1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 営業 >
  3. 営業系 >
  4. 営業・セールス(法人向営業) >
  5. 株式会社 アイリッジの転職・求人詳細
  • 正社員

株式会社 アイリッジ

アカウントマネージャー(Webプランナー経験者求む!)

株式会社 アイリッジの求人情報

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
アカウントマネージャー(Webプランナー経験者求む!)
仕事詳細
自社プラットフォーム及びO2O/OMOに関わるソリューションをベースにしたアプリ提案営業、アプリマーケティングの企画・提案を担当していただきます。
具体的には、クライアントのアプリを含めたデジタルマーケティングの課題を整理し、顧客ニーズにあったアプリ開発を提案します。また、開発したアプリを中心に、集客促進、購買促進を提案することでユーザーのロイヤリティ向上を実現します。
自社ソリューションを活用した様々な企画提案を通じて「クライアントとユーザーのコミュニケーションを活性化」していきます。
クライアントは大手企業を中心に流通・小売企業、金融機関、電鉄事業等のマーケティング担当者に対して提案することが多いため、最新のデジタルマーケティングの動向や技術面を理解した上で、お客様のニーズに即した企画および提案営業をすることが求められます。

【具体的業務】
・O2O/OMOマーケティングに関するビジネス課題の分析とソリューションの提案
・O2O/OMOアプリ及びその関連ソリューションの企画・提案
・ファン育成プラットフォーム「FANSHIP」をベースとしたコンサルティング提案営業
・ファン育成プラットフォーム「FANSHIP」導入後の利用促進に向けたコンサルティング提案営業

アプリ内で常に新しい企画提案を行うため、クライアントを通じて世間に自分の考案した企画を実現していける喜びがあります。また、効果の良し悪しをはっきりと数値で出せること、データが豊富にあり分析に基づく改善案を打っていくことで数値が良くなっていく実感が持てる点に大きなやりがいを感じることができます。

〈対応顧客先〉
三井不動産、東急線アプリ、ファミリーマート、マツモトキヨシ、ニトリなど、生活に密着したスマートフォンアプリやWebシステムを開発・提供しています。
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都港区麻布台一丁目11番9号 BPRプレイス神谷町9F/10F(受付10F)
交通
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 1番出口より徒歩約3分
都バス「虎ノ門五丁目」より徒歩約2分
給与・年収
500万円〜800万円

ご経験・スキルを考慮して決定いたします。
■ 試用期間:3ヶ月(給与は本採用時と同額)
■ 昇給:年2回
■ 賞与:年1回、業績に応じて
待遇・福利厚生
・フレックスタイム制度(コアタイム10:00-15:00)
・交通費全額支給(上限3万円/月まで)
・各種社会保険完備
・ヘッドホン、イヤホンOK
・デュアルモニター有り
・書籍購入/研修、セミナー参加補助(規定あり)
・Biz CAMPUS Basic(定額制ビジネス研修)への無料参加
・従業員持株会加入
・ご希望の貸与PC購入可能(予算上限あり)
・インフルエンザ予防接種会社負担
・小田塾(定期的に実施)
・アイリッジ勉強会
・部活動
・忘年会
・シャッフルランチ
・キックオフパーティー
・クオーターパーティー
・アイリッジバー
休日・休暇
・完全週休2日制(土・日)、祝日
・有給休暇
・夏季・年末年始休暇
・慶弔休暇・生理休暇・産前産後休暇・育児休業・介護休業・看護休暇
※年間休日127日(前年実績)

企業情報

会社名
株式会社 アイリッジ
(企業カナ名称:カブシキガイシャ アイリッジ)
本社所在地
東京都港区麻布台一丁目11番9号 BPRプレイス神谷町9F,10F(受付10F)
設立日
2008年08月
資本金
1,060百万円(2019年9月末現在)
代表者
代表取締役社長小田健太郎
株式公開区分
東証マザーズ
従業員数
92人
平均年齢
34.3歳
主要取引先
株式会社ジーユー
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
KDDI株式会社
株式会社デジタルガレージ
東京急行電鉄株式会社
URL
http://iridge.jp/
事業内容
株式会社アイリッジは、「Tech Tomorrow:テクノロジーを活用して、昨日よりも便利な生活を創る。」という理念のもと、スマートフォンを活用した企業のO2O(Online to Offline)/OMO(Online Merges with Offline)支援を軸に、フィンテック、不動産テック、VUI(音声インターフェース)等、幅広い領域で事業を展開しています。O2O/OMO支援ではアプリの企画・開発における業界トップクラスの実績に加え、アプリのマーケティング施策にも強みを持ち、ユーザーごとに結び付きの強さを判断し優良顧客へと育成するファン育成プラットフォーム「FANSHIP」を通じて、購買促進やCX改善の支援を行っています。
  • 株式会社 アイリッジの求人情報

