1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 九州・沖縄 >
  3. 福岡県 >
  4. 福岡市博多区 >
  5. 企画・管理・事務 >
  6. 人事・総務・法務系 >
  7. 人事 >
  8. アドソル日進 株式会社の転職・求人詳細
  • 正社員

アドソル日進 株式会社

【九州支社・業務担当(マネージャー候補)】社会インフラ事業に強みがある東証一部上場の同社で、九州支社の幅広い業務をご担当いただきます

アドソル日進 株式会社の求人情報-00

1976年の設立以来、社会システムを中心とした企業・公共機関向けのシステム開発を手掛けながら、独立系のSIer企業として業界に確固たる地位を築き上げてきたアドソル日進株式会社。「社会インフラ」、「先進インダストリー」、「ソリューション」という三つの領域を事業の柱としながらビジネスを展開している同社の特徴は、その活動が高い社会貢献を果たしている、という点にある。今後は、ソリューション事業への取り組みを加速させていく同社において、自身の価値を高めながら社会に貢献できる仕事を担当することができる。独自の教育制度や資格取得支援体制も積極的に整備する同社であれば、高いモチベーションを維持しながら、さらなる成長を目指すことが可能になるだろう。未来の社会をつくる仕事、そして学びの継続によって自身を成長させられることこそ、同社の環境にある最大の魅力なのである。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

仕事詳細
【概要】
社会インフラ事業に強みがある東証一部上場の同社で、九州支社の幅広い業務をご担当いただきます。

【具体的な仕事内容】
■総務(⽀社のインフラ、オフィス管理、庶務的な対外対応)
■経理(⽀社の業績管理 販売、購買)
■⼈事(九州地区の採⽤活動 窓⼝)
■購買(九州地区の協⼒会社 窓⼝)
■東京本社、及び九州地区のシステム開発本部との調整等

まずはご経験に応じて業務をお任せしますが、ゆくゆくはマネジメントにチャレンジいただくことを期待します。
受験料、交通費の負担や、難易度に応じて合格時の報奨金等もあります。

【社内の雰囲気】
自ら手を上げて新たな業務への挑戦を受け入れ、お任せする風潮があるので、ご自身の希望次第で専門性を高めることが可能です。

残業平均月19時間、ノー残業デー(毎週水曜日実施)、有給取得の奨励、テレワークや時差出勤(お子様、介護の都合)の活用がされており働きやすい環境です。

1976年設立、東証一部上場で安定した基盤を持ちながら、AI、IoT、セキュリティなど最新技術の事業展開をして右肩上がりの成長を続け、10期連続増益、46期第三四半期も過去最高益でした。社会インフラ事業では国・地方自治体や大手顧客から古くからの付き合いがあることや確かな技術力から信頼頂き、継続してお取引を続けることができています。また、先進インダストリー事業では自動運転や医療関係への取り組みだけでなく、米Lynx社との協業によるセキュリティ分野での強みを持っています。
職種
人事、総務
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
福岡県
勤務地(住所)
九州支社
福岡県福岡市博多区博多駅前3-30-23 博多管絃ビル
交通
JR博多駅より徒歩10分
給与・年収
430万円〜600万円

■月収:260,000円~
■賞与:年2回
■昇給:あり
■試用期間:3か月(条件の変更なし)
待遇・福利厚生
■社会保険
■通勤手当(会社規定に基づき支給)
■家族手当:配偶者手当、扶養手当等※福利厚生その他欄参照
■住居手当:※福利厚生その他欄参照
■寮社宅:補足事項なし
■厚生年金基金
■退職金制度:継続雇用制度あり(65歳まで)
■研修制度
休日・休暇
休日日数126日
完全週休2日制(かつ土日祝日)、夏季休暇、年末年始休暇、年次有給休暇、有給休暇、産前・産後休業(職場復帰支援制度あり)、特別休暇、慶弔休暇

企業情報

会社名
アドソル日進 株式会社
(企業カナ名称:アドソルニッシン カブシキガイシャ)
本社所在地
東京都港区港南4丁目1番8号 リバージュ品川
設立日
1976年03月
資本金
5億5172万円
代表者
代表取締役会長 兼 CEO 上田 富三
株式公開区分
東証一部
従業員数
1164人
平均年齢
39.5歳
主要取引先
[エネルギー]東京電力 (株)、関西電力(株)、九州電力(株)、東京ガス(株)、東邦ガス(株)、西部ガス(株)、他
[メーカー]トヨタ自動車(株)、三菱重工業(株)、川崎重工業(株)、ダイキン工業(株)、コニカミノルタ(株)、ルネサスエレクトロニクス(株)、他
[電機]三菱電機(株)、日本アイ・ビー・エム(株)、富士通(株)、日本電気(株)、(株)日立製作所、パナソニック(株)、他
[サービス](株)JTB、三井住友カード(株)、ヤフー(株)、GMOペイメントゲートウェイ(株)、日本放送協会(NHK)、(株)JALインフォテック、(株)NTTドコモ、(株)NTTデータ、(株)日本総合研究所、(株)野村総合研究所、他
URL
http://www.adniss.jp/
事業内容
独立系のICT企業として、社会システムを中核に企業や公共向け情報システムの開発、及びソリューションの提供並びに商品化と販売
  • アドソル日進 株式会社の求人情報-01

