1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 甲信越・北陸 >
  3. 福井県 >
  4. 医療・福祉・介護 >
  5. 介護・リハビリ・福祉 >
  6. 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士 >
  7. 特定非営利活動法人 きっずリハビリテーションサポートの転職・求人詳細

掲載終了

特定非営利活動法人 きっずリハビリテーションサポートの求人・転職・採用情報は掲載が終了しています。
現在募集中の求人情報は、下記のリンクよりご覧ください。

キャリアインデックスは転職のすべてがわかるサイト!

  • ポイント①取り扱い求人数は日本最大級。あなたにピッタリな求人が見つかる!
  • ポイント②履歴書・職務経歴書のサンプル充実。サクサク簡単作成!
  • ポイント③あなたに合った職業を診断、結果に応じた求人を検索!

まとめてサービスを利用するなら、まずは会員登録!

まずは会員登録(無料)

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の他の求人はこんなものがあります

お探しの求人は募集が終了しました。

掲載期間:2020年09月08日〜2020年11月30日まで

  • 正社員
  • 未経験者歓迎

特定非営利活動法人 きっずリハビリテーションサポート

作業療法士

募集要項

仕事詳細
生活介護事業における日常生活場面でのリハビリテーション
および介護
◎応募の際には、ハローワークで紹介状を受けてください。
職種
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
雇用形態
正社員
勤務地(住所)
福井県福井市町屋3丁目6-8
屋内の受動喫煙対策
あり(禁煙)
勤務時間
就業時間1
9時00分〜18時00分
最寄り駅
越前鉄道 西別院駅
最寄り駅から就業場所までの交通手段
徒歩
所要時間
3分
給与・年収
180,000円〜240,000円
※フルタイム求人の場合は月額(換算額)、パート求人の場合は時間額を表示しています。
休日・休暇
年間休日数
120日
休日
土曜日,日曜日,祝日,その他
週休二日制
毎週
その他
年末年始
夏期休暇(盆)
6ヶ月経過後の年次有給休暇日数
10日
資格
免許・資格名
作業療法士
必須
普通自動車運転免許
必須(AT限定可)
スキル・経験
必要な経験・知識・技能等
不問
企業の特徴
「一日一笑」を実践する、楽しく活動できる事業所です。

企業情報

会社名
特定非営利活動法人 きっずリハビリテーションサポート
(企業カナ名称:トクテイヒエイリカツドウホウジン キッズリハビリテーシ ョンサポート)
本社所在地
福井県福井市町屋3丁目6-8
設立日
平成26年
代表者
役職
理事長
代表者名
梨木 勲
従業員数
企業全体
10人
就業場所
10人
うち女性
9人
うちパート
2人
URL
http://www.kidsreha-support.com/
事業内容
障害のある児童、支援の必要な児童に対する放課後、長期休暇時の
デイサービス(光陽)と、障害のある方の日中活動や介護を行うデ
イサービス(町屋)を行う事業所です。
各種保険
雇用保険,労災保険,健康保険,厚生年金

その他・PR

雇用期間
雇用期間の定めなし
求人に関する特記事項
*就職氷河期世代歓迎求人
*新型コロナウイルス感染症の影響による離職者歓迎求人
【事業主・求職者の皆様へ】労働条件通知書や雇用契約書などによ
り、採用後の労働条件を必ず確認しましょう。
年齢
年齢制限
制限あり
年齢制限範囲
〜59歳
年齢制限該当事由
定年を上限
年齢制限の理由
定年年齢を上限として
備考
月平均労働日数
20.4日

賞与
賞与制度の有無
あり
賞与(前年度実績)の有無
あり
賞与(前年度実績)の回数
年2回
賞与金額
計 2.30ヶ月分(前年度実績)

利用可能託児施設
なし

転勤の可能性
転勤の可能性の有無
なし

再雇用制度
あり
上限年齢
上限 65歳まで
育児休業取得実績
なし
通勤手当
実費支給(上限あり)
月額
7,000円

応募方法

選考プロセス
面接(予定1回)
採用人数
1人
応募資格
不問

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士について知ろう

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士に必要なスキル・資格は?
理学療法士になるためには、国家資格が必須です。国家試験を受けるためには、それぞれの分野の養成カリキュラムがある学校で3年以上学ばなくてはなりません。自分が目指す職種につくためにはどのような条件を満たさなければならないのか、事前に調べておきましょう。医師のアドバイスに基づいて正しいリハビリテーションを行うため、専門的な知識をしっかりと身につけることが非常に重要とされます。
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士どんな人に向いている?
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士はどの職種も体に不自由さを抱えた人を相手にする職業のため、その人の気持ちを理解しながら気配りや励ましができる人が望ましいです。特に言語聴覚士は、考えを言葉で伝えることが難しい患者さんのサポートを行うこともありますので、特に相手の反応や表情に敏感である必要があります。またこうした身体機能の回復には時間がかかることがほとんどなので、根気強く続けることが苦にならない方や、体力に自信があることも大事です。