1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. クリエイティブ系 >
  3. インターネット・WEB系 >
  4. WEBデザイナー >
  5. コネヒト 株式会社の転職・求人詳細
  • 正社員
  • 学歴不問
  • 転勤なし
  • 服装自由

コネヒト 株式会社

【UI/UXリードデザイナー】月間700万人が利用する巨大メディアのUI/UXリードデザイナーを募集!

コネヒト 株式会社の求人情報

【仕事の魅力】
・ 3人に1人の新ママが使うサービス、ブランドのさらなる発展に、CSという切り口から深く携われます。
・ 「日本の出生率」や「女性の働きやすさ」「子どもの教育」などの社会性の高い課題にアプローチしうる事業に、自分の活躍次第でダイレクトにインパクトを及ぼせます。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【UI/UXリードデザイナー】月間700万人が利用する巨大メディアのUI/UXリードデザイナーを募集!
仕事詳細
■コネヒト株式会社は「人の生活になくてはならないものをつくる」をミッションに、家族のライフイベントにおける意思決定をITの力でサポートする会社です。

■現在は、家庭の中心にいる女性の選択を支えるアプリ「ママリ」を運営しています。

■「ママリ」はママ向けNo.1アプリ*1、情報メディアを展開する、国内最大級のママ向けサービスです。
・月間閲覧数約1億回、月間投稿数150万件、2019年に出産した女性の3人に1人*2が会員登録をしています。
・「ママの一歩を支える」というミッションのもと、記事やQ&Aのやりとりを通してママが抱える悩みごとを解消しています。多くのさまざまなママたちの声が集まる場という特徴を活かし、購買判断を支える「ママリ口コミ大賞」や行動したママを受け入れやすい社会をつくる「変えよう、ママリと」プロジェクトを開始。家族の意思決定者であるママを支えてまいります。

*1:妊娠中〜2歳0ヶ⽉の⼦供を持つ⼥性1,084⼈を対象とした調査より「現在使っているアプリ(妊娠・⼦育て系) をすべて教えてください」で第1位(2019年3⽉実施、調査協⼒:インテージ)。

*2:「ママリ」内の出産予定日を設定したユーザー数と、厚生労働省発表「人口動態統計」の出生数から算出。

【業務内容】
・ママの一歩を支えるブランド「ママリ」が提供する Q&AコミュニティアプリのUX/UIデザインおよびクリエイティブ制作などのデザイン業務
・デザインチームのマネージャーとして、ピープルマネジメントの業務、組織作りや