その他・PR

三つの事業を柱として社会のインフラシステム開発に取り組む企業
1976年の設立以来、社会システムを中心とした企業・公共機関向けのシステム開発を手掛けながら、独立系のSIer企業として業界に確固たる地位を築き上げてきたアドソル日進株式会社。「社会インフラ」、「先進インダストリー」、「ソリューション」という三つの領域を事業の柱としながらビジネスを展開している同社の特徴は、その活動が高い社会貢献を果たしている、という点にある。

「社会インフラ事業」では、電力やガスに関連するエネルギー分野、鉄道や道路に関わる交通分野、5G等次世代方式への対応が進む通信分野等、日本の社会を支えるインフラ産業の企業が必要とするITシステムを担当。また、「先進インダストリー事業」においては、自動車業界における次世代の電気自動車関連システム、自動運転関連システムの開発に関わり、また先進医療を支えるシステムによる医療業界での開発業務等も手掛けている。そして、その二つの事業領域を横断する形で展開されているのが「ソリューション事業」であり、社会で必要とされるインフラシステムの構築に先進技術を駆使した対応力でニーズに応えているということだ。それらの自社の事業展開にはどのような特徴があるのか、同社の総務人事部長であるT氏に説明してもらった。

「ソリューションという言葉からは、例えば企業の業務システムや経営管理システムに関するソフトウェアのパッケージ商品というものをイメージされるかもしれません。しかし、当社が手掛けるソリューションは、ハードウエアとソフトウエアを組み合わせながら社会を支えるシステムを提供するという内容の取り組みになっています。例えば、人体通信技術を駆使した認証システムの構築や、詳細な地図情報を活用した水害シミュレーションシステムの開発等、先進技術によるインフォメーションテクノロジーに加え、オペレーションテクノロジーの面も含めたソリューションを提供できることが、当社の強みになっていると言えるでしょう」(T氏)。

同社のように、独立系の開発企業として国内の社会インフラに関係するソリューションを手掛けている企業は決して多くない。その実績を武器とした事業展開によって、これからの時代を切り拓いていきたいというのが、同社の考えだということだ。

「当社は1976年に設立された企業であり、その長い歩みの中で危機的な状況を乗り越えてきたという歴史もあります。その意味では“地力”のある企業であるという自負もありますが、今後は単なるITの開発企業としてだけでは生き残れないという危機感も持っています。だからこそ、高い技術力を発揮して社会貢献性の高い開発を行ってきたという当社としての特色をさらに発展させ、先進的な取り組みを駆使したソリューション事業の展開を加速させていきたいと、私達は考えています」(T氏)。
求めるのは先駆的技術を駆使したソリューション開発を牽引するリーダー人材
T氏によれば、同社のソリューション事業では、他社では触れることができない先駆的な技術・取り組みに参画できる魅力があるという。その環境においては、技術者はもちろん、ビジネス領域の業務担当者として顧客との折衝を担当する人材にとっても、大きなやりがいを見いだすことができるといえるだろう。自身の力によって企業のビジネスをリードしていくという気概を持つ人材であれば、その技術力や先進性を武器にした発展を自らの手で推進していくことができるという面白味を、同社の業務を通して存分に味わえるはずだ。

「開発に関しては、当社は技術オリエンテッドで運営してきたという側面がありますので、自身の成長を考える技術者の方にとっては理想的な環境が整っていると思います。また、コンサルティングを担当する人材にとっても、特徴的なバリューを持つクライアント企業とのビッグビジネスにおいて、上流部分から関わることができるという魅力が、当社の環境にはあるはずです。自分を高めたい、自分に付加価値を付けたいという方には、是非当社の職場環境を知っていただきたいですね」(T氏)。

これから本格化するソリューション事業への注力にあたり、同社が必要としているのはプロジェクトをリードする力を持つ人材だ。その人材を迎えるにあたっては、職務経歴書等から読み取れる経験やスキルはもちろんのこと、その人物のキャラクターとして牽引力があるかどうか、という部分にもこだわりたいというのがT氏の考えだ。