その他・PR

社内イベントや部活動も盛んです!
社内イベントや部活動も盛んで、社員同士のコミュニケーションが円滑です。
・アイリッジ勉強会
・部活動
・忘年会
・シャッフルランチ
・キックオフパーティー
・クオーターパーティー
・アイリッジバー
デジタル・フィジカルマーケティング、フィンテック、ライフデザイン、3つの領域で第2創業期を迎えたアイリッジ
「インターネットビジネスで新しい価値・体験を作っていきたい」と2008年に創業した株式会社アイリッジ。いち早くOnline to Offline (O2O)ビジネスに着目し、小売流通・鉄道・金融など各業界のトップ企業に向けたO2Oソリューション提供やO2Oアプリ開発、O2Oマーケティング支援で成長を続け、2015年には東証マザーズ上場も果たしました。

2018年8月には、社内ベンチャーとして始まったフィンテック事業を分社化したフィノバレーと、資本業務提携先であるデジタルガレージより新設分割されたDGマーケティングデザインを子会社に迎え、3社連結体制へと移行。事業の幅を広げ、第2創業期を迎えています。

分社化したフィンテック事業はスピード感を加速し、O2O事業は店舗における販促やプロモーションに強みを持つDGマーケティングデザインと連携することで、店舗へ送客するデジタル領域に加えフィジカル領域(店舗)でのマーケティングも支援するデジタル・フィジカルマーケティング事業へと拡張。また、新規事業である音声アシスタント対応アプリの制作ツールや住生活向けソリューションなどを通じて、住まいや街づくりといった軸でも生活者とのタッチポイントを増やし始めています。

2019年10月からは、上場前からの開発パートナー企業であるキースミスワールドのメンバーを吸収合併により迎え、開発体制もさらに強化予定。あらゆるシーンで企業と生活者とのエンゲージメントを高めていく「トータルエンゲージメントソリューション」を提供していくため、引き続き仲間を募集しています。
数々の有名企業が導入!O2Oソリューションの国内最大級プラットフォームpopinfo改めFANSHIP
2019年7月現在、1億4千万ユーザー(※)の方に使っていただいているO2O支援の代表的ソリューションへと成長したFANSHIP。
(※)FANSHIPの入ったアプリのユーザー数合計値

その割に初めて名前を聞いた、という方も多いかもしれません。それもそのはず、FANSHIPは2019年7月にブランドリニューアルにより生まれたばかりで、その前の10年間はpopinfoという名前で活躍していました。
フィーチャーフォンの待受画面にポップアップで情報配信するサービスとして2009年に生まれ、その後スマートフォンに対応、そして後に特長となる GPS/WiFi/Bluetooth(Beacon)を活用した配信を始めさまざまな機能を拡張し、popinfoは300以上の有名アプリを支えてきました。

そんなpopinfoを、10周年を迎えたタイミングでなぜリニューアルしたのか。

これはシンプルに、サービスの機能拡張に伴って、実際の提供内容とサービス名称から受けるイメージに乖離が出てきたことが最も大きい理由です。
popinfoは今年初めに顧客データ分析プラットフォーム(CDP)機能も追加し、アプリの位置情報を元にした分析だけでなく、
自社のCRMデータ、購買履歴データなど、Webや実店舗を含むあらゆるデータを組み合わせた分析を行えるようになりました。

また、まさにブランドリニューアル当日の7月17日、分析結果からユーザーとアプリ提供企業の結び付きの強さ(ファンレベル)を判断してセグメンテーションする機能が追加されました。
今後はファンレベルに応じて、自社アプリでの施策だけでなく、LINE公式アカウントでのプッシュ通知やOne to Oneトーク等での施策も可能になります。

