1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関東 >
  3. 東京都 >
  4. クリエイティブ系 >
  5. ゲーム系 >
  6. ディレクター・プロデューサー >
  7. monoAI technology 株式会社の転職・求人詳細
  • 正社員
  • 学歴不問
  • 服装自由

monoAI technology 株式会社

XRイベントディレクター募集!バーチャル空間構築プラットフォーム”XR CLOUD”で新時代のイベント文化を創造するクリエイター募集!【フルリモート可】

monoAI technology 株式会社の求人情報-00

【monoAI technologyについて】
monoAI technology株式会社は、「ゲームのチカラで、人類の未来を創造する」エンターテインメント・テクノロジー・ベンチャーです。

ゲーム制作と、VR/ARコンテンツの技術研究・開発を行っております。特に高速通信技術を必要とするオンラインゲームやVRコンテンツ制作が強みです。

2017年には本社を神戸に移転。2020年1月には社名をモノビットからmonoAI technologyに変更し、XR分野でこれまでに無い画期的なサービスを提供できる様成長を続けています。


■会社概要
【所在地】
神戸本社:神戸市中央区京町78番地 三宮京町ビル 3階 A号
東京支社:東京都新宿区新宿 1-9-2 ナリコマHD新宿ビル 4F

【創業】
2005年7月(設立 2013年1月)

【資本金】
4億750万円

【従業員数】
110名(2021年3月現在)

■事業紹介
1)ゲーム開発事業
ネットワークゲーム(コンシューマ、スマートフォン)の開発と運営を行っています。

2)XR研究開発事業
VRやARコンテンツの技術研究・コンテンツ開発を行っています。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

仕事詳細
●サイバー×フィジカルでデジタルイノベーション起こすXRイベントディレクター●
時代はオフィスもVRへ!
今までにない、全く新しい仕事です。

弊社自社開発商品「XR CLOUD」を使用した
バーチャルワールドの企画・構築・進行管理をお任せします。

展示会、ライブ、大規模イベント等、昨今中止せざるを得ない様々なイベントを
バーチャル空間で実施出来る様、電脳の世界を創り出す指揮を執って頂きます。

有名IPのバーチャルワールドや、日本を代表する大手企業様からのバーチャルオフィスの相談等
現在大型案件が多数同時並行中!

今までのご経験を活かしつつ、最先端技術を詰め込んだVRコンテンツに関われることで、
今後のキャリアアップに大きく繋がるプロジェクトです。


【具体的な業務内容 】
バーチャルイベントの企画立案から実行までのディレクションをお任せします。

◆ XRコンテンツ制作(VR・AR・MR等)における以下の業務
・企画立案
・仕様作成
・クライアントとの折衝
・制作チームビルディング
・進行管理
・予算管理
・協力会社管理


【具体的な仕事内容と流れ】
▼XRコンテンツ(VR・AR・MR)の企画立案
オフィス会議・会社説明会・販売促進など、「お客様がバーチャル空間で実現したいこと」を営業担当者が共有。その後、お客様・営業・ディレクターで、イベントの詳細について打ち合わせを行ないます。

▼お客様との折衝
イベント開催日や予算などを調整、イベントの主旨を固め「当社で実現できること」を提案します。

▼仕様作成
イベントの要件定義から企画書、仕様概要書、仕様書を作成し開発メンバーと読み合わせを行ないます。

▼制作チームの立ち上げ
社内や協力会社のエンジニアに制作を依頼。イベント内容や規模、得意分野(アバター制作が得意など)に応じ、クオリティの高いコンテンツを制作できる協力会社を選定します。

▼予算管理や協力会社管理
協力会社にヒアリングしながら予算を検討。コストとクオリティをコントロールします。

▼進行管理
制作開始後は、イベント開催日から逆算して「何人のプログラマで、いつまでにどのコンテンツを仕上げ、いつ完成させるのか」についての進行管理を手がけます。

※プロジェクト1件の納期はさまざま。小規模のもので1か月から大規模のものは半年以上のものまであります。
※1日の数百名規模のイベントから、2週間にわたって開催する数千名規模のイベントもあります。


【進行中のプロジェクト例】
大学/バーチャル授業
旅行会社/バーチャル国際会議
放送局/放送連動型バーチャルイベント
小売業/バーチャルショッピングモール
航空会社/バーチャルフライト
製薬会社/医療講演会
製造業/新製品発表会
自治体/バーチャル観光
職種
ディレクター・プロデューサー、ゲームプランナー
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
東京都
勤務地(住所)
原則リモート勤務。全国どちらからでもご応募ください。
※所属は神戸本社もしくは東京支社・高知・山口・宮崎各オフィスのいずれかになります。

