1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関東 >
  3. 東京都 >
  4. 港区 >
  5. 技術(IT・ソフトウェア) >
  6. プログラマ系 >
  7. Web・オープン系プログラマ >
  8. OpenStreet 株式会社の転職・求人詳細

掲載終了

OpenStreet 株式会社の求人・転職・採用情報は掲載が終了しています。
現在募集中の求人情報は、下記のリンクよりご覧ください。

キャリアインデックスは転職のすべてがわかるサイト!

  • ポイント①取り扱い求人数は日本最大級。あなたにピッタリな求人が見つかる!
  • ポイント②履歴書・職務経歴書のサンプル充実。サクサク簡単作成!
  • ポイント③あなたに合った職業を診断、結果に応じた求人を検索!

まとめてサービスを利用するなら、まずは会員登録!

まずは会員登録(無料)

Web・オープン系プログラマの他の求人はこんなものがあります

お探しの求人は募集が終了しました。

掲載期間:

  • 正社員
  • 学歴不問
  • 服装自由

OpenStreet 株式会社

【ソフトバンクG】全国No.1シェアサイクルを牽引するエンジニアマネージャー募集!

社名のOpenStreetの頭文字を取るとOS。
道を切り開くという意味に加えて、都市のオペレーションシステム(OS)になる、という意思が込められています。
オペレーションシステムは常にアップデートもできるものであり、私達の変化し続ける性質を示します。

鉄道やバスで移動した後の目的地までのラストワンマイルをより便利で効果的に変えることで、人々はより効率的な時間やエネルギーの使い方が出来、そして人の流れが変わることで街が活気づく。
私達はマイクロモビリティのシェアリングサービスを通じてこれらを実現していきます。

募集要項

仕事詳細
シェアモビリティサービス(シェアサイクル「HELLO CYCLING」、シェアスクーター「HELLO SCOOTER」、スマートパーキング「BLUU(ブルー)」)のシステムの全体設計、開発方針決め、安定稼働のための施策、チームマネージメントをお任せします。

当社のエンジニアは単にシステムを作るだけでなく、企画担当やデザイナー、IoTエンジニア、CS担当やデータサイエンティスト、営業担当等と共に議論しながら、メンバー全員でプロダクトを開発するというスタンスです。

また、私達のプロダクトは、アプリやWEBだけでなく、モビリティ本体やIoT端末など、ITからリアルまで多岐に渡ります。
自分のアイデアを形にできるやりがいや面白さを、私達一緒に体感しませんか?
職種
Web・オープン系プログラマ
雇用形態
正社員
勤務地(住所)
東京都港区海岸一丁目7番1号
東京ポートシティ竹芝オフィスタワー35階
交通
▼交通のご案内
浜松町駅(JR山手線・京浜東北線・東京モノレール)徒歩4分
竹芝駅(ゆりかもめ)西口 徒歩2分
大門駅(都営地下鉄浅草線・大江戸線)B1・B2出口 徒歩5分
給与・年収
717万円〜900万円

【労働時間条件】
・基本給:38万~49万
・経験、能力を考慮して決定
・使用期間3か月有(条件変動なし)
・管理監督者
待遇・福利厚生
【働き方】
 ■スーパーフレックス(コアタイムなし) 
 ■週1出勤・その他リモートワーク(状況に応じフルリモートの場合有)
【手当】
 ■通勤交通費
【保険】
 ■各種社会保険完備
【その他】
 ■WELLBOX (健康保険組合に付随するクーポン等の割引サービス)
 ■HELLO CYCLING/HELLO SCHOOTER 乗り放題
 ■社内文庫(業務に必要な書籍を会社負担で購入、読後社内にて共有)
 ■慶弔見舞金(結婚祝い金、出産祝い金等)
 ■ストックオプション制度あり
休日・休暇
■完全週休二日制(土日)
■祝日
■年末年始休暇
■年次有給休暇(入社初日より付与)
■特別有休休暇
■慶弔休暇
■産前産後休暇
■育児休暇
■リフレッシュ休暇(勤続5年以上)
配属部署
テクノロジー統括
※開発環境
言語:PHP,JavaScript
DB:MySQL
OS:Linux