このように、実態はチャネルを拡張したOne to Oneマーケティングプラットフォームへと進化しているのに対し、
スマホアプリからプッシュ通知を表示(pop)して情報をお知らせ(info)するという、当初の機能をストレートにわかりやすく表現していた名称のままでは、
サービスができることや私たちの想いが正しく伝わらないのではないか、という懸念がリニューアルの発端となりました。

アイリッジがO2Oマーケティングに取り組み始めて10年。

消費行動は進化し、OMOやニューリテールと呼ばれる、チャネルを超えた最適な顧客体験が求められる時代が始まる中で、私たちは2018年より”Tech Tomorrow”という新しいミッションを掲げ、”テクノロジーを活用して、わたしたちがつくった新しいサービスで、昨日よりも便利な生活を創る。”ことを目指しています。

多くの人のスマホの中にいるFANSHIPが、昨日よりも良い顧客体験を提供出来ているか?
導入企業と顧客のフレンドシップ(FANSHIPのSHIP!)に貢献できているか?
私たち自身が導入企業の一員となって伴走し、メンバーシップ/パートナーシップを発揮できているか?

そんな視点を忘れずに、また次の10年、アイリッジのフラッグシップサービスであるFANSHIPを育てていけるのが、デジタル・フィジカルマーケティング領域の醍醐味です。
QR決済×地域活性化=電子地域通貨。マーケティングの強みを活かした、新たなプラットフォーム・MoneyEasy
社内ベンチャーから始まり、分社化もして成長を続けるフィンテック事業。
もともとの始まりは、私たちのO2Oアプリをきっかけにお店に足を運んでくれた生活者の方々が、そのままスマホで決済まで完了できたらもっと便利だろうという構想がありました。ただ、アプリ決済サービスを提供する事業者はすでにたくさんいた中考えたのが、「地域」へのフォーカス。

「この地域だったらどこでも使える」というスマホ決済の世界を作ろうということで、業界でいち早く取り組む「電子地域通貨」が生まれました。

最初の事例として注目を集めたのが、2017年12月より飛騨信用組合と共同で進めている「さるぼぼコイン」です。高山市・飛騨市・白川村の地域限定で利用できる、スマートフォンアプリを活用した電子地域通貨で、商用化から約一年半が経つ2019年7月現在、加盟店は1,000店舗、ユーザーは8,000名を超えるなど、地域の新しい決済手段として定着しつつあります。。

私たちの提供する電子地域通貨は、「MoneyEasy」という自社開発ソリューションをプラットフォームに使っているためパッケージごとの横展開ができるのが強み。実証実験の引き合いも数多くいただいているほか、2018年10月には、木更津市域を対象とする電子地域通貨「アクアコイン」が商用化しています。

キャッシュレスの波が押し寄せる中、この一年ほどで数々のQR決済サービスが乱立しているものの、ただのお得・便利ではなく、「地域活性化」を軸に据え域内での経済活性化と域外からの外貨獲得を推進するものとして実際に使われている電子地域通貨は、フィノバレーの事例以外にはまだほとんどありません。地域活性化に欠かせない行政との連携なども着実に実績を積み重ねていますが、業界をリードしている立場として、これからも前例のないチャレンジを続けていくことになるでしょう。

インターネット決済やクレジットカード決済を手掛ける事業者でなく、O2Oマーケティングに精通した私たちが、マーケティングのアプローチ観点から決済サービスを提供するからできること、それを追求していくことが、アイリッジ・フィノバレーのフィンテック事業における最大のビジネス価値になると考えています。

急成長中のフィンテックという領域で、さらに地域創生の視点も織り込んだ電子地域通貨事業の拡大・成長に関われる仕事はなかなかありません。しかも、電子地域通貨はまさに自社プロダクトを活用したものであり、ビジネス面はもちろん、急成長するフィンテックソリューションを支える技術開発に関われるという点でも、非常に貴重な経験をしていただけると思います。
新規事業!音声UIや住生活向けソリューションを活用したライフデザイン領域への参入
2018年半ば頃から立ち上がったばかりの新規事業が集まるライフデザイン領域。

AIスピーカー(スマートスピーカー)などの上で動く音声アシスタント対応アプリケーション(スキル)をプログラミングなしに制作できる国内初のツール・NOIDをはじめとして、住宅やオフィス内で利便性を提供する住生活向け新規事業を推進しています。

