1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関東 >
  3. 東京都 >
  4. 技術(電気・機械) >
  5. 研究・設計・開発系 >
  6. 機械・機構・実装設計・開発 >
  7. 株式会社大林組の転職・求人詳細

この求人情報は、人材紹介会社である「パーソルキャリア株式会社」が取り扱っています。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 第二新卒・既卒者可
  • 年間休日120日以上
  • 完全週休2日制
  • 退職金制度あり
  • 上場企業
  • 社宅・寮・住宅補助あり
  • 40代以上活躍中

株式会社大林組

建設工事用機械の設計開発 ※東京スカイツリーなど時代や文化のシンボルを手掛けるスーパーゼネコン【エージェントサービス求人】

情報提供元:doda(デューダ)

掲載終了予定日:2022年3月2日

募集要項

仕事詳細
【「MAKE BEYOND つくるを拓く」スカイツリーなどの日本を代表する建築物を手がける売上高1兆円超のスーパーゼネコン】

機電部門(ロボティクス生産本部)において、建設工事用機械器具の設計、制作管理などをご担当いただきます。
■機電部門(ロボティクス生産本部)について:
機電職は各工事に最適な工事機械や電気設備を判断・導入し、現場をリードする技術系職種です。限られた時間と予算の中で、最も効率的に、安全かつスピード感のある工事を行うため、工事機械・電気設備の選定や調達を通じて工事の施工計画を行い、自身で機械の設計開発を行う仕事です。組織人数は約360名ですが、420名までの増員を目指しています。
■このポジションの魅力:
機電職の仕事は、工事の計画段階から携わることもあるため、機械・電気の専門技術を幅広く身に付けることが可能です。どのような計画を立てるかによって生産性も左右され、工事機械が止まると現場の作業も止まってしまうため、非常に責任のある仕事です。
■採用背景:
受注している工事案件の大型化、省人化に伴い、施工の機械化がすすんでおります。今後も機械化施工のニーズが増えていくことを見越し、機電部門での積極採用を行っております。他社機電部門と異なり、「土木」「建築」の中の機電職ではなく、「機電部門」として独立しているため幅広い技術の活用・提案が可能です。
■施工実績:
東京スカイツリー、六本木ヒルズ森タワー、表参道ヒルズ、東京国際フォーラム、赤坂サカス、東京駅、丸の内ビルディング(丸ビル)、大阪有名テーマパーク、大阪城など数多くの日本を代表する物件を手掛けてまいりました。
職種
機械・機構・実装設計・開発、メカトロ・制御設計・開発、技術開発(建築・土木)
雇用形態
正社員、契約社員
勤務地(都道府県)
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、富山県、石川県、福井県、山梨県、長野県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県
勤務地(住所)
<勤務地詳細>
本社(東京 品川)/全国各支店
住所:港区港南2-15-2 品川インターシティB棟
受動喫煙対策:屋内全面禁煙
勤務時間
<勤務時間>
8:30〜17:15 (所定労働時間:7時間45分)
休憩時間:60分
時間外労働有無:有
<その他就業時間補足>
■残業:部門により時間が異ります。
最寄り駅
<勤務地補足>
初任地配属の可能性が高いのは現時点では関東エリアとなります。(東京を中心に案件が増加している為)

<転勤>

工事機械の運用管理を担当する場合、当社の工事事務所に異動する場合がございます。

<在宅勤務・リモートワーク>
相談可

<オンライン面接>
給与・年収
<予定年収>
380万円〜900万円

<賃金形態>
月給制

<賃金内訳>
月額(基本給):240,000円〜

<月給>
240,000円〜

<昇給有無>


<残業手当>


<給与補足>
※上記月給は全国型初年度の金額となり、経験、年齢を考慮し、当社規定により個別に決定します。
※拠点型は全国型職員に拠点地域毎の地域係数(80〜90%)が乗じて設定されます。
※上記の他、割増手当、住宅手当、通勤費等を規定に基づき支給します。
■給与改定:年1回
■賞与:年2回(7月・12月)

記載金額は選考を通じて上下する可能性があります。
月給(月額)は固定手当を含みます。
待遇・福利厚生
通勤手当、寮社宅、健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険、厚生年金基金、退職金制度

<各手当・制度補足>
通勤手当:会社規定に基づき支給
寮社宅:各事業所周辺に社宅、寮(個室)あり
社会保険:各種保険完備
厚生年金基金:補足事項無し
退職金制度:退職年金制度あり

