1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関東 >
  3. 東京都 >
  4. 渋谷区 >
  5. 企画・管理・事務 >
  6. 企画・マーケティング系 >
  7. 事業企画、事業プロデュース >
  8. 株式会社 DouYu Japanの転職・求人詳細

掲載終了

株式会社 DouYu Japanの求人・転職・採用情報は掲載が終了しています。
現在募集中の求人情報は、下記のリンクよりご覧ください。

この企業の募集職種

キャリアインデックスは転職のすべてがわかるサイト!

  • ポイント①取り扱い求人数は日本最大級。あなたにピッタリな求人が見つかる!
  • ポイント②履歴書・職務経歴書のサンプル充実。サクサク簡単作成!
  • ポイント③あなたに合った職業を診断、結果に応じた求人を検索!

まとめてサービスを利用するなら、まずは会員登録!

まずは会員登録(無料)

事業企画、事業プロデュースの他の求人はこんなものがあります

お探しの求人は募集が終了しました。

掲載期間:〜2021年04月13日まで

  • 正社員

株式会社 DouYu Japan

【イベント企画・推進】中国最大級ライブ配信プラットフォーム×日系大手総合商社のJV

【当社に関して】
当社は、中国の最大級ストリーミング配信プラットフォーム「Douyu」(斗魚)と日本の大手総合商社・三井物産のJVで、日本で2019年10月より『ミルダム』というeスポーツ主軸(他、アニメ・音楽・映像等のエンタメ)のライブ動画配信プラットフォームを運営してます。

「Douyu」は、登録ユーザー2.5億人(日本の総人口の約2倍)、配信者数は600万人と中国では知らない人がいないくらい、巨大なプラットフォームを形成しております。

当社のミッションは「いまつながる、いまかなえる、いま楽しくなる」、ライブ配信プラットフォームを通じて、一人でも多くのユーザーに、今以上の「いま」で満たせる世界を実現したいと強く思っています。

今後はアメリカ・日本と並び巨大なゲーム市場である日本で、「Douyu」のノウハウやJVとしての資本力等を活かし、マーケットを拡大させていく予定です。

【ライブ配信市場に関して】 
ライブ配信市場は、2018年:132億円→2020年:7442億円に達すると予想されており、特に、eスポーツは成長期待が大きく、既に中国やアメリカでは大規模マーケットが形成されています(例:世界賞金の賞金額は2ケタ億円に達する等)。

今後5Gの台頭により、映像や音声の品質向上、遅延解消、VRの活用等で、よりハイクオリティなライブ感が演出が出来、新型コロナウイルスの影響によるパラダイムシフトにより、日本人の価値観が大きく変わろうとしていることからも、今非常に注目を浴びているマーケットでもあります。

当社では、芸能事務所、著名な動画配信事業者、インフルエンサー等との契約があり、会員数は好調に伸び、多くのアクティブユーザーを抱えています。

募集要項

仕事詳細
同社ライブ動画配信プラットフォーム『Mildom(ミルダム)』において、イベント領域をお任せ致します。

ご経験やご志向に応じて、ご経験やご志向に応じて、ミッション・領域を決定致します。下記、(1)(2)のいずれかの業務ないし兼務を頂くことを想定しています。

(1)オンラインイベントの企画・推進
・市場分析/競合調査
・イベントを通したプラットフォームのブランディング戦略
・オンラインイベントやキャンペーンの企画
・各種ステークホルダーの進行管理
・イベント当日の運営
・各種データ分析/改善提案
・他部署へのレポート/提案/連携
・業務フローの構築/改善 等

※1 市場分析/競合調査/モニタリングを通じて、ライブ配信及びゲーム業界のトレンドを常に注目し、対応策を講じて頂きます。
※2 配信者&ユーザーのユーザーエクスペリエンス向上に向けたイベント/キャンペーン/コミュニティ等々、様々な企画・提案をして頂く予定です。
※3 今後の組織・事業拡大に伴い、ゆくゆくは、戦略策定/予実管理/ピープルマネジメント等もお任せする可能性もございます。

