1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 技術(IT・ソフトウェア) >
  3. プログラマ系 >
  4. Web・オープン系プログラマ >
  5. EDOCODE 株式会社の転職・求人詳細
  • 正社員
  • 転勤なし
  • 服装自由

EDOCODE 株式会社

人に優しくをモットーに :) これからのサーバーサイドエンジニアを募集中!

EDOCODE 株式会社の求人情報

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
人に優しくをモットーに :) これからのサーバーサイドエンジニアを募集中!
仕事詳細
サーバーサイドエンジニアとして、ポイントモールサービスの開発を担当していただきます。

このポジションでは、「プログラミングの業務経験」についての制限は設けていません。その代わり、プログラミングに対する興味や学習意欲、また何より「Webサービスをつくること」への強い関心やこだわりを必須としています。

また EDOCODE では、チームでの開発を重視しています。一緒に仕事をするメンバーの個性や価値観を尊重し、思いやりを持って、人に優しくできる方を歓迎しています。

【 ポイントモールのサイト例 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三井住友VISAカード
「ポイントUPモール」

エポスカード
「たまるマーケット」

オリコカード
「オリコモール」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

上記以外にも、クレジットカード会社を中心に 20社以上のクライアントとポイントモールを運営しています。

【 この仕事で得られること 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本ポジションの魅力は、ソフトウェアの設計(アーキテクチャー)に関われることです。

EDOCODE では、プログラミングの経験やスキルよりも、エンジニアとしての設計能力を重視しています。エンジニアとして開発プロジェクトに参加したときに、ソフトウェアの設計や構造がすでに決まっている状態だと、プログラミングの作業にしか関わることができません。

ポイントモールの開発では、サーバーサイドエンジニアには設計から考えていただくことがほとんどです。EDOCODE はまだ小さな組織ということもあり、ひとりのエンジニアが担当する領域も広いです。

プログラミングだけではなく、ソフトウェアの設計も含めて能力を伸ばしていきたい、エンジニアとしてのキャリアを積んで行きたいという方には、きっと魅力を感じていただけると思います。

【 開発環境 】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
# OS
実行環境: Linux(CentOS, Ubuntu)
開発環境: Win/Mac(希望に応じて支給)

# Web サーバー
Nginx

# データベース
MySQL

# 監視
Nagios

# プログラミング言語
Perl(メインで利用)
Go(限定的に利用)

# バージョン管理
Git(GitLab)
Subversion

# グループウェア
G Suite

# コミュニケーション/タスク管理
Slack
JIRA/Confluence
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT
交通
【JR / 東京メトロ日比谷線】恵比寿駅
徒歩10分(ガーデンプレイス方面)
給与・年収
500万円〜900万円
待遇・福利厚生
【雇用形態】
・正社員(当初3ヶ月は試用期間として契約社員)

【勤務時間】
・フレックスタイム制(コアタイム 10:00~17:00)
・標準労働時間 8時間

【各種補助】
・書籍購入、セミナー参加、ランチ会などは全額補助
・社内フリードリンク(ハンドドリップ器具、Nespresso あります!)
・全額補助
・クラウド補助(AWS の利用料金を毎月の限度額内であれば会社が負担する制度です)

【保険】
・各種社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
※関東ITソフトウェア健康保険組合所属

【諸手当】
・通勤手当(月3万円まで)
・定額超過勤務手当
休日・休暇
・週休2日制(土日祝)
・慶弔休暇・産休・育児介護休業
・入社時点で 5日間の有給付与
・少し長めの年末年始休暇(2018年度実績: 9日間)
・自由度の高い夏季特別休暇(7月~10月の期間中に5日間、土日含まず)

企業情報

会社名
EDOCODE 株式会社
(企業カナ名称: カブシキガイシャ)
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿南1-24-2 EBISU FORT 1F
設立日
2016年06月
代表者
田村 鷹正
株式公開区分
非上場
従業員数
15人
URL
https://www.edocode.co.jp/
事業内容
「世界中の人びとに使われるプロダクトをつくる」
EDOCODE は世界中の人々に使ってもらえるサービスを構想し、開発することを目的に創業されたベンチャー企業です。どんな文化や国の人でも価値を感じられ、使うであろうことが見込まれるプロダクトをつくっていきます。多くの人が生活のなかで不便に感じていることを IT/Web技術を使って解決し、世の中をより良くするために貢献していきたいと考えています。
  • EDOCODE 株式会社の求人情報

その他・PR

私たちの事業について
基幹事業として、国内クレジットカード会社との協業によるポイントモールサイトを開発・運用しています。2010年に第一社目のクレジットカード会社と協業を開始し、2020年現在ではその数も20社以上に増えました。

このポイントモールサイトがあることで、金額換算で月に1億円以上をユーザーに還元することができています。私たちはこの金額をサービスの KPI として設定し、この金額を最大化するにはどうすれば良いかという視点で、日々のサービス開発を進めています。

またユーザーへの還元金額が大きくなるということは、ポイントモールを経由したオンラインショッピングの取引額が大きくなるということです。「ユーザーファースト」でサービスを常に改善し、それによってオンラインショッピングをもっと活発に、そして便利に利用できることを目指しています。

