1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 営業 >
  3. 営業系 >
  4. 営業・セールス(法人向営業) >
  5. 株式会社 エブリーの転職・求人詳細
  • 正社員
  • 転勤なし

株式会社 エブリー

【ユーザー2000万人以上】日本最大級のレシピ動画メディア『DELISH KITCHEN』運営企業でアカウントエグゼクティブ(マネージャー候補)を募集!

株式会社 エブリーの求人情報

株式会社エブリーは『動画を通じて世界をもっと楽しく、もっと充実した毎日に』をミッションに事業を展開しています。

1人1台スマートフォンを持ち、通信スピードも格段に上がったことで、いつでもどこでもさまざまな情報に触れることができる時代。しかし、その大量の情報の中で、人々の生活をより楽しく充実させるコンテンツはまだまだ少ないと考えています。

さらに拡大する動画市場で、単なる娯楽に終わらない人々のライフスタイルを豊かにするようなコンテンツを提供し、 私たちの社会をもっと自由で充実した世界にしていきたいと考えています。

<弊社運営メディア・サービス>
■DELISH KITCHEN
 ー「だれでもおいしく簡単に作れるレシピ」を毎日配信するレシピ動画メディア
■MAMADAYS
 ー「ママの課題を解決する」をコンセプトとしたファミリー向け動画メディア
■TIMELINE
 ー「知的好奇心を刺激し、あなたの人生にきっかけを届ける」ニュース&エンタメ動画メディア

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【ユーザー2000万人以上】日本最大級のレシピ動画メディア『DELISH KITCHEN』運営企業でアカウントエグゼクティブ(マネージャー候補)を募集!
仕事詳細
現在2,000万人以上に利用されている日本最大級のレシピ動画メディア『DELISH KITCHEN』や、ママをメインターゲットとした動画メディアとしては国内最大規模である『MAMADAYS』などでは、業界トップクラスの食料品メーカーや消費財メーカーとのタイアップ案件や、新規クライアント獲得、広告戦略、広告商品の企画などをはじめ、クライアントや代理店との長期的なお付き合いにつながるようなリレーション構築に取り組んでおります。

特にDELISH KITCHENでは、2017年末からはオンラインにとどまらず、クーポン配布や全国のお店の特売情報の提供などを通じ、小売・流通と連携したオフライン領域にまでサービスを展開しています。
今後は各メディアにおいてオンラインとオフラインを融合したフルファネルマーケティングの実現に向けた取り組みを拡大していきたいと考えております。

主な業務内容
・営業戦略立案・実行
・総合代理店やナショナルクライアントとのコミュニケーションプラン設計
・クライアントのマーケティング課題解決に向けた広告戦略の企画提案
・新たな広告商品の企画提案
・グループ目標達成やメンバー育成のためのマネジメント
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都港区六本木住友不動産六本木グランドタワー38階
交通
東京メトロ南北線 六本木一丁目駅直結
給与・年収
700万円〜1000万円

[給与]経験・能力を考慮の上、当社規定により決定します
[昇給]年2回(2月・8月)※弊社規程に基づく
[賞与]業績に応じて支給
待遇・福利厚生
■就業時間
10:00~19:00
フレックスタイム制(コアタイム/10:30~15:30)
※標準労働時間1日8時間
※フレキシブルタイム/7:00〜22:00

■待遇
・試用期間:入社後3ヶ月(本採用と同条件)
・交通費支給(上限3万円/月)
・インセンティブ制度あり
・社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)

■福利厚生
・チームビルディング制度(毎月1回、チーム懇親会費を補助)
・ピアボーナス制度
・慶弔見舞金制度
休日・休暇
完全週休2日制、祝日、夏季休暇(7〜9月のうち3日)、年末年始休暇、年次有給休暇(初年度は入社時に10日間付与)、介護休暇、看護休暇、生理休暇、慶弔休暇、産前産後休暇、育児休暇
配属部署
マーケティングソリューションズグループ
(担当メディアについては選考の中でご相談させてください。)

企業情報

会社名
株式会社 エブリー
(企業カナ名称:カブシキガイシャ エブリー)
本社所在地
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー38階
設立日
2015年09月
資本金
1億円
代表者
代表取締役 吉田 大成
株式公開区分
非上場
従業員数
300人
URL
https://corp.every.tv/
事業内容
■動画メディア事業
■タレントマネジメント事業
■広告事業
  • 株式会社 エブリーの求人情報

