1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. クリエイティブ系 >
  3. ゲーム系 >
  4. ディレクター・プロデューサー >
  5. 株式会社 イメージソースの転職・求人詳細
  • 正社員
  • 学歴不問
  • 転勤なし
  • 語学力を活かせる
  • 服装自由

株式会社 イメージソース

【インスタディレクター】リアルとデジタルを繋いで新たな体験をつくる、ディレクター募集

株式会社 イメージソースの求人情報

私たちイメージソースは、インタラクティブデザインを主軸とした制作会社です。
Webやアプリ、映像、デジタル広告、店舗デバイス、イベント、グラフィックなど、デジタルコミュニケーションに特化して、多くの分野で制作を手がけています。日々様々な技術に触れる機会があるので、クリエイティブに幅広い関心がありトレンドなどの知識を取り入れるのが好きな方であれば、楽しんで業務を行っていただけると思います。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【インスタディレクター】リアルとデジタルを繋いで新たな体験をつくる、ディレクター募集
仕事詳細
主にインスタレーション制作の企画・ディレクション業務全般を行うポジションです。
代理店やクライアントとの折衝のみならず、企画から制作・進行管理までのステークホルダーや案件全般のマネジメント業務を、ご自身が主体となって行っていただきます。

<業務内容>
・制作案件及び広告キャンペーンにおける戦略の企画・立案
・Web・アプリ・インスタレーション等制作物のディレクション
・クオリティ管理

<仕事のやりがい>
インスタレーションといっても案件によって様々なので、幅広いタイプのプロジェクトに携わることができます。
案件によって規模もタイプも全く異なるため、プロジェクト進行中は壁にぶつかることも多くありますが、それを乗り越えプロジェクトを成功させたときには、これ以上ない喜びと達成感を感じられます。
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都渋谷区神泉町5-2 塩入小路1階
交通
東急井の頭線 神泉駅から徒歩1分
各線 渋谷駅から徒歩10分
給与・年収
400万円〜650万円

※上記はあくまで目安です。スキル・ご経験を考慮します。
昇給 年1回(4月)
賞与 年1回(4月)
待遇・福利厚生
・勤務時間:専門型裁量労働制を採用しています。11:00頃に出社する社員が多いです。
---
・各種社会保険完備
・NTTアソシエ倶楽部(UFJなどのレジャー施設入場料や映画鑑賞券、フィットネスクラブ利用料、国内外宿泊料の割引)
・英会話サポート(1回3,000円)
・ジム施設費用補助(1回500円)
・部活動支援(施設利用料補助)
・インフルエンザ予防接種補助(家族含む)
休日・休暇
完全週休二日制(土・日)、祝日、有給休暇、夏季特別休暇、年末年始休暇、慶弔休暇

企業情報

会社名
株式会社 イメージソース
(企業カナ名称:カブシキガイシャ イメージソース)
本社所在地
〒150-0045
東京都渋谷区神泉町5-2 塩入小路1階
設立日
1998年10月
代表者
小池博史
従業員数
34人
平均年齢
32.0歳
URL
http://www.imgsrc.co.jp/
事業内容
・Webサイトの企画制作および運用
・アプリの企画制作および運用
・サイネージの企画制作および運用
・イベントのインタラクティブ企画制作、実施
・R&Dによる自社プロダクト開発、提供
  • 株式会社 イメージソースの求人情報

その他・PR

求人の背景
業務拡大による人員強化のため、新たなメンバーを募集します。
この仕事で得られるもの
イメージソースのディレクターは、クライアントとメインで接するポジションです。そのため、クライアントとの信頼関係を一番築きやすく、結果を残せば指名で仕事が来ることもあります。多くの人と関わることが好きで、誰かのために頑張ることが好きな方は、プロジェクトを無事終了させたときに大きな喜びが返ってきます。

将来的にはディレクターからプロデューサーへのキャリアを目指すことができますが、希望によりクリエイティブディレクターのキャリアに進む者もいます。基本的には本人の意向を重視していますので、それぞれが目指したいキャリアを積むことができます。
クリエイティブ×テクノロジーで業界をリード!
株式会社イメージソースは、デジタルクリエイティブの世界では草分け的存在であり、業界では恐らく知らない人はいないであろう制作会社。近年積極的なR&Dへの投資によるものづくりが注目されている。

この個性的な会社ができたのは1998年。鮮度の高いデジタルコミュニケーションを”デザインとテクノロジーの融合”により実現させ、「社会とユーザーに豊かな体験を提供する」ことをミッションとして掲げている。
デジタルコミュニケーションをカタチにする「クリエイティブブティック」と形容する裏側には、R&D思考による「ものづくり」と「ものがたり」を強みに、様々な課題解決に貢献しているところにある。人、プロダクト、経済全てにおいてCREATE(創造)し、CULTIVATE(育成)、SOCIALIZE(社会実装)していく「ものづくりサイクル」を実現させることで好循環な環境が生まれるという考えを理念としているのだ。プロトタイプの実験的な制作からクライアントワークへ繋がり、それらのフィードバックからあらゆる情報、資源を自社開発プロダクトへ投入することで、長きにわたり業界を索引している。
また、Webサイトやアプリ、インスタレーションなど各種制作物において、常にトレンドを意識したアウトプットと、アカデミックな先端技術のアウトプットの両軸を実現でき、なおかつ、経済的・技能的なバランスをとることで、社会だけではなく、業界においても私たちの存在価値を提案し続けていく。