音声UIへの取り組みは、日本にスマートスピーカーが入ってきたばかりの2017年秋に、スマホアプリ開発で長くお取引のあるお客様のスキルを受託開発したことから始まりました。その後、NOIDを通じたスキル制作支援やスクラッチ開発での技術面・マーケティング面の豊富な実績が認められ、現在はAmazon Alexaスキル開発エージェンシーにも認定される音声UIのリーディングカンパニーとして開発・制作実績を積み重ねています。

先行するアメリカでは既に全世帯の4割以上が音声アシスタント搭載デバイスを利用している調査結果がありますが、技術の進化でまもなく5Gが始まり、これまでスマートスピーカーに搭載されているだけだった音声アシスタントが家電や車などあらゆるデバイスに搭載されるようになると、音声アシスタントは日本でもキャズムを超え一般普及すると見られています。

現状はその前にポジションを取っておきたい!という感度の高い企業への企画提案やスキル開発・制作案件が多く、まだノウハウの出回っていない音声UIデザインやマーケティングが学べる、エキサイティングな環境です。
「Tech Tomorrow」を実現するために ~代表取締役社長・小田 健太郎からのメッセージ~
これまでご紹介してきたような取り組みを通じ、新しいサービスや事業の機会創出は確実に増えていきますが、「それを支えるのは人材の力だ」と代表の小田は言います。

「我々は広い視点で言うとインターネットビジネス、いわゆるソフトウェアビジネスですから、人のアイデアとメンバーが創り出すプロダクトこそがビジネスの柱となります。ですから、新しい世界を一緒に作っていける仲間が、もっともっと必要です。マザーズに上場したといっても、まだまだベンチャーでありスタートアップ。組織も成長過程です。そんな中で急成長するビジネスを手掛けられるわけですから、一緒にビジネスを伸ばしながら、社員一人ひとりも、ともに成長していける環境をつくっていければうれしいですね」(小田)

2019年9月末現在、アイリッジには92名(単体。連結は153名)の社員が在籍。一人ひとりの発言力が大きく、やりたいと手を挙げれば実現できる社風があることに加え、働く社員をサポートする制度にも力を入れています。

例えば、プロジェクトの勉強会にはじまり、技術やコアスキルを学べる勉強会などもいろいろな切り口で定期的に実施していたり、小田が経営の考え方やスタンスを伝える『小田塾』という勉強会もあります。社外の勉強会への参加や社外の方向けの勉強会開催を通じて、経験を広めたり、登壇して話す経験も積んでもらえたら、というスタンスで、今後も、学びたい意欲のある人をサポートできる環境を整えていきたいと思っています。

「これからも新しい世界・新しい体験を作っていける会社でありたいと思っています。我々では『Tech Tomorrow』と言っているのですが、テクノロジーを活用して、昨日よりも便利な明日を作っていきたいと考えています。新しい価値観や楽しみを提供していけたら、うれしいですね。O2Oやフィンテック事業はもちろん、そこだけに固執するわけではなく、違った取り組みにも、積極的にチャレンジしていきたいですね」(小田)

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
選考はなるべくスピーディーに行います。面接日は考慮しますので、ご相談ください。

書類選考
 ▼
一次面接
 ▼
二次面接
 ▼
最終面接(役員面接)
 ▼
内定

※ 面接の回数が増える場合があります。
採用人数
1
応募資格
【必須経験・スキル】
以下いずれか必須
・Webプランナー経験 2年以上
・アカウント担当経験(深耕営業のご経験、アップセル、クロスセルなどのご経験)2年以上

【歓迎経験・スキル】
・ITソリューション営業の経験
・解析ツール、ABテストツールなどを活用しデータに基づく分析・改善のサイクルを回した業務経験
・カスタマージャーニー、仮説検証、KPIを論理的思考で設計できるスキル

【求める人物像】
・自分の業務に責任感を持ち、最後までやり遂げる方
・世の中が便利になるようなサービスを創り出していきたい方
・自分の業務の枠にとらわれずに、会社の成長に向けて能動的・積極的に行動できる力
・明るくポジティブに業務へ取り組むことができ、チームでの業務遂行ができる力
・お客様のニーズを理解した上で、当社のサービスを提案できる力

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

営業・セールス(法人向営業)の他の求人はこんなものがあります

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:518万円です。男女比は男性・71%:女性・29%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が45%・就業中の人が55%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