その他・PR

動画の伝える力に着目し、人々の生活に役立つ動画メディアを目指して起業
株式会社エブリーは、動画メディアを運営する会社だ。現在、レシピ動画メディア「DELISH KITCHEN」、ファミリー向け動画メディア「MAMADAYS」、ニュース&エンタメ動画メディア「TIMELINE」の4つのメディア・サービスを運営している。動画は、FacebookやInstagram、YouTubeなどのSNSを使って配信。いずれも評判を呼び、2015年にサービスをスタートして以来、ユーザー数は右肩上がりに増加している。中でも『DELISH KITCHEN』は2,000万人以上のユーザーに利用されている。

この会社を立ち上げたのは、元グリー取締役の吉田 大成氏だ。まだ社員20人ほどの規模だったグリーに入社し、責任者兼エンジニアとして数々のゲームタイトルを立ち上げ、日本のみならず海外にも広めた人物だ。グリー成長の立役者の一人であり、もっと言うなら、モバイルゲームの市場を作り、今や1兆円規模となった日本のモバイルゲーム市場の成長に大いに貢献した人物でもある。

吉田氏は2015年9月に新たな挑戦をするためにエブリーを立ち上げた。
事業ドメインとして動画領域に目をつけたのは、YouTubeなどの動画メディアが猛烈な勢いで伸び、可能性を感じたからだ。
「個人が情報発信やコンテンツ配信できたりと、これから動画の領域が伸びるだろうという思いがありました。また一人一台スマートフォンを持ち、場所や時間を問わず、好きなコンテンツを見られる環境が整ってきました」。吉田氏は起業当時の事業環境を振り返る。「そのなかで、見られるのはおもしろコンテンツだけなのか。『いや、そうではない』と思ったのです。より生活に役立つコンテンツを動画でお届けできたら、みんなの生活が便利になる。そう思ったのが会社をつくるきっかけです。」吉田氏は言う。


「動画は圧倒的に情報量が多く、伝える力がある。これからは、あらゆるものが動画に置き換わっていくのではないか。」そう考えた吉田氏は、挑戦の場に動画メディアを選んだ。その見込みは当たり、動画メディアや動画コンテンツは急速に人々の生活に溶け込み、エブリーが提供するコンテンツの視聴者数も右肩上がりで増加。

ファミリー向け動画メディア『MAMADAYS』、ニュース&エンタメ動画メディア『TIMELINE』といったメディアにおいても着実にユーザー数を伸ばし、多くのユーザーの心をつかんでいる。


【主な受賞歴】
・Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング RISING STAR AWARD」第1位
・日本アドバタイザーズ協会「Web人賞」
・App Store/Google Play総合ランキング:1位(2017年4月)
・Google Pley「ベストオブ2017」Top 5 アプリ部門、デイリーヘルパー部門の2部門入賞
・App Store 2017トップAppにランクイン、「今年のトレンド」に選出
今後は、流通・小売との連携により「食」にまつわる全てのフェーズをサポートするプラットフォームを目指す
今までのエブリーのビジネスは、広告が主な収入源であった。クライアントには誰もが知っているような有名企業が多い。
吉田氏は「大変ありがたいことに多くのお問い合わせをいただいて、徐々に広がっていった感じです」と当時を振り返る。『DELISH KITCHEN』が瞬く間に広まり、それを見たクライアントから問い合わせが来る。

若者を中心にテレビ離れが進むなかで、商品やブランドの認知度を上げる手法を企業は模索している。
そんな企業の課題への解決策として、『DELISH KITCHEN』などエブリーのコンテンツは極めて有望だった。『DELISH KITCHEN』の中では、ブランドコンテンツと呼ぶ、広告主の商品を使ったレシピ動画がある。普段から好きで視聴しているレシピ動画と同じテイストで作られているため、ユーザーも自然に受け入れることができる。
「広告の好感度は90%という驚異的な数字になっています。既にファンになっていただいているユーザーの方なので広告主様のメッセージがポジティブに伝わりやすく、『DELISH KITCHEN』が紹介するなら買ってみようという反応につながる。クライアント企業様にも期待していただいていると思います。」(吉田氏)

