1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関西 >
  3. 兵庫県 >
  4. 医療・福祉・介護 >
  5. 医薬系 >
  6. 薬剤師 >
  7. (株)アイ・エム・シーの転職・求人詳細
  • 正社員

(株)アイ・エム・シー

薬剤師(IMCあがほ薬局)

情報提供元:高知公共職業安定所

掲載終了予定日:2021年1月31日

募集要項

仕事詳細
*医療ビルの調剤薬局での薬剤師業務として
・処方箋による調剤業務
・薬歴等のパソコン入力業務
・投薬、在宅業務 等を行っていただきます
*シフト制のため半日単位で有給休暇が取得可能で希望の休暇が
とりやすい職場です
*また育児休業の確実な取得や子育て支援を積極的に行っておりま

※トップダウンの運営ではなく、自分達で運営を考えて実施してい
ただきます
職種
薬剤師
雇用形態
正社員
勤務地(住所)
兵庫県姫路市飾磨区英賀清水町1-32 IMCあがほ薬局
屋内の受動喫煙対策
あり(禁煙)
勤務時間
変形労働時間制
変形労働時間制の単位
1ヶ月単位
又は
9時00分〜20時00分の時間の間の8時間
就業時間に関する特記事項
月平均労働時間170時間
給与・年収
375,000円〜500,000円
※フルタイム求人の場合は月額(換算額)、パート求人の場合は時間額を表示しています。
休日・休暇
年間休日数
110日
休日
日曜日,祝日,その他
週休二日制
その他
その他
*シフトによる月8~11日の休み他、正月休み3日
*年間休日数については、求人条件特記事項欄参照
6ヶ月経過後の年次有給休暇日数
10日
資格
免許・資格名
薬剤師
必須
スキル・経験
必要な経験・知識・技能等
必須
調剤薬局での勤務経験
企業の特徴
医療機関の開業支援に特化した医業経営コンサルタント会社として
スタートし、現在は四国内で、メディカルパーク企画事業・薬局事
業を展開しています。高知4、香川3、大阪3、兵庫1店舗。
掲載終了予定日
2021年1月31日

企業情報

会社名
(株)アイ・エム・シー
(企業カナ名称:カブシキガイシャ アイ・エム・シー)
本社所在地
高知県高知市竹島町13番1 うしおえメディカルビル イーア 4F
設立日
平成23年
資本金
1,000万円
代表者
役職
代表取締役社長
代表者名
宮本 桂次
従業員数
企業全体
111人
就業場所
8人
うち女性
6人
うちパート
1人
URL
http://imc-ph.com/
事業内容
薬局事業
有料職業紹介所(許可番号:39-ユ300018)
各種保険
雇用保険,労災保険,健康保険,厚生年金,財形

その他・PR

雇用期間
雇用期間の定めなし
求人に関する特記事項
※成長できる職場を求めている方
*賞与については、基本的に年棒制で毎月分割して支給。
希望があれば、月給制(賞与あり)で相談に応じます。
*昇給は実績による。
*業績により決算賞与支給。
*マイカー通勤について:無料駐車場あり
*家庭行事や学校行事などを考慮しシフトを作成します
*変形労働時間制に基づき作成するシフトにより、年間休日数は
110~122日となります。
*在職中の方は入社日の相談可能、お気軽にご相談下さい
*応募希望者は、履歴書、紹介状を高知本社宛に郵送して下さい。
書類到着後、概ね7日程度で書類選考結果、書類選考合格者には
面接日時を連絡します。
*面接はIMCあがほ薬局で行います。
※当社の財務及び経営情報は、すべてスタッフにオープンにしてい
ます。
年齢
年齢制限
制限あり
年齢制限範囲
〜59歳
年齢制限該当事由
定年を上限
年齢制限の理由
定年年齢を下回る条件での雇用のため
備考
月平均労働日数
21.2日

賞与
賞与制度の有無
なし

利用可能託児施設
なし

転勤の可能性
転勤の可能性の有無
なし

再雇用制度
あり
上限年齢
上限 65歳まで
育児休業取得実績
あり
通勤手当
実費支給(上限あり)
月額
31,600円

応募方法

選考プロセス
面接(予定2回),書類選考,その他
採用人数
1人
応募資格
必須
大学以上
専攻について
薬学部

必読

この求人は、当サイト独自の応募サービス「キャリアポスト」を利用して応募します。 キャリアポストとは、当サイトで作成した応募書類を、企業へ郵送するサービスです。※ 郵送費用は当サイトが負担いたします。原則として翌営業日に投函します。
キャリアポストの注意事項

注意事項をご確認の上、ご同意ください。

掲載終了予定日:2021年1月31日

薬剤師の他の求人はこんなものがあります

薬剤師について知ろう

薬剤師に必要なスキル・資格は?
国家資格が必須です。この薬剤師の資格は国家資格のため基本的には6年間薬学部に通い知識を高めなければとることが出来ない資格となっています。薬剤師にも漢方を扱う薬剤師や医薬品のみを扱う薬剤師があるので、漢方の場合はその知識を得る必要がありますし、常に新しい薬が登場する為それを扱うための資格の更新なども必須となります。薬の副作用や飲み合わせに関する知識だけでなく、人それぞれに合わせた処方に対応できる適応力や柔軟性も必要となるでしょう。
薬剤師どんな人に向いている?
薬剤師の場合、薬の調合を行うことになるわけですが、この薬の調合は非常に細かいグラムでの調合が求められることになります。また、適当な調合では薬剤師としての仕事を正しく遂行できないことになりますし、適当な調合により患者の体調を悪化させてしまう恐れもあります。その為、几帳面で正確性を有した人が最も向いています。また、調合の相性や効果効能に関しての知識は常に勉強しなくてはいけません。そのため、生物化学に興味があったり、一つの事を突き詰めることが好きな研究肌の人も向いています。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