企業情報

会社名
OpenStreet 株式会社
(企業カナ名称:オープンストリート カブシキガイシャ)
本社所在地
東京都港区海岸一丁目7番1号 東京ポートシティ竹芝オフィスタワー35階
設立日
2016年11月
代表者
代表取締役社長 CEO 工藤 智彰
従業員数
60人
平均年齢
35.6歳
URL
https://www.hellocycling.jp/
事業内容
モビリティシェアのシステム提供

その他・PR

求人の背景
私たちの主力事業でもあるシェアサイクルサービス「HELLO CYCLING」は、ユーザー数・ステーション数ともに加速度的に急拡大を続けております。
そんな各部門が拡張フェーズの中、開発チームの強化のための増員募集となります。
この仕事で得られるもの
【ソリューションをリアル世界で体験できる、IoTならではの面白さ】
私たちのサービス・ソリューションは、WEBやアプリ上で完結するものではなく、モビリティの車体やステーションなどのリアルなモノと連携しています。開発したプロダクトを実社会で体感できるという「IoT連携」ならではの面白さを体感できるのが、この仕事の醍醐味です。

【スタートアップのスピード感とソフトバンクグループの資本力】
IPO準備や海外進出を狙うベンチャー気質ならではのスピード感を楽しみながら仕事に取り組めます。
主要株主として、ソフトバンク株式会社、Zコーポレーション株式会社等も名を連ねており、その資本力も事業拡大における大きな強みとなっています。

【プロダクトに自分の意思を反映できる社風】
私達のサービスは、アプリやWEBだけでなく、モビリティ本体やIoT端末など、ITからリアルまで幅広い分野に渡ります。
開発にあたって、エンジニアはシステムを創るだけでなく、プロダクト企画そのものを考えるところから始めます。
エンジニア、企画担当、デザイナー、CS担当、データサイエンティスト、営業担当など、サービスに関わる担当者全員で一緒に考えて議論し、より良いサービスを作り上げる社風があります。
メンバーの多様性
エンジニアやIoTエンジニア、デザイナー、データサイエンティスト、公認会計士など、各分野のスペシャリストが在籍し、意見を出し合いながらサービスを生み出しているOpenStreet。
前職の業界も様々、多国籍で枠にはまらないその雰囲気は、まさにダイバーシティそのものです。
チーム最優先
OpenStreetの仕事の進め方。それは個人プレイではなくチーム優先ですべてのビジネスを推し進めるというスタイルです。さまざまな分野のプロが意見を出し合い、より良いものをチームで作り上るというこのやり方。情報を共有し、コミュニケーションを図りながら新たな価値あるサービスを生み出しています。
とにかく早く動く
新たなサービスを生み出す私たちは、とにかく早く動く速度重視の行動がワークスタイル。
70%の完成度で走りながら完成させていくのも、サービスインした以上継続的なデリバリーを実現するカスタマーファーストを貫いているからです。
プロダクト愛
自ら生み出してきたサービスを信じ、こだわって生み出してきた数々のプラットホームが、人々の生活をより便利で豊かなものにし、未来の街づくりにつながっていると考えている私たち。街中で出会う「HELLO CYCLING」「HELLO SCOOTER」ユーザーを見ると、思わず嬉しくなってしまうのもそのせいかもしれません。
データドリブン
OpenStreetでは、経営やマーケティングなど企業運営のために必要な意思決定を、蓄積されたデータをもとに行う「データドリブン」という手法を取り入れています。例えばGPSを利用した自転車の移動履歴を、経営判断や街づくりに利用しているのも、この考えがあるからです。
ソフトバンク社で採択された新規ビジネスの事業会社であるベンチャー企業
「都市のオペレーションシステム」となることをビジョンに、そして「移動を変え、都市を変える」というミッションを掲げ、都市空間の移動手段・交通環境を再定義する事業を展開しているOpenStreet株式会社。ソフトバンク株式会社のグループ企業として設立された同社は現在、シェアサイクルプラットフォーム『HELLO CYCLING』、シェアスクータープラットフォーム『HELLO SCOOTER』に加え、駐車場の事前予約システムである『BLUU』という三つのサービスを展開している。