<定年>
60歳

<教育制度・資格補助補足>
階層、事業・業務領域、職種ごとの各種研修あり

<その他補足>
・各事業所周辺に社宅、寮(個室)
・社内預金
・従業員持株会
・育児休職、育児短時間勤務制度、介護休職、共済会
・全国各地のリゾート施設・保養所、契約スポーツクラブなど
休日・休暇
完全週休2日制(休日は会社カレンダーによる)
年間有給休暇12日〜20日(下限日数は、入社半年経過後の付与日数となります)
年間休日日数125日

完全週休2日制、祝日、夏期休日、年末・年始休日、年次有給休暇(年間12日〜20日)、積立保存休暇、結婚休暇、忌服休暇、産前・産後休暇、リフレッシュ休暇、現場休暇など
掲載終了予定日
2022年3月2日

求人の募集元企業

会社名
株式会社大林組
(企業カナ名称:オオバヤシグミ)
本社所在地
東京都港区港南2-15-2
資本金
57,752百万円
従業員数
15,267名
平均年齢
42.6歳
売上高
1,230,418百万円
経常利益
128,784百万円
URL
http://www.obayashi.co.jp/
事業内容
■事業内容:
国内外建設工事、地域開発・都市開発・その他建設に関する事業およびこれらに関するエンジニアリング・マネージメント・コンサルティング業務の受託、不動産事業ほか

■事業の特徴:
(1)建築事業…環境への負荷軽減、省エネルギー、事業継続性確保のための耐震、防災、快適性や利便性の向上といった、様々なニーズに対応したオフィス、マンション、商業施設、工場、病院や学校など、あらゆる建築物を提供しています。東京中央停車場(現 東京駅)、日本万国博覧会テーマ館、六本木ヒルズ、東京スカイツリー、虎ノ門ヒルズなど、時代や文化のシンボルとなる数多くのプロジェクトを手がけています。

その他・PR

雇用期間
<雇用形態補足>
期間の定め:無
入社後半年間は契約社員としての6か月の試用期間があります。

<試用期間>
6ヶ月
住宅手当等の各種手当・賞与・退職金は試用期間終了後より支給となります。

応募方法

応募資格
<最終学歴>大学院、大学、高等専門学校卒以上
<応募資格/応募条件>
■必須資格:1級の建築/土木/電気施工管理技士、または第1種〜3種の電気主任技術者資格の<いずれか>をお持ちの方
■業務経験:建設工事用機械の設計経験をお持ちの方
└クレーン、エレベーター、シールドトンネル、山岳トンネル、ダム等の工事に使用される大型建設機械のご経験をお持ちの方歓迎です。

この求人を取り扱う人材紹介会社の情報

パーソルキャリア株式会社

無料エージェントサービスに申し込みいただくと、dodaの専門スタッフが、あなたの希望に合った非公開求人をご紹介、転職活動を徹底サポートいたします。
◆特徴1 一般には公開されていない非公開求人のご紹介。
◆特徴2 あなたに合ったの様々な求人が豊富。doda限定の求人も。
◆特徴3 応募書類の書き方指導や、万全の面接対策はもちろん転職活動全般の相談・疑問にも対応。
◆特徴4 求人票だけではわからない、社風や先輩の情報も。

doda(デューダ)

必読

この求人情報は「dodaエージェントサービス」が取り扱っています。
この求人に応募すると、応募情報が移送され、dodaエージェントサービスに登録されます。
合否に関わるご連絡も、dodaエージェントサービスの担当者から行います。

※ 採用条件に合致した方については、入力した情報にて、そのまま企業への応募手続きが行われます。
※ 求人への応募ごとに登録情報を変更することはできかねるため、登録情報は各求人へ
最適化した内容ではなく、汎用的な内容とすることをお勧めします。
※ 経験や経歴などから、この求人情報へ応募できない場合があります。あらかじめご了承ください。

応募資格をご確認の上、ご応募ください。

情報提供元:doda

利用規約

掲載終了予定日:2022年3月2日

機械・機構・実装設計・開発の他の求人はこんなものがあります

お仕事探しアドバイス

この求人のような建設・住宅・土木業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、建設・住宅・土木業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:451万円です。男女比は男性・68%:女性・32%で、平均年齢は48歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が43%・就業中の人が57%です。また、この業界には、英語スキルが全く不可レベルで応募可能な職種の求人もあります。建設・住宅・土木業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