2017年には、イメージソースをより発展的な成長を遂げるために、NTTドコモと電通の合弁会社であるD2Cとの業務提携を締結。提携の大きな目的は、クリエイティブを通じてユニークな体験を生み出す100年企業であり続けること、また、作り手として実現したい制作に専念できる環境を整備しながらD2Cの親会社であるNTTドコモが持つ先端技術の最新情報をいち早くキャッチし、それに対してクリエイティブを併せてアウトプットすることができると考えたからだ。

業務提携は功を奏し、同社のクリエイティブと先進性は、ナショナルクライアントから国内優良企業のプロジェクトを中心にWebからデジタルサイネージ、インスタレーションまで技術やアイデアは益々進化している。小池氏を筆頭にイノベイティブなメンバーがそろうイメージソースは、次々に新しい技術や体験づくりにチャレンジしながら「ものづくりサイクル」の実現を続けているのだ。
イメージソースのコンセプト
改めて、同社のコンセプトを整理したいと思う。

【その1】R&D思考による課題解決
【その2】デザイン×テクノロジーによる豊かな体験の創出
【その3】「ものづくりサイクル」の実現

最も重要なコンセプトである1は、自社の資源を研究開発に投じ、それらのプロジェクトを発表することで様々なフィードバックを取得。得たフィードバックを基にクライアントワークへの提案や社会への課題解決に還元していくというものである。
この文脈に沿って成長を続けてきたイメージソース。素晴らしい実績の数々はぜひオフィシャルWebサイトでチェックしてほしい。
自由な発想がこれまでに見たことのない体験を生み出す
イメージソースのユニークかつAWARDも受賞した事例を一つ紹介しよう。

YOYOGI CANDLE 2020

未来のスポーツイベントの機運向上の下に開催した新体感プロジェクションマッピングプロジェクト「YOYOGI CANDLE 2020」。WEBアプリを介して、個人のスマートフォンが投影面とリアルタイムに同期・参加できるコンテンツと共に、ビル上部のLEDとも連動した3部構成の演出、全30分となる本施策。シンボルのように存在する巨大建築物とネットワークを通じてリアルタイムに繋がる体験は、今後、拡がるであろうシティドレッシングや新たなスポーツ観戦への実験的アプローチも含め、屋外広告への規制が厳しい東京都内における初めての大規模実例となった。都市機能における新たな一面を浮かび上がらせる貴重な機会、イメージソースは、企画から制作まで、総合的に手がけた。

Digital Signage Award
Grandprix, Entertainment, Technology
挑戦し続ける自社プロジェクト
イメージソースでは、自社開発プロジェクトへの取り組みも非常に積極的に行なっている。年に数回開催されているIMG SRC PROTOTYPES(イメージソースプロトタイプス)は、先行開発して生み出していくアイデアの断片を実際に見て体験できるイベントだ。体験づくりには欠かせないテクノロジーを使った表現やアイデア、デバイスの可能性などを拡張するR&D活動として一歩先の未来を自分たちの手でカタチにしている。

いまだ世の中で得たことのない斬新な体験を来場する人々とともに共創し、より発展的に、より具体的に、よりスピーディーに実験的なプロトタイプを具現化していく場を作ることで、広告やイベントへの活用方法をupdateし続けているのだ。
来たれ「新たな体験創作人」。イメージソースの担い手に!
イメージソースの仕事のやりがいは案件規模が大きく、たくさんの人の目にふれるプロジェクトに参画できるということに尽きるだろう。自分が手がけたものの影響力を実感し、反応を目の当たりにし、身が震えるような思いをする。そんな大プロジェクトだからこそ、より大きな自分自身の成長も実感できる。
同社の社風として、個人の個性を大事にしながらも、チームワークを重んじている。各部署や各自の適材適所を横断しながらチームビルディングし、一つのプロジェクトを成功に導く体制づくりは、業界によくみられがちな尖った雰囲気はなく、和やかな中でお互いに刺激を与え合う空気が印象的だ。
また、D2Cグループに参画したことにより、人事制度や福利厚生も充実。自己研鑽の支援や、家族を持つ社員やワークライフバランス支援が多種多様に受けることができるようになったのだ。
そんな同社が求める人材は、こんな方々。


・自分なりの工夫ができる方
・情熱とスピード感をもって主体的にチャレンジできる方
・いかなる状況にも柔軟に対応し、前進できる方
・クリエイティブに幅広い関心があり、トレンドなどの知識を取り入れるのが好きな方

やりがいのある仕事にこんな刺激的であたたかい仲間たちが揃う会社があるだろうか。ぜひ、エントリーしてみては?

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
▽書類選考
▽個別面接(1~2回)
▽内定

※応募から内定まで、約2週間を予定しております。
※上記は予告なく変更となる場合があります。
採用人数
1
応募資格
<必須条件>
・イベント会社等でのディレクション、デザイナー経験2年以上
・Web系映像制作会社でのディレクション経験2年以上で、インスタレーションなど新しい表現に興味のある方
・コミュニケーション能力
・制作進行管理経験
・PPTでの資料作成経験

<歓迎条件>
・空間デザインの実務経験(ディレクション含む)
・映像制作の実務経験(ディレクション含む)
・制作プロダクションでの制作進行管理経験
・見積もり作成など予算面でのマネジメント経験

<求める人物像>
・自分なりの工夫ができる方
・情熱とスピード感をもって主体的にチャレンジできる方
・いかなる状況にも柔軟に対応し、前進できる方
・クリエイティブに幅広い関心がありトレンドなどの知識を取り入れるのが好きな方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:509万円です。男女比は男性・74%:女性・26%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が42%・就業中の人が58%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