「ソリューションに関するプロジェクトだけではなく、社会インフラシステムの開発に関しても、高い技術力でお応えできる当社には多くのご依頼が寄せられています。つまり、“仕事は沢山ある”という状態なのですが、まだ全てのご要望にお応えできているわけではありません。リーダーとしてプロジェクトを引っ張っていけるような方により多く参加していただきながら体制を強化し、全てのお客様に満足いただける成果を生み出したいというのが、当社の考えです」(T氏)。

システムのクオリティーに関する強いこだわりを持つ同社では、品質保証推進部によるプロジェクトのレビューやチェックを実施しながら、より高いレベルでの業務成果を生み出すための体制整備にも力を入れている。トラブルが発生しない開発体制に対する顧客からの高い信頼を実感しながら、社会貢献性の高いプロジェクトを数多く手掛けられる。そんな同社は、システム開発に関わる人材としての価値を高めたい人材にとっては、まさに理想的な環境といえるだろう。
教育や資格取得支援等、人材の価値を高める制度で成長を促す社風
「当社で大切にしているのは、まず“challenge”してみるという姿勢。既存の枠にとらわれることなく、恐れずに取り組むことで新しい可能性を見いだすことができるはずです。また、その取り組みにおいては“effort”を惜しみません。そしてよく考える“think”ということが大事だと思っています。物事を進める際には、考えに考えを重ねた上で結論を出すべきということ。仮にその結論が間違っていて失敗してしまったとしても、そこに至る考えのプロセスは財産として残りますし、そのプロセスを見ていた周囲の仲間からのサポートにも繋がりますので、短絡的に答えを出すのではなく、じっくりと考えることが重要なのです」(T氏)。

“challenge”“effort”“think”という三つの要素を大切にする考えを紹介してくれたT氏は、社員達にはその三つのうちのどれか一つだけでも実践してほしい、という思いを語っている。その実践ができる人物を評価するのが同社の社風であり、理念として持ち続けている文化だということだ。そしてその文化に加え、同社の特徴となっているのが教育に対する考え方だ。同社では、独自の教育体制を構築し、職種・組織・階層に合わせた豊富な研修プログラムで社員達のステップアップを促進しているのである。

「単なる技術研修だけではなく、ヒューマンスキルを向上させるような研修プログラムも用意しながら、社員達の成長を実現したいというのが当社の考えなのです。また、資格取得に対する支援も充実させていて、資料購入費や外部研修費、受験費用等を手厚くサポートしていくことで、社員1人辺りの平均資格取得数が五件以上と業界でもトップクラスとなっています」(T氏)。

資格に関しては、技術的な資格に加え、公認会計士やTOEIC等、日常業務に役立つような資格や、グローバルスタンダードであるPMP(プロジェクトマネジメント・プロフェッショナル)等にも積極的に取り組んでいるという。この取り組みに関しては、単に取得を目的とするのではなく、自身のバリュー向上に繋げてほしいというのが同社の考えだ。

「社員には、自身の人材としての価値を高めていってほしいと思っています。資格取得や勉強にも積極的に取り組みながら、社会に貢献できる仕事で価値ある人材へと成長できる。そんな高いモチベーションを維持できる当社の魅力的な環境で、一緒に未来をつくる仕事を手掛けてほしいと思います」(T氏)。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
1.書類選考
2.一次面接
3.二次面接
4.内定
採用人数
1
応募資格
【必須要件】
上場会社でのマネジメント経験3年以上(チームリーダー経験)
四年制大学卒業

【歓迎要件】
■上場会社での役職経験(管理監督者)
■IT業界での就業経験
■総務経験1年以上
■経理経験1年以上

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

人事の他の求人はこんなものがあります

人事について知ろう

人事に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。人事の仕事において最も重要視される能力は、コミュニケーション能力、秘密保持や労務に関する知識などと、ものごとを俯瞰してみられる視野の広さが挙げられます。会社にとって人材とは、ある意味最も重要な財産であり、そういった人たちが気持ちよく働ける環境を整え、その会社の環境や業務内容に適応できる人材を採用することも人事としての責任です。「人」という非常にデリケートな部分に携わる業務なので、コミュニケーション能力は人事をする上で最も重要な素質です。
人事どんな人に向いている?
人事はある意味では、会社で最も多くの人と接するポジションであるとも言えます。よって、日々多くの人と会うことが苦ではない人が向いていると言えます。また、会社と人材開発方針と社員ひとりひとりのキャリアビジョンを時には天秤にかけならければならない場面も必ず存在するので、一方的なコミュニケーションではなく、社員が今どういう不満をもっているか、はたまた不満はなくてもどんな働き方の改善を望んでいるか、先を見据えて物事を判断する必要が生じてきます。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなソフトウェア・情報処理業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、ソフトウェア・情報処理業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:492万円です。男女比は男性・84%:女性・16%で、平均年齢は48歳です。これまでに平均2回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が37%・就業中の人が63%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。ソフトウェア・情報処理業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