ブランドコンテンツは2016年からスタート。取引実績のあるクライアントを着実に拡大し、広告収入に繋げてきた。ただし、これはあくまでも通過点。広告収入だけに頼らない様々なマネタイズ手法を確立していく考えだ。
その一つが「OMO(※)への挑戦」である。
※OMO=「Online Merges (with) Offline」を略した言葉

「いま一番強化しているのが流通・小売との連携です。提携しているスーパーに店頭デジタルサイネージを置いてもらったり、アプリの中でもデジタルクーポンやWEBチラシの配信を行うなどして買い物をトータルサポートする、ということを目指しています。
2019年7月に伊藤忠食品株式会社(以下、ISC)との資本業務提携を行いました。エブリーのデジタル領域の知見やコンテンツ力と、ISCがこれまで培ってきた小売業・メーカーとの接点や売場提案力を掛け合わせ、次世代の技術を活かした販促提案を推進していきたいと思っています。流通・小売に向けた販売促進や送客施策のデジタル化の推進はもちろん、メーカーに向けた多面的な露出機会も引き続き提案していきます。」と吉田氏。

オンラインとオフラインの垣根を超えたサービス提供概念「OMO」のもとサービス展開することにより、さらなる事業拡大に挑戦していく。
様々な分野のプロフェッショナルが互いにリスペクトしあい力を発揮
2018年10月に移転したオフィスには、スタジオも完備している。動画のコンテンツを内製していることも、エブリーの大きな特徴だ。少数精鋭の組織ながら、ディレクターだけでなく映像や料理、ファッション、広告など様々な領域のスペシャリストが集まっている。動画メディアに大きな可能性を感じてジョインしたメンバーばかり。

組織はフラットで、多様性を大事にする。「みんながお互いにリスペクトし、コラボレーションすることで、より大きな価値を生み出していきたい」。吉田氏は、目指す組織像をこのように話す。このフラットな組織を維持しながら、これからも引き続き強化していくのがエンジニアリングだ。良いコンテンツを多くの視聴者に見てもらうには、このメディアに最適な土台と見せ方が必要だ。例えば1,600万以上のダウンロード数を誇る『DELISH KITCHEN』のアプリは、「レシピに出会える」ということを一番念頭におき、作られている。「主婦の方にお話を聞くと、材料を入力してレシピを検索することはできるけど、そうではなく、『今日は何を作ろうかな』という悩みに答えるアイデアがほしいと言う声が多かった」と吉田氏。
ユーザーに入力させない、検索させないということをゴールに、レコメンドの精度を上げていく。そんな今まで満たせていなかったニーズに『DELISH KITCHEN』は答えた。それを可能にしたのは、徹底してサービス改善に取り組んできたエンジニアの力量と情熱だ。

ユーザー、トラッフィックともに日々増加しており、今後もなお、加速度的に増えていくだろう。現在、これを支えているのは、大規模Webサービスの構築、運用を手がけて来た凄腕のエンジニアだ。日々蓄積される膨大なデータを分析し、次の施策に活かすにもエンジニアリングは不可欠だ。吉田氏自身がもともとエンジニアとしてキャリアをスタートしたこともあり、その大切さは誰よりもわかっている。エンジニアリングの強化とコンテンツの充実の両輪で、さらなる成長を目指す。


「動画を通じてもっと楽しく、もっと充実した毎日に」というミッションを掲げるエブリーでは、嘘や間違いのない「プロコンテンツ」であること、最新の「テクノロジー(AI)」を取り入れること、そして新しい「UX」を生み出しお客様に届けていくこと、を強みとし、より多くの人に必要とされる生活必需品サービス作りに今後も取り組んでいく。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
書類選考→面接(2〜3回)→内定
応募資格
・事業責任者やマネージャーとして、組織をリードしてきたご経験

上記に加えて下記いずれかのご経験をお持ちの方
・ネット広告業界に在籍し、ブランド広告主様に対するアカウントプランニングの経験をお持ちの方
・広告会社/総合広告代理店において、デジタルマーケティング領域も担当されていた方
・ブランド広告主様側で、ブランド戦略・マーケティング領域の業務をご経験されてきた方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:510万円です。男女比は男性・72%:女性・28%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が43%・就業中の人が57%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