(2)オフラインイベントの企画・推進
・市場分析/競合調査
・オフラインイベントの企画
・会場や演者等、必要なリソースを確保/打ち合わせ
・各種ステークホルダー(社内/提携企業/協力会社)の進行管理
・イベント当日の運営
・各種データ分析/改善提案
・他部署へのレポート/提案/連携
・業務フローの構築/改善 等

※1 市場分析/競合調査/モニタリングを通じて、ライブ配信及びゲーム業界のトレンドを常に注目し、対応策を講じて頂きます。
※2 配信者&ユーザーのユーザーエクスペリエンス向上に向けて、イベントコンテンツかグッズ販売等々に至り、様々な企画・提案をして頂く予定です。
※3 今後の組織・事業拡大に伴い、ゆくゆくは、戦略策定/予実管理/ピープルマネジメント等もお任せする可能性もございます。
職種
事業企画、事業プロデュース
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
東京都
勤務地(住所)
東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル 19階
交通
原宿駅徒歩8分
北参道駅徒歩5分
他 明治神宮前(原宿)駅、表参道駅
給与・年収
400万円〜800万円

※6カ月間の試用期間があります。その間の待遇・給与に変更はありません。
待遇・福利厚生
■社会保険完備(健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険)
■通勤交通費全額支給
休日・休暇
完全週休2日制(土日祝)、年末年始休暇、夏期休暇、有給休暇、年間休日120日以上

企業情報

会社名
株式会社 DouYu Japan
(企業カナ名称:カブシキガイシャ ドウユウジャパン)
本社所在地
東京都渋谷区神宮前2丁目34-17 住友不動産原宿ビル
設立日
2019年08月
資本金
33億円
代表者
代表 陳 少傑
従業員数
92人
URL
https://www.mildom.com/
事業内容
ライブ動画配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」の運営
• PC・家庭用ゲームやスマホゲームを誰でも気楽に配信/視聴出来るライブ動画配信プラットフォーム「Mildom(ミルダム)」を運営。主な配信内容は、ゲームの実況プレイ及びesports大会や関連イベントの生中継。

•配信者が創り出すゲーム内での凄技やエンタメ性にスポットライトを当て、数多くの人々が楽しめるプラットフォーム構築を目指します。

• ライブストリーミング業界最高水準の技術により、高画質低遅延を実現。配信者と視聴者のリアルタイム且つインタラクティブなコミュニケーションを可能にします。

その他・PR

中国最大級のライブ動画配信プラットフォームDouYu(斗魚)と三井物産のジョイント
株式会社DouYu Japanは、2019年8月に設立された、中国と日本のジョイントベンチャー。DouYu(斗魚)は、中国最大級のライブ動画配信プラットフォーム。ゲーム実況のライブストリーミングをメインに、登録ユーザー数2.5億人、1.5億人の月間アクティブユーザー数(MAU)1.5億人、登録配信者数600万人を誇る。

2018年に東南アジア市場へ参入を果たしたDouYu(ドウユウ)は、2019年7月NASDAQに上場し、7億7,500万ドル(約826億円)の資金を調達に成功。中国・アメリカと並ぶ大きなゲーム市場である日本へ進出するため、三井物産とタッグを組んで株式会社DouYu Japanを設立した。

「中国最大手のゲームライブストリーミングを運営する会社から見れば、日本は魅力的な市場です。ゲームだけでなく、アニメや映画、音楽等のコンテンツが豊富で、どれもハイクオリティの物が揃っています。一方で、市場が成熟且つ複雑化しており、文化も異なるため、長く日本国内でコンテンツビジネスを手掛けてきた三井物産とタッグを組むことで、ローカライズを進め、ゲームライブストリーミングを日本に定着させます」(CEO兼CAO・長瀬太陽氏)。