このポイントモール事業は、グループ親会社の Wano株式会社の一事業として始まりました。そして 2016年6月に、その事業部をスピンオフする形で EDOCODE株式会社が創業されました。安定した収益事業を持ちながらスピンオフした企業であるため、資金力が十分にありながらも、スタートアップ的なマインドセットでプロダクト開発を行うことができています。

創業からまもなく4年、EDOCODE はこれからいよいよ「世界中の人々に使ってもらえるサービス」を開発していきたいと考えています。
私たちのミッション
世の中には常に不便があると思います。その不便がどうやったらなくなるだろうかと考え、解決策を世の中に出していくことが、私たちの存在意義になると考えています。

ただビジネスをうまく回し、収益を得る。それだけの存在でも、社会の一部としての役割は果たしているかもしれません。しかし本当にやりがいを感じて取り組めるのは「お金稼ぎ」ではなく、世の中からの手応えを感じられる事業です。

まだ既存の事業でそれを実現できていませんが、少しでも世の中を前に進めるために、私たちができることから貢献していきたいと考えています。
私たちが大切にしていること
【リーン・スタートアップ/プロダクト開発】
現在、従来型のサービス開発・運用体制から、リーン・スタートアップ手法をとりいれた「プロダクトチーム型」への移行を進めています。

これまで弊社では、従来のIT企業でよく用いられる体制をとっていました。すなわち、「”頭の良いひと” の意見をもとに」「ウォーターフォール型で」「要件定義を行い」「スケジュール(WBS)に沿って」「プロジェクトマネージャーが管理する」「ディレクター・UI/UXデザイナー・フロントエンドエンジニア・サーバーサイドエンジニアが」「期日厳守で成果物を出荷する」ような体制です。
この体制の問題は、答えがわからない状況では、リスクが高すぎるということです。誰かが要件定義の時点で考えた最高のアイデアも、実際にユーザーが使うまで正しかったのかがわかりません。従来のウォーターフォール型の開発手法では、ユーザーが製品を触れるのは、製品がリリースされプロジェクトが終了する日です。製品がリリースされるまで事業の成否がわからないのは、リスクが高いと言わざるを得ません。

私たちはこの問題に対して、リーン・スタートアップ手法によるプロダクト開発を採用しようとしています。従来のプロジェクトマネージメントのように「期日(スケジュール)」にコミットするのではなく、「製品の成功」にコミットする体制です。これは成功するのかわからない製品を期日を守るためにつくるのではなく、あくまで一つの製品が「どうあれば」成功できるのかを検証し続けるアプローチです。
具体的な手法については「リーン・スタートアップ(エリック・リース著)」に譲りますが、EDOCODE ではこの手法を用いて、本気で世界に通用するプロダクトをつくっていこうと考えています。

【多様性/インクルージョン】
世界中の人びとに使ってもらうプロダクトが、多様性のない組織でつくれるわけがありません。EDOCODE が多様性/インクルージョンを掲げるのは、なにも格好をつけたいからではありません。私たちは本気で世の中に通用するプロダクトをつくりたいと考えているからです。

また「インクルージョン」という言葉を含めているのにも理由があります。昨今では「多様性(ダイバーシティ)」という言葉を聞く機会は増えてきました。しかし、「多様な人びと」がいるだけでは意味がありません。彼らを理解し尊重して始めて意味があるものと考えています。

現在の EDOCODE 社員の構成は、以下のとおりです。

(2020年3月時点)
# 性別
- 男性9人(60.0%) : 女性6人(40.0%)

# 国籍
- 日本 10人(66.6%)
- アメリカ 1人(6.6%)
- ネパール 1人(6.6%)
- 中国 1人(6.6%)
- 香港 1人(6.6%)
- イスラエル 1人(6.6%)

少し前に比べると、男女比や国籍では多様性が改善してきました。EDOCODE は、今後も多様性や個の尊重について理解ある方々と、ぜひ一緒に働きたいと考えています。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
【一次面接】
・EDOCODE や募集職種の説明
・候補者さまの経験やスキル、今後やられていきたいことの確認

 ↓↓

【二次面接】
・詳細なスキル/経験の確認
・EDOCODE とのマッチングを確認

 ↓↓

【ワークテスト】
・オフィスに一日来ていただいてのワークショップ形式の選考
・EDOCODE 社員との交流ランチ

 ↓↓

【面談(必要なだけ実施)】
・お互いの納得がいくまで面談を実施

 ↓↓

【オファー提示/内定】
採用人数
2~4
応募資格
【必須スキル・経験】
・設計能力
・Webサービスの開発経験
・プロダクト/サービス開発への興味や適正
・英語の API ドキュメントが読める

【歓迎スキル・経験 】
・Perl または Go の知識
・サーバーの知識
・監視の知識
・英語の情報からトラブルシューティングや開発が進められる

【求める人物像】
・人に優しい方
・プロジェクトの成功を第一に考える方
・プロダクト開発に情熱を持っている方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

Web・オープン系プログラマの他の求人はこんなものがあります

お仕事探しアドバイス

この求人のようなソフトウェア・情報処理業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、ソフトウェア・情報処理業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:464万円です。男女比は男性・75%:女性・25%で、平均年齢は45歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が44%・就業中の人が56%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。ソフトウェア・情報処理業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