ゴールドオンライン』は、WEBメディアでありながら、リアルな接点づくりに強みを持っている。もともと、金融経済領域のメジャーなWEBメディアから見れば後発の部類。メディア間の競争も激しいなか、あえて立ち上げに挑んだのは、これからのメディアは、PV数の指標で“読まれている”ことに価値を置くだけでなく、記事によって読者の行動意欲を強烈に喚起し、実際に「行動しよう」となった読者をどれだけサポートできるかが問われるようになると考えたからだ。

このねらいが的中し、『幻冬舎ゴールドオンライン』は、広告の出稿サイドから見れば「富裕層にアプローチできる貴重なメディア」として多方面から評価されている。「特にWEBセミナーのご案内やお申込みは、積極的に活用いただいている。富裕層の情報収集手段も一気にWEB利用にシフトするなか、WEBセミナーは最初の接点としてのハードルがそれほど高くない。参加する側、出展する側ともにニーズがある」と立本氏は手応えを感じている。
エンジニア部門をスタートアップ。より使いやすく、便利なWEBメディアに
『幻冬舎ゴールドオンライン』のビジネスモデルは、基本的に広告収入で成り立っている。大量の富裕層読者の存在が利益の源泉であり、これまでは富裕層の心をつかむコンテンツづくりに圧倒的なウエイトを置いていた。出版社ならではの良質な記事で、確かな価値を感じてもらえる情報を提供し、それが収益を生み出しているという自負は大きい。

立ち上げから5年を過ぎ、すでに媒体も会社も順調に回転している。だからこそ、そこに留まらず、次のステージを目指そうとしている。例えばWEBメディアならではの、読者に応じた記事の出し分けを実現し、より心地よく情報を得てもらえるよう、コンテンツ発信の機能面でも強化を図りたい考えだ。そのために、WEBメディアの開発・運用を担うエンジニア部門を、スタートアップとして立ち上げ、今後はシステム面での開発にも力を入れていく。「コンテンツは揃っている。機能面を担ってくれるエンジニアの活躍に期待している」と立本氏は語る。

エンジニア部門は、少数精鋭のスペシャリストで構成する予定となっている。取り組んでもらいたいことは、すでにたくさんある。先ほどの情報の出し分けのほか、サイトに訪問した読者の視点で使いやすく、知りたい学びにアクセスしやすいよう、UI/UXのリニューアルすること。また、自分で情報を探せるだけでなく、気づいていない情報をリコメンドできるようにすることなども考えている。このほか、WEBセミナーへの参加者向けの申込み・管理画面などの改善も課題だ。セミナーに参加する操作がスムーズか、申し込んだセミナーがわかりやすく履歴に表示されているかなど、機能面には大いにテコ入れの余地があるとのこと。

「良質のコンテンツ」×「使いやすいシステム」が揃えば、さらなる飛躍は目に見えている。「次の新しい第一歩を踏み出すため、エンジニアの方の力を借りたい」と立本氏の思いは熱い。
「ゼロ」から「イチ」をつくることに価値を置き、「壊すこと」もいとわない社風
出版業界は、外部環境的にシュリンクしているのは否めない。しかし、そのなかでも幻冬舎グループは新たな事業を次々に立ち上げ、軌道に乗せている。「既存のものに疑問や不安を抱き続け、新しいことにチャレンジする気風は本当に強い」と立本氏は語る。そのため、どんなことでも「ゼロ」から「イチ」をつくることに価値を置いている。

また、「自分たちでつくったものなら、いざというときに“壊すこと”もできる」と立本氏。そのようなスクラップ&ビルドの精神が、編集、営業、事務に至るまで、職種を問わず浸透しているという。スタートアップとなるエンジニア部門でも、失敗を恐れずに挑戦することが評価される。「結果だけでなく、プロセスも見たい」と立本氏。エンジニアの新たな挑戦を、後押しする社風があると言える。母体のビジネスや経営基盤がしっかりしているので、社内ベンチャーのように思い切った施策を打てるのも挑戦のしがいがあるだろう。

将来的には、同社のシステム部門としての役割だけに留まらず、グールプ企業のシステム案件に挑戦する可能性もあるという。「たとえば、グループにWEBマーケティングの会社があり、そこでさまざまなクライアント企業のオウンドメディア運用などを扱っているため、そちらに関わることも想定される」。(立本氏)

このほか、他のメディアのエンジニアリングや、新たなWEBサイトの構築なども考えられるとか。チャレンジできる分野や領域は、これからまだまだ広がることが期待される。

「大企業で、ガチガチのルーチンのなかで働き、出世競争に身を置くのではなく、ベンチャー企業のように自由な発想で、新しいことにチャレンジしたいという方は、ぜひ一考してほしい」と立本氏。戦い続ける出版系の企業は、気概に溢れている。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
書類選考→面談、面接(数回)→内定
※選考を希望される方によって変動する可能性があります。
採用人数
若干
応募資格
【必須要件】
・IT、メディア業界での経験がある方
・UI/UX設計に関連した経験を1年以上お持ちの方

【歓迎要件】
・Webサイト、サービスサイト、ECサイト、オウンドメディア等の立ち上げ、企画の経験をお持ちの方
・Webマーケティングの経験をお持ちの方

【求める人物像】
・自ら課題を見つけ、自走できる方
・待ちではなく新たなことにチャレンジできる方
・マーケティング的な感覚を持っている方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

WEBデザイナーの他の求人はこんなものがあります

WEBデザイナーについて知ろう

WEBデザイナーに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。「ウェブデザイン技能検定」という特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が主催する検定はありますが、これがないと仕事ができないわけではありません。デザインの作成スキルは必要になりますが、実際の業務を経験しながら体得することも多く、最初から高いデザインスキルが必要というわけではありません。そのため美術大学の出身である必要はなく、まずWeb制作会社に入社し、経験を積みながら覚えていくという流れが一般的です。また、あわせてコーディングなどのWebの知識もあるとよいでしょう。
WEBデザイナーどんな人に向いている?
デザイン関係の仕事に就きたい人は勿論のこと、チームでひとつのことを成したい人、相手のことをしっかり考えられる人が向いています。ひとつの制作にはWebデザイナーだけではなくプロデューサーやディレクター、プログラマー、マーケティングなどさまざまな人たちが関わります。また、デザイナーはデザインだけをやっていれば良いわけではなく、企画の意図や目的を理解し、具現化する力や、サイト利用者の気持ちになって使いやすさを追求する必要があるため、チームで動くのが好きで、相手のことをしっかり考え、意見を述べられる人に向いています。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:532万円です。男女比は男性・74%:女性・26%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が35%・就業中の人が65%です。また、この業界には、英語スキルが全く不可レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