「元々『HELLO CYCLING』は、ソフトバンク社の社内ベンチャー制度で採択されたもので、そのサービスを担う事業会社として2016年に法人化されたのが当社です。移動サービスというビジネス領域、そして街づくりという要素も視野に入れた事業を展開してくことを、私達は考えています」

そう語るのは、同社のCFOである岸田高明氏。自社の事業戦略の位置付けを「シェアモビリティのオープンプラットフォーム」と表現する岸田氏によれば、その特徴的なビジネスモデルこそがサービスの拡大を実現した要因となっているということだ。設立から約5年という短期間で、業界トップクラスの自転車保有台数を誇るまでになった同社の取り組みについて、次のように説明してくれた。

「自転車に設置するスマートロック、IoTデバイス、アプリケーションやシステムというものを管理・運営するということが当社の役割となっており、その仕組み自体をパートナー事業者にお貸しする形でユーザーにサービスを提供しています。一部、直営のステーションもありますが、基本的には“BtoBtoC”という事業モデルとなっており、その特徴によって日本全国にステーションを拡大することができたと考えています。この事業モデルがあったからこそ、各企業や自治体との連携を進めながら“必要とされる場所”に自転車を配置し、社員数約60名という規模ながら大手競合他社を上回る実績を築くことができた。その点に、当社の強みがあると思っています」

同社の株主としては、公共交通機関企業、ガソリンスタンドを展開するエネルギー企業、金融投資機関、商社等が名を連ね、またパートナーとなっている事業者の数は約30社に上っている。少人数の社内体制ながらスピード感ある成長を遂げてきた同社。その成長の要因は、「パークアンドライドの連携」というキーワードに共感する企業、そして都市の進化を目指す自治体等との協業によって、サービスを“必要とする”ユーザーに「便利さ」と「新しさ」を的確に届けてきた結果にあると言えるだろう。
事業の進化を目指す企業が求めるのは“攻め”と“守り”のエンジニア
自転車のシェアサービスに関するプラットフォームである『HELLO CYCLING』は、現在全国に約4,200カ所のステーションを構え、日本国内最大級のシェアサイクリングサービスへと拡大。同サービスを基盤としながら、同社では2019年に『HELLO SCOOTER』、2020年に『BLUU』をソフトバンク社から事業譲受する等、「ラストワンマイルのマイクロモビリティの市場」を舞台としたビジネスの多様化にも注力している。当面の目標としては、自転車のシェア化をさらに促進すること、具体的にはサービスの密度を高め、ニーズに応えていくことだとのこと。

「現在、HELLO CYCLINGで展開する自転車台数は約1万5,000台となっていますが、そのほとんどが都市部にあり、ステーションもその大半が東京を中心とした1都3県を中心に配置されています。その状況から、より広いエリアに、そしてより密度を高めるような展開をしていきたいというのが当社の考えです。加えて、朝と晩の通勤時にご利用いただく個人の顧客に加え、日中の利用ニーズが見込める“toB”の顧客層の開拓も進めていきたいと思っています」

自転車に加え、スクーターや駐車場に関するサービスへの多様化に関しては、自社のミッションにもある「都市のオペレーションシステムとなる」というコンセプトで推進されている。移動に関するサービスを手掛けながら、今後の展開イメージとしては駅前や交通結節点等で新規の取り組みも進めていく考えがあると、岸田氏は説明してくれた。

「シェアサイクリング、シェアスクーター等を基本としながら、今後は移動する人々が集まる場所で必要とされるサービスを運営していきたいと、当社では考えています。例えばシェア小型EV等、新たな移動ツールの運営、そして再生可能エネルギーの活用をするための太陽光発電設備や5Gの公共通信設備等のステーションへの設置といった具体的なアイデアも持っています。そのアイデアを実現していくことが、私達が今後目指す姿ということになります」

それらの事業構想を形にする上で必要となるのが、社内での開発・運用業務を担うエンジニアである。

「“攻め”という意味合いで言えば、これまでの実績として蓄積されている“人の移動”に関する膨大なデータを活用し、新たなビジネスの開拓を当社では進めていきます。また、サービスの利用者増加に伴うシステムの安定運用という“守り”も、当社が取り組むべき大切なテーマ。その両面を支える人材として、当社の戦力となってくれるエンジニアを積極的に採用していきたいと思っています」
安定感とベンチャーマインドの両面を感じられる特徴的な業務環境
ソフトバンク社内の新規事業から誕生した同社には、大企業としての特徴とベンチャー企業ならではの特徴の両方が共存するという組織的な特徴もある。

「例えば、人事や福利厚生に関する制度は大手企業のものがベースになっていますので、安定した働きやすさが感じられるはず。一方で、社歴を問わず大きな権限が与えられる、責任をもとに自由な取り組み方ができる勤務スタイル等、ベンチャーマインドを発揮できる風土も同時に感じられます。その両立の中で働けるのが当社の環境にある特徴ですし、エンジニアの方にとっての魅力にもなるのではないかと思っています」

さらに、大手企業が株主となっている経営的な安定感も、開発業務を担うエンジニアにとっては、大きなメリットとなるはず。また、その安定感を背景にした新規事業の開拓に関しても、社員のアイデアを積極的に取り入れながらビジネス化を目指すというベンチャー精神が発揮される部分。その環境に迎え入れる新たな人材に対して、最後に岸田氏は次のようなメッセージを送ってくれた。

「エンジニアとして自走できる方にとっては、やりたいことが際限なくやれるという当社の環境に魅力を感じていただけるはず。もちろん、取り組みの方向性や業務推進に関するフォローはさせていただきますが、モノづくりに取り組みたい方にとっては大きなやりがいを得られる職場だと思います。当社の事業は、アプリケーションやシステムだけで完結するものではなく、実際のモノ、現実のモノとして動くところを見ることができる、IoTやハードウェアエンジニアと議論しながら開発を進められるという楽しさもあると思います。この環境でエンジニアとして成長したいと考える方と、是非一緒に働きたいと思っています」

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
一次面接(オンライン)

二次面接(オンラインor対面)

最終面接(対面)
※ポジションにより回数に変動あり。
採用人数
1
応募資格
■必須スキル・経験■
・目標へのプロセスを管理する力
・円滑なコミュニケーションを実現する力
・現状を正しく把握する能力(情報のキャッチアップ)
・目標に対するコミットメント力
・開発業務全般に対する理解力

■あれば好ましいスキル・経験■
・クラウドサービスの開発および運用の両方の経験(AWS、PHP)
・大規模データ処理に向けたシステム運用の実務経験
・高いプレゼンテーション能力
・複数人のマネジメント経験
・夢をもって周りの人を巻き込む力

■求める人物像■
・最新技術の動向をキャッチアップする姿勢の方
・スタートアップフェーズの企業で働きたい方
・部門を超えて、さまざまな人とのコミュニケーションやコラボレーションを楽しめる方
・能動的で、自ら考えて提案することができる方
・相手の意見や指摘を受け入れられる柔軟性がある方
・ポジティブに物事を考えられる方
・根拠に基づき論理的に考えられる方
・チームで目標を達成したい気持ちがある方
・手がけてた仕事をやりぬく意欲が高い方
・スピード感ある事業環境を楽しめる方

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:433万円です。男女比は男性・64%:女性・36%で、平均年齢は48歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が41%・就業中の人が59%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。