中国やアメリカとは異なり、日本においては、ゲームは収益に繋がりにくい市場と考えられている。プロゲーマーの数や社会的な認知も中国・アメリカには及ばないし、ゲーム実況を仕事にしている人はもっと少ない。しかし、日本には世界的なゲームメーカーが多数あり、ゲームのユーザー数も多い。加えて、動画配信サービスのライブ配信(ストリーミング)よりも、動画共有サービスでの動画配信が広まっている。

「ライブ配信とゲーム実況の文化を広めるところから、当社のビジネスはスタートです。ライブ配信は動画配信に比べ、インタラクティブ性があります。リアルタイムで好きなゲーマーのゲームプレイを見ることができて、コメントのやり取り等、一方的に見るだけでなく視聴者も参加できる楽しさがあります」(COO・孫 煇氏)。

ゲーム実況の市場規模は、ゲーム市場の規模と比例しているという。その点でいえば、日本はゲーム実況とゲーム市場の規模に大きな隔たりがあり、伸びしろのある市場だと同社は認識している。ゲーム実況、ゲームライブストリーミングで先行する中国の技術とノウハウを生かして、日本でゲーム実況並びにライブ配信の文化を広めていくのが、DouYu Japanのミッションなのだ。
日本専用のライブ配信プラットフォーム『Mildom(ミルダム)』を新たに立ち上げ
株式会社DouYu Japanは、DouYu(ドウユウ)と三井物産のジョイントベンチャーであり、DouYu(ドウユウ)の創業者である陳少傑氏が代表を務めているが、日本では独自の動きを見せるという。そのため、中国のDouYu(ドウユウ)とは別に日本専用のライブ配信プラットフォーム『Mildom(ミルダム)』を新たに立ち上げた。

ゲームライブストリーミングは、言葉によるコミュニケーションが必要。だから、中国のDouYuを日本で使うよりも、専用のブランドを立ち上げて別のプラットフォームにした方が、日本のユーザーにとっての価値が高まる。中国と日本では、ユーザーが求める機能やインターフェイスも異なる。

「『Mildom』を使えば、誰でも簡単にゲームライブストリーミングが行なえます。一定の条件を満たす人には、『Mildom』が500円の時間給をお支払いします。パフォーマンスの人気に応じて昇給し、人気パフォーマーになると当社と専属契約を行い、月収制になります」(孫氏)。

『Mildom』のパフォーマーは、年齢、性別問わない。小学生でもお金が稼げ、社会人の副業にもなる。動画配信者のように広告収入で稼ぐのではなく、プラットフォームが対価を支払うためパフォーマーは収益化しやすく、短期間でパフォーマーを爆発的に増やすことができる。その背景には、同社の滑沢な資金状況がある。

「資本金8億円でスタートしましたが、これは半年用のトライアル資金で、中長期的には数百億円単位の資金を投入する用意があります。親会社のDouYuはナスダックで800億円の資金調達したところですし、三井物産も今後も継続的に資金を投入して『Mildom』のパフォーマーとユーザーを増やしていく計画。『投げ銭』と『ファンクラブ』でマネタイズするビジネスモデルも中国で成功済みです」(長瀬氏)。

親会社のバックアップは資金面だけではない。DouYuを中国で成功させた技術とノウハウをどんどん投入する予定だという。

「中国のDouYuでは、ゲームライブストリーミングからスタートしましたが、創業当時は中国でもゲームライブストリーミングは知られていない存在でした。そこを自ら先頭に立って市場を切り開いてきたノウハウがあります。創業者の陳少傑は自身がパフォーマーであり、その他のメンバーもゲーム好きが大半で、自分達が欲しいサービスを作り上げてきた経験があります。その経験値は日本で『Mildom』を広めるために大いに役立ちます」(孫氏)。

