1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 株式会社 オープンドアの転職・求人詳細
  • 正社員
  • 学歴不問
  • 転勤なし
  • 服装自由

株式会社 オープンドア

【Webデザイナー】東証一部上場/総合旅行比較サイト『トラベルコ』

株式会社 オープンドアの求人情報

株式会社オープンドアは国内最大級の旅行比較サイト『トラベルコ』を運営する東証一部上場企業です。
海外版の『Travelko』と、日本の伝統工芸紹介サイト『GALLERY JAPAN』も運営しております。
メインの『トラベルコ』は国内外のホテル、航空券、ツアーのほか、
アクティビティー、長距離バス、レンタカーなど、旅行と周辺サービスを全方位的に網羅!
その精度とユーザーの利便性で、他社の類似サービスを大きく引き離しています。
『Travelko』は既に英語、中国語、韓国語で展開し、今後さらに世界各国へ広げていきます。
多くのユーザーに愛されるサービスで、やりがいは非常に大きいです!

1,500以上の旅行サイトを一括で検索できる旅行比較サイトで、
海外・国内のツアーや航空券、ホテルの宿泊プラン、ダイナミックパッケージなどの
幅広い旅行商品から、希望の条件での最安値商品を簡単に見つけることができます。  
旅行先の基本情報のほか、定番観光スポットから最旬のお店、危険エリアまで詳しい情報が豊富なので、
旅行商品を探すだけでなく、楽しく安全な旅のサポートにも役立つサイトです。  

◆旅行を検討している人全てが”使いやすい”サイトを目指しており、旅行好きからは高いブランド認知力!
1.ほぼすべてのジャンル(ツアーやホテル、航空券、海外、オプショナルツアー等)をカバーかつ在庫情報に連動した価格比較を実現  
2.1,500社以上の旅行サイトを比較可能な為、圧倒的な価格競争を可能に  
3.全ジャンルでUU数が伸長  
4.創業以来、無借金であり、黒字経営を続けています。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【Webデザイナー】東証一部上場/総合旅行比較サイト『トラベルコ』
仕事詳細
国内最大級の旅行比較サイト『トラベルコ』・海外版「TRAVELKO」や、
伝統工芸作品の紹介サイト「GALLERY JAPAN」の WEBデザイン業務をお任せいたします。

【業務】
新規・既存サービスのUIデザイン、およびビジュアルデザイン制作。
特集ページ等のデザイン制作・ディレクション。
【魅力】
より良いサービスを提供していくため に、デザイナーにも企画段階からプロジェクトに参加していただきます。
【キャリア】
将来的にはアートディレクターとしてサイト全体の総合的なデザインや新規サービスのデザインもお任せします。
【特徴】
チームでの活動主体な環境です。各メンバーからのボトムアップの問題提起や改善提案が求められます。
100%自社製であるため、自由度が高く裁量が広いことが魅力です。
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都港区赤坂2-17-7 赤坂溜池タワー6階
交通
東京メトロ千代田線 赤坂駅(2番出口) 徒歩4分
東京メトロ銀座・南北線 溜池山王駅(10番出口) 徒歩4分
東京メトロ銀座・丸の内線 赤坂見附駅(10番出口) 徒歩9分
給与・年収
350万円〜500万円

給与形態:年俸制
給与改定:年1回(4月)
試用期間:6ヶ

※経験・能力等考慮の上、当社規定により優遇
※褒賞金制度、特別褒賞金制度(半期に1回)あり
※固定残業代として、月30時間分の普通残業と月15時間分の深夜割り増し分を含む、超過分は別途支給
 例)年収350万円~ 基本給\232,666~ 固定残業代\59,000~等を含む/月
待遇・福利厚生
【保険】
■健康保険
■厚生年金
■雇用保険
■労災保険

【福祉厚生】
■通勤手当(全額支給)
■時短勤務制度
■褒賞金制度
■特別褒賞金制度
■早帰りデー(毎週水曜)
■育児支援制度
■定期健康診断
■関東ITソフトウェア健康保険組合保養施設利用可能
■スポーツクラブの利用補助制度
■英会話スクール補助制度
■社員懇親会
■同好会活動(フットサル、テニス、スノーボード、ゴルフ、他)
■フリードリンク完備
■オフィスグリコ
■持株会制度

働きやすい環境を大切にしており、残業は月平均20時間程度。
産休・育休明け後も多くの方が復職されています。
休日・休暇
■完全週休2日制(土日祝日)
■夏季休暇3日
■年末年始休暇6日
■慶弔休暇
■産前産後休暇
■育児休暇
■有給休暇(10~20日:入社時2日、3ヶ月後3日、6ヶ月後5日付与→入社半年経過後10日)
※年間休日125日以上!
※有給休暇:取得率90%以上!
配属部署
■配属先
WEBデザイン課 システム部

