ノー残業デーがトップ。会社にあったら嬉しい制度・イベントランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革が進む中、働く人がより心地よく働けるような制度を提供する企業が増えてきています。今年度からプレミアムフライデーも始まり、その効果が疑問視されているような現状ですが、実際労働者にはどのように受け止められているのでしょうか。今回は515名に「会社にあったら嬉しい制度・イベント」について調査しました。その結果をランキング形式で発表します!

やっぱり強いノー残業デー。プレミアムフライデーは3位に

総合ランキング

総合ランキング1位には「ノー残業デー」が輝きました。40%以上の人からの得票があり人気の制度であることがうかがえます。ノー残業デーを設けることでメリハリをつけて仕事に臨む人も多いのではないでしょうか。

2位には「昼寝制度」がランクイン。まだまだ導入されている企業は少ないものの、生産性の向上につながるとの報告もあり、今後導入企業が増えていきそうです。

そして3位には話題の「プレミアムフライデー」。月末金曜日に仕事を早めに切り上げることが奨励されていますが、なかなか浸透には至っていない状況です。その一方で今回の調査で3位にランクインしたように働き手からの導入の希望は強いことがうかがえます。

管理職になりたいかどうかで違う嬉しい制度、管理職希望者は社内交流を重視

管理職への意向別ランキング

管理職になりたいか、という管理職への意向の有無で結果に大きく差が出ました。上位3つはどちらの属性でも変わらずでしたが、4位以下から大きく差が出ました。管理職を志望していないグループでは全体的に得票率が下がり、5位からは10%を切っていることからそもそも社内行事などに積極的でないことがうかがえます。

一方、管理職を志望しているグループでは全体的に得票率が高く、社内行事に積極的であることが明らかになりました。自席をもたない「フリーアドレス」制度や社員旅行、納会など社員間での交流を活性化させる制度やイベントに目立って票が集まりました。

やはり管理職を目指す上で、組織へのコミットに加え、社内の人間関係を良好コミュニケーションを円滑にすることや社員の特性を知ることが大切だと考えられていると言えるのではないでしょうか。

ユニークな制度を取り入れている企業も!

近年では企業独自に制度を設定してより効率よく働いてクリエイティビティを高めようとしている企業も増えてきました。一部ではありますが、その制度をご紹介いたします。(リンクから求人情報に飛びます)

ヤフー株式会社・・・どこでもオフィスという、場所を選ばずにどこでも仕事ができる制度をとり入れています。また事前に申請をすれば複業も可能となっています。

株式会社カヤック・・・給料日前にサイコロを振ることで出目の%分だけ給与にプラスされるサイコロ給や社内でライバルを指名して、半年後の社員投票で勝敗を決めるライバル使命制度など独特な制度を取り入れています。

株式会社ジオコード・・・サッカー休暇制度というW杯、オリンピックの際、日本の試合状況にあわせて臨時休暇となる制度を実施しています。安心して試合の応援ができますね。

これからますます働き方が変わっていき、それに合わせて制度もより働きやすいものに変わっていくのではないでしょうか。転職を考えた際にはぜひその会社特有の制度も確かめてみてください。

「CAREER INDEX」は
国内最大級の求人数を誇る求人サイトです。

無料会員登録する

関連記事を読む

読まれた記事ランキング – キャリアインデックス転職マガジン(2017年7月~9月)

キャリアインデックス転職マガジンでは、インタビューや調査結果の他、転職活動の基本や対策、ビジネスマナーなどを紹…

転職時のSNSチェック、管理職ほど転職先の情報収集にSNSを積極的に活用

CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.21では、転職時に応募企業のSNSチェックしているかを分析し…

運動会は不人気。会社にあったら嫌な制度・イベントランキング

先日の記事でお伝えした「会社にあったら嬉しい制度・イベントランキング」。ノー残業デーやプレミアムフライデーなど…

ノー残業デーがトップ。会社にあったら嬉しい制度・イベントランキング

働き方改革が進む中、働く人がより心地よく働けるような制度を提供する企業が増えてきています。今年度からプレミアム…

男性が働きたいのは東京都外が1位。関東エリアの人に聞いた働きたいエリアランキング

仕事を選ぶ時に欠かせない基準の一つとなるのが働く場所。転職する際、「こんなところで働いてみたい」というエリアを…

「偏見に基づいた話題」はタブー!職場で不快な会話ランキング

オフィスで意外と気を使うのが日常会話。特に最近は「セクハラ」「パワハラ」「マタハラ」など不快な思いを表す言葉も…

新着記事

冬の目覚めの悪さを科学してみる

朝起きるのが段々とをつらくなるこの時期、日の出が遅くなっていくのを日々感じますが、日の出が遅くなるペースは、徐…

恥を捨ててでも行動を起こすと世の中を変えられる。転職は決断する勇気|株式会社マネーフォワード 山本華佳さんインタビュー

自動家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」やビジネス向けクラウドサービス「MFクラウドシリーズ」を展開す…

読まれた記事ランキング – キャリアインデックス転職マガジン(2017年7月~9月)

キャリアインデックス転職マガジンでは、インタビューや調査結果の他、転職活動の基本や対策、ビジネスマナーなどを紹…

社長のSNSは見られている。10人に2人は転職時に応募企業の社長のFacebookアカウントをチェック|転職・仕事実態調査vol.22:キャリアインデックス

情報サイト開発・運営の株式会社キャリアインデックスは、「CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.22…

転職時のSNSチェック、管理職ほど転職先の情報収集にSNSを積極的に活用

CAREER INDEX転職・仕事実態調査vol.21では、転職時に応募企業のSNSチェックしているかを分析し…

ビジネスとして農業の魅力や可能性を伝えたい | NKアグリ株式会社 代表取締役社長 三原 洋一氏(後編)

インタビュー<前編>では、三原さんが未経験から農業ベンチャーのNKアグリを立ち上げるまでの経緯をお聞きしました…