DouYuのノウハウだけでなく、三井物産のアセットやネットワークを駆使すれば、短期間でビジネスを大きくスケールする可能性は大きい。
規模とスピード感に溢れた体験!DouYuの技術力を土台に日本で進める新規事業
ライブ配信プラットフォーム『Mildom』の立ち上げと、日本におけるゲームライブストリーミング市場の創出は「DouYuの日本進出」ではなく、DouYuの技術や経験を土台に、株式会社DouYu Japanがイニシアティブを取って進めていく側面が高いという。

「当社代表の陳少傑は、DouYuが三度目の創業で、中国の動画共有サイトを立ち上げた人物でもあります。『DouYu Japanは私の四度目の創業』と言っているように、DouYu Japanは、DouYuの日本支社ではなく、新事業のスタートと考えています」(孫氏)。

ただし、ほかのスタートアップベンチャーとは違う。先述したように、DouYuと三井物産による、資金面、技術面での強力なバックアップがある。

DouYu Japanが持つ強力な武器の一つが、DouYuの技術力。中国のDouYuで働く2,500人のスタッフのうち、半数がエンジニア。ほかのテクノロジー企業のように、高年俸で優秀なエンジニアを集めて、技術にリソースを割いている。

「ライブ配信の画質には、特にこだわっています。画質が劣り、パフォーマーとユーザーが同じ体験をできないと、それだけユーザーのテンションが下がり、ユーザー体験も落ちます。遅延の軽減も同じ。パフォーマーの発言とユーザーのコメントにタイムラグがあると、さらにユーザーのテンションは下がります。タイムラグをなくさないとインタラクティブ性は確保できず、ライブ配信最大の魅力を棄損することに繋がります」(孫氏)。

さらに、DouYuには売上高世界最大の中国のゲーム会社の資本が入っている。ゲーム会社と連携し、オフィシャルのゲーム大会を開く等、ゲームメーカーとの連動企画が打ちやすい。

「中国のゲーム会社傘下のゲームをライブ配信すれば、パフォーマーが優遇される仕組みを作ることもできます。例えば、コメント数を稼ぐと、それに合わせてパフォーマーがゲーム内で何らかのメリットを享受できるようにすると、ユーザーがパフォーマーの応援・バックアップという形で参加できます」(孫氏)。

ユーザーが、視聴以外のリッチな体験をできるサービスにすることで、『Mildom』 もDouYuと同じく「投げ銭」と「ファンクラブ」によるマネタイズを考えている。広告を収入源にすれば「ユーザー価値」が損なわれると考えるからだ。

中国で成功したビジネスモデルを使って日本で新たな市場を創出するDouYu Japan。他のスタートアップベンチャーでは味わえない規模とスピード感にあふれた体験が待っている!

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
書類選考→1次面接→2次面接(最終面接)→内定
※場合によって選考回数が変更となることがあります。
応募資格
【必須】
・大学卒業以上の学歴
・WEBサービスにおけるプラットフォームでの企画・実行経験
(プランナー、事業開発、マーケティング関連職等)
・ユーザー向けのコンテンツ作成能力
・データ分析力、交渉力、実行力、コミュニケーション力
・ライブ配信への一定の知識、関心
・ゲームが大好きで「この業界で仕事がしたい!」と想い

【歓迎】
・中国語能力(HSK4級程度)
・芸能事務所やパブリッシャ—とのコネクション
・ゲーム会社/広告代理店/テレビ業界/デジタル配信事業者/コンサルティング会社でのIT企業担当等のキャリアをお持ちの方

【求める人物像】
・全体感を見据えて業務進行ができる
・責任感がある方
・スピード感をもって動ける方
・高い当事者意識を持ち、率先垂範出来る方
・チームメンバー、他の従業員全てをリスペクト出来る方
・向上心のある方

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:549万円です。男女比は男性・78%:女性・22%で、平均年齢は47歳です。これまでに平均2回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が41%・就業中の人が59%です。また、この業界には、英語スキルが中級(日常会話可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。