企業情報

会社名
株式会社 オープンドア
(企業カナ名称:カブシキガイシャ オープンドア)
本社所在地
東京都港区赤坂2-17-7  赤坂溜池タワー6階
設立日
1997年04月
資本金
6億4,829万円
代表者
代表取締役社長 関根 大介
株式公開区分
東証一部
従業員数
157人
平均年齢
35.0歳
URL
http://www.opendoor.co.jp/
事業内容
・旅行比較サイト『トラベルコ』『Travelko』の運営
・伝統工芸作品サイト『GALLERY JAPAN』の運営
・インターネット及び携帯電話向けオンラインシステムの開発及び提供
・ソフトウェア開発及び配信
  • 株式会社 オープンドアの求人情報

その他・PR

求人の背景
欠員募集
この仕事で得られるもの
日々変化するユーザーのニーズに対して最適なサービスを提供していくために、『トラベルコ』は日々サイトのリニューアルや新コンテンツの追加等が行われています。
今回のポジションでは、サイトの集客担当として『トラベルコ』のユーザー数拡大のためご活躍頂きます。
TVCM開始でユーザー増が加速。圧倒的な精度と利便性で他社の類似サイトを引き離す
株式会社オープンドアは、旅行比較サイトの『トラベルコ』を運営する東証一部上場企業だ。海外版の『Travelko』と、日本の伝統工芸作品の紹介サイト『GALLERY JAPAN』も運営している。メインの『トラベルコ』は国内外のホテル、航空券、ツアーのほか、日帰り旅行や体験、アクティビティー、バスツアー、高速バス・夜行バス、レンタカー、海外Wi-Fiレンタルなど、旅行と周辺サービスを全方位的に網羅し、価格比較と予約までできるサイトだ。『トラベルコ』への掲載料と、ユーザーが『トラベルコ』を通じて照会、予約をすると発生する手数料、および広告料がオープンドアの売上になるというビジネススキームだ。

 ”あなたの旅の最安値を見つけましょ”のキャッチフレーズと共に、公式キャラクターの『トラベルコちゃん』が出演するTVCMを開始しており、最近目にした人も多いだろう。それまでは、その便利さから口コミでユーザー数を増やしてきたが、TVCMで一段と認知が高まり、現在、ユーザー数と売上の拡大が加速しているところだ。今後も積極的にブランディングを進めていく方針だ。

 オープンドアの設立とサービスのスタートは1997年。最近でこそ様々な比較サイトが乱立しているが、『トラベルコ』は既に20年以上の歴史を持つ。変化の激しいIT業界の中で、激しい戦いを勝ち抜いてきたプレイヤーである。

「Webのコンテンツとして、旅行業は最も早くに大手各社が進出してきた領域です。ただし比較サイトという形式は、他にほとんどなかったので、我々がハブとなって情報を集約することに努め、大手との競争にも勝ち抜いてきました。」と振り返るのは、創業者である代表取締役社長の関根大介氏だ。

 今や『トラベルコ』は業界で確固たるポジションを占め、大手旅行会社や航空会社などが軒並み参画していることはもちろん、専門旅行会社など中小規模の会社も網羅。比較サイトとして、他社の追随を許さない精度とユーザー利便性の高さを誇る。クライアント各社にとってもトラベルコの集客力は大きな魅力であり、Win-Winの関係にあるパートナーとして信頼関係を築いている。
世界展開へ、海外版も好評拡大中。壮大なサービスを支える技術力に強み
海外版の『Travelko』は、日本と同様のサービスを世界各国で展開することを目指し、まずはホテルと航空券からスタート。現在、英語、中国語、韓国語で展開し、日本はもちろん、台湾、中国、韓国、アメリカなどで、提携先となる現地の旅行会社や航空会社を開拓し、全世界に向けてサービスを立ち上げている。今後、世界のその他の地域へも展開し、サービスのメニューも広げていく考えだ。日本で始めた当初のように、比較サイトに馴染みのない国も含めて、ユーザーも開拓しながら進めていく。世界中の旅行者が、スマートフォン一つで最適な価格、サービスを選べる世界を実現する。

 その壮大な世界観を支えるのがテクノロジーだ。システムの設計、構築、運用とすべて内製しているのがオープンドアの特徴であり、大きな強みにもなっている。内製を続けるのは、ユーザー数のほか提携先、領域、言語、国など全ての要素が増え続け、縦横無尽に広がるサービスを支えるには、統一した意思とチームワークでスピーディーに実現する体制が不可欠だからだ。創業当初からずっと、自前で一から全てのシステムを構築してきた。

「例えば…」と、その膨大なシステムのごく一部を明かすのは、既に10年以上、『トラベルコ』のシステム構築に関わっている事業本部システム部開発運用課次長の齊藤正純氏だ。「『トラベルコ』はあえてオンプレで、物理サーバーを100台以上稼働させて対応しています」と齊藤氏。なぜなら、全提携先のデータを瞬時に扱うには、物理サーバーでなければ速度が出ないからだという。

 ユーザーに選ばれる、高い市場価値を持つサービスであり続けるために、様々な選択肢のなかから最良の技術や手法を選ぶ過程で、結果として昔からある安定した技術を選択することも少なくない。だが、同社は決して新しい技術に背を向けているわけではない。むしろ研究には積極的だ。社内では半年に一度、研究会を開催している。3~4人でチームを組み、『トラベルコ』に実装することを視野に、新しい技術をじっくり研究して成果を発表する場だ。実際にそこから多くのものを導入してきた。

 「負荷対策をはじめ、どんなに手を講じても、拡大一途であるサービスを支えるために、常に進化が必要な刺激的な環境です。『ここまでやれば終わり』ということはなく、技術ハードルも高い。でもそれがやりがいであり、構築から運営までを一気通貫で手がけるなかで確実に技術力は上がっていきます」(齊藤氏)

創業当初から技術を重視し、現在も160名余りの社員のうち約4割がエンジニアだ。彼らの存在が、同社の強みの一要素になっている。
公正な評価と働きやすい環境が魅力。同好会活動やイベントもある楽しい社風
そんなオープンドアが掲げるミッションは「変化する市場ニーズに迅速に対応し、最速のスピードと最高のクオリティをもって顧客満足No.1を達成する」。社長の関根氏は「妥協せずに完全な仕事をする」と、力強く決意を述べる。システム部隊だけでなく、他の部署、職種の面々も、それぞれが自分の持ち場で最高のパフォーマンスを発揮すべく、努力を重ねている。関根氏は「一人一人がプロフェッショナルに。競争力のある人材に」と、社員への思いも口にする。

誰もが存分に力を発揮できるように、公正な評価と働きやすい環境づくりにも腐心する。特に評価は、成果を正しく評価し、しっかりと役職や報酬で報いるものとして、社員にも好評だ。システム部の齊藤氏も、「僕は既にこの会社に13年半いますし、システムのメンバーもほぼ辞めません。その要因は色々ありますが、正しく評価されているという実感があることが大きいと思います。エンジニアの評価は難しいですが、細かく評価項目を設定し、本当によく見てくれていると思います」と言う。

「プロフェッショナルであれ」と仕事に対しては厳しいが、これは仕事に対して本気であることの表れであり、プライベートではとても仲が良い。社員間のコミュニケーションは極めて良好で、福利厚生の一つである同好会活動も盛んだ。スキー、バスケットボール、ボルダリングといったさわやかなスポーツ系もあれば、観劇や工芸、変わったところではモデリング(=プラモデル)も。ミニ四駆のプラモデルを作り、走らせる楽しそうな社員の姿が印象的だ。毎年初夏には、社員とその家族が総出で、海で地引網を楽しむ。太陽の下、自分たちで魚を獲り、その場で食べる社員にも人気のイベントだ。

 一部上場企業だけに労務管理も万全で、残業時間は平均してやく20時間程度だという。時間中は全力で仕事に挑み、オフの時間も充実している。頑張った分だけ正当に評価され、自らも成長できる。そして何より、世界を舞台にサービスを展開する。オープンドアはこのように、魅力的な要素にあふれる会社だ。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
▼書類選考
▼1次選考
▼課題選考
▼内定
※書類選考の際、ポートフォリオ(実績URLなど)、ロゴやアイコン等のイラスト作成実績がある方はそちらもお送り下さい。
採用人数
1
応募資格
■必要な能力経験
【必須】
◆WEBデザイナー2年以上の実務経験 (Adobe Photoshop、Illustratorによるデザイン制作)
◆UI/UX、ユーザビリティを考慮したデザイン経験

【歓迎】
◆AdobeXDの利用経験、アプリのUIデザイン経験

この企業の募集職種

WEBデザイナーについて知ろう

WEBデザイナーに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。「ウェブデザイン技能検定」という特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が主催する検定はありますが、これがないと仕事ができないわけではありません。デザインの作成スキルは必要になりますが、実際の業務を経験しながら体得することも多く、最初から高いデザインスキルが必要というわけではありません。そのため美術大学の出身である必要はなく、まずWeb制作会社に入社し、経験を積みながら覚えていくという流れが一般的です。また、あわせてコーディングなどのWebの知識もあるとよいでしょう。
WEBデザイナーどんな人に向いている?
デザイン関係の仕事に就きたい人は勿論のこと、チームでひとつのことを成したい人、相手のことをしっかり考えられる人が向いています。ひとつの制作にはWebデザイナーだけではなくプロデューサーやディレクター、プログラマー、マーケティングなどさまざまな人たちが関わります。また、デザイナーはデザインだけをやっていれば良いわけではなく、企画の意図や目的を理解し、具現化する力や、サイト利用者の気持ちになって使いやすさを追求する必要があるため、チームで動くのが好きで、相手のことをしっかり考え、意見を述べられる人に向いています。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