【神戸本社】兵庫県神戸市中央区京町78番地 三宮京町ビル3階A号室
【東京支社】東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD新宿ビル4階
【高知オフィス】高知県高知市帯屋町1-14-9 ゑり忠ビル3階
【山口オフィス】山口県山口市小郡高砂町5-30 第2高砂ハイム1103号室
【日南オフィス】宮崎県日南市春日町6-3 マスダ・コーポ 202号室
交通
【神戸本社】
旧居留地・大丸前駅(神戸市営地下鉄海岸線)より徒歩5分
貿易センター駅(神戸新交通ポートアイランド線)より徒歩7分
元町駅(JR神戸線)より徒歩8分

【東京支社】
新宿御苑前駅(東京メトロ)2番出口より徒歩1分
新宿三丁目駅(東京メトロ)C5出口より徒歩8分
新宿駅(JR)東口より徒歩15分

【高知オフィス】
堀詰駅(とさでん交通)より徒歩3分

【山口オフィス】
新山口駅(JR線)より徒歩3分

【日南オフィス】
油津駅(日南線)より徒歩5分
給与・年収
360万円〜720万円

■月給30万円~60万円 (45時間分の見込残業手当を含む。超過分は追加支給。)
※経験や能力に応じて、加給優遇します。
※経験・能⼒・前職給与を考慮の上、決定します。

■給与改定年2回(1月、7月)
■賞与年1回(9月)
待遇・福利厚生
◇昇給年2回(1月、7月)
◇賞与年1回(9月)
◇交通費支給(月2万5000円まで)
◇社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)
◇IT系資格受験補助(基本情報技術者試験などの受験費用を一部補助)
◇時間外手当
◇深夜手当
◇休日出勤手当(社内規定あり)
◇社内禁煙
◇私服勤務可
◇空気清浄機完備
◇ウォーターサーバー完備
◇部活動補助制度(月々の活動費を定額支給)
◇新入社員引っ越し補助制度(拠点をまたぐ場合)
◇リモートワーク補助制度(月々の水道光熱費を定額支給)
◇購入補助
・ゲーム購入補助
・書籍・技術書購入 他
休日・休暇
<年間休日124日>
◇完全週休2日制(土・日)
◇祝日
◇GW休暇
◇夏季休暇(3日間)
◇年末年始休暇(4日間)
◇産休・育休制度(取得・復帰実績あり)
◇有給休暇
◇慶弔休暇  
◇介護休暇

企業情報

会社名
monoAI technology 株式会社
(企業カナ名称:モノアイテクノロジー カブシキガイシャ)
本社所在地
兵庫県神戸市中央区京町78番地 三宮京町ビル3階A号室
設立日
2013年01月
資本金
257,500千円
代表者
本城 嘉太郎
従業員数
239人
URL
https://monobit.co.jp/
事業内容
1. ゲーム&VR事業・品質テスト事業 【monoAI technology株式会社】
ネットワークゲームやVRコンテンツの受託協業開発・運営を行っています。また、AIや自動化技術を活用したソフトウェアテストを行っています。

2. ミドルウェア事業【モノビットエンジン株式会社】
ネットワークミドルウェア『モノビットエンジン』の開発・運営・サポートを行っています。

3.ゲームAIの研究開発事業【モリカトロン株式会社】
ゲームに使用するAIの研究・開発業務を行っています。
  • monoAI technology 株式会社の求人情報-01

その他・PR

求人の背景
ネットワークゲームやXRコンテンツなど、新しいサービスの研究開発に積極的に取り組んできた弊社。2020年の年末には、10万人同時接続が可能なバーチャルプラットフォーム「XR CLOUD」をリリース。以降、ビジネスからエンターテインメントまで、幅広い業界のお客様から多数の反響を頂いています。現在は2022年の株式上場を目指し、新サービスの提供だけでなく、組織強化にも注力しているところです。そこで、新たにXRイベントディレクターを増員することになりました。
この仕事で得られるもの
■VR・AR・MRといった最先端技術に携わる開発経験
■大企業とのコンテンツ制作経験
■「お客様の実現したいこと」を正しく理解し、認識の齟齬なく制作チームに共有できるコミュニケーション能力
取引先企業
・株式会社アトラス
・株式会社アニプレックス
・株式会社イグニス
・SCSK株式会社
・NHN PlayArt株式会社
・株式会社NTTドコモ
・グリー株式会社
・株式会社コーエーテクモゲームス
・株式会社コナミデジタルエンタテインメント
・株式会社Cygames
・株式会社ジンズ
・株式会社スクウェア・エニックス
・株式会社セガゲームス
・株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
・株式会社ディー・エヌ・エー
・ディライトワークス株式会社
・株式会社トーセ
・株式会社ドワンゴ
・日本テレビ放送網株式会社
・任天堂株式会社
・株式会社バンダイナムコエンターテインメント
・株式会社フォワードワークス
・株式会社ミクシィ
・ヤフー株式会社
※50音順
オンラインゲームを礎にVRやAI、通信ミドルウェアという技術領域で躍進!
monoAI technology株式会社は、ゲームをベースに、VRやAI、ネットワーク(通信ミドルウェア)といった技術領域で躍進を続ける4社を束ねる管理・持株会社として、2013年1月「株式会社モノビット」として設立され、2019年11月に「monoAI technology(モノアイテクノロジー)株式会社」へ、社名変更を行った。

グループを構成しているのは4社。「monoAI technolog(モノアイテクノロジー)株式会社」はゲーム制作、AR/VR等のXR開発、AIを使った品質管理事業を、「モノビットエンジン株式会社」では、通信ミドルウェアというゲーム関連ソフトウェアのライセンス販売事業を、「モリカトロン株式会社」では、AIの開発を、「株式会社AVOCADO(アボカド)」は“地元でゲームを作ろう”をコンセプトにゲーム制作とVR開発をしており、高知市、山口市、宮崎市に拠点を持つ。

同社は代表取締役社長の本城 嘉太郎氏が、19歳の頃に『Ultima Online(ウルティマオンライン)』 という世界初のMMORPG(多人数同時参加型のオンラインRPG)に出会って強い衝撃を受けたことをきっかけに創業された。

「monoAIグループでは、プレイステーションやスマートフォン用ゲームの開発、VRの開発をしています。現在ではグループ全体で190名ほどの社員がいて、神戸が本社で東京が支社です。3年前に神戸に本社を移しました。日本のほとんどのゲーム会社と取引があります。コンシュマーゲーム主流の時代からネットワークゲームの研究開発を続け、その成果を元に、2013年から『モノビットリアルタイム通信エンジン』を販売しました」(本城氏)

CEDEC(ゲーム業界の技術力向上と情報交流を促進するカンファレンス)での講演がトップクラスの評価を得て、CEDEC AWARDSの選考委員を務めるなど、技術力の高さは広く知られている。加えてオンラインゲーム業界の技術を牽引するトップランナー・中嶋 謙互氏がCTOとして加わったことも話題となった。

monoAIグループは高い技術力をもって「世界で一番面白いゲームを創る」をコンセプトに事業を展開。
ゲームなどエンタメ分野から産業分野まで、VR技術力で業界をリードする存在
monoAI technology株式会社のグループ4社の事業のカギは「技術力」。同社を代表する技術のひとつであるVR関連製品について、本城氏は言う。

「KDDIと『Linkd-door』というタイトルを「東京ゲームショウ2016」で発表しました。これはゲームというよりVR体験デモです。電話がかかってきたら、VRグラスをかけてVR空間に入り、そこでコミュニケーションする近未来の世界を体験できるものです。当時の展示には、複数で同時に遊べるVRコンテンツがなかったため反響も大きく、テレビなどで多く取り上げられました」(本城氏)

同社のVR関連技術は、ゲームの領域以外でも注目を集め、産業分野でも利用されはじめている。

「自動車等の生産ライン製造では世界一といわれる平田機工(株)が、VRとモノビットリアルタイム通信エンジンを使って『CADVR』という産業用のVRソフトウェアを当社とともに開発しています。自動車の製造工場を作るとき、VR空間に製造機械等を配置して、世界各地の拠点からアクセスして設計を検討できる“遠隔工場設計システム”です」(本城氏)

他にも、産業分野では、サン電子のスマートグラス製品「AceReal」に同社製品が使われている。工場で作業員が研修を受けずに現場に入っても、スマートグラスを付ければ管制室から指示やマニュアルを視覚的に伝えられる。産業分野ではVRが注目を集めており、同社の技術を採用した企業への問い合わせは多いようだ。とはいえ、もともとオンラインゲームを得意としてきた同社。もちろんVR技術をエンターテインメントにも活用している。

「現在は高知(アボガド)でしか遊べませんが自社開発した『Trip Trap Travelers』という、多人数対応型脱出ゲームをリリースしています。また『バーチャルキャスト』(ドワンゴ)のVR空間でのコミュニケーションはすべて当社のエンジンで構築されています」(本城氏)

さらに、社内にVチューバー(Vtuber)用のスタジオを用意したり、高知市でVR体験スペースを運用したり、同社の施策は魅力的なものばかり。同社はこれからも、未来のテクノロジーを使って「VR空間で生活できる」世界を作り上げ、広めていきたいという

「VR空間にオフィスができたら、バーチャル出社ができるため物理的な移動が不要となり、遠方の人や子育て中の人も動くことができます。空間の制約を取り払うテクノロジーとして提供していきたいと考えています」(本城氏)
VRとAI、ネットワークの先端テクノロジーを用いて人々の生活を豊かにする
monoAI technology株式会社の技術力を代表する技術として見逃せないのが AIだ。グループ内でAI分野を担うのはモリカトロン株式会社である。モリカトロンは2017年8月に創立。創立メンバーに、プレイステーション用ソフト『がんばれ森川君2号』等を手がけたクリエイター森川 幸人氏がいることで話題となった。森川氏は、1990年代からAIのテクノロジーを前面に押し出したゲームデザインをすることで知られている。


「昨今、ゲーム業界でもAIを活用しなければという声が高まっています。欧米に比べると日本はAIのゲーム利用は遅れている面があります。そこをフォローしていきたい、森川が培ってきた技術を世界に広めたいという想いでモリカトロンを設立しました。
ゲームキャラクターが人間のような心を持って、我々と暮らしていけたらとても面白いと思いませんか? MMORPGでは、最終的にAIと人の見分けがつかない状態となってコミュニケーションしていくと考え、AIの研究に力を入れています」(本城氏)


monoAIグループの中で、このゲームAIのほかに見逃せないのがもう1つ。
現在グループ内で急成長している、AIを用いた品質管理事業。monoAI technology社が今後、注力していくジャンルでもある。

「この事業で“AIデバッグ”を進歩・進化させていきます。今後、IoT、自動運転など、あらゆるものにソフトウェアが組み込まれていきます。これまでは人手でソフトウェアテストをしていましたが、人手不足の時代になることもあり、AIの力を使って自動化していくべきではないかと考えています。当社はゲームのデバッグをスタート地点として、世の中のソフトウェアに拡大していきます」(本城氏)

優秀なデバッグ技術者の力と標準化した手順でテストする技法を組み合わせ、AIの機械学習を活用して自動化することで「最強のデバッグ事業」を作るのがコンセプトだ。monoAIグループでは、すでに『モリカテスター』というテスト自動化ソフトウェアを開発し、稼働させている。対戦ゲーム等を完全自動でテストすることができ、労力を革命的に削減することに成功したという。

このように、多様な技術を持つグループ企業4社からなるmonoAIグループ。ゲームのテクノロジーを用いて人々の生活を豊かにし、エンターテインメントを通じて充実した人生を送れるようにするビジョンを持っている。グループ企業間の柔軟な横連携もあり、強力なシナジーを生み出し、活躍の場はすでにゲームを超えた広がりを見せている。今後、さらに羽ばたいていこうとしているのだ。

これまでにない新しいテクノロジーへ、エンターテインメントをベースに向き合っていきたい意欲がある人には、魅力的なグループだろう。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
1.書類選考
2.面接(1~2回)
3.内定
応募資格
【必須条件】
■顧客との折衝、窓口経験
■自らプロジェクトを立ち上げ、ディレクションしたことがある方
※2~3年の経験がある方を想定しています。

【以下の条件に当てはまる方、大歓迎です!】
◎アプリ・ホームページ・ゲームなどの開発経験をお持ちの方
◎協力会社との折衝・管理の経験をお持ちの方
◎予算管理の経験をお持ちの方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

ディレクター・プロデューサーの他の求人はこんなものがあります

お仕事探しアドバイス

この求人のようなゲームソフト業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、ゲームソフト業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:367万円です。男女比は男性・75%:女性・25%で、平均年齢は36歳です。これまでに平均1回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が48%・就業中の人が52%です。また、この業界には、英語スキルが全く不可レベルで応募可能な職種の求人もあります。ゲームソフト業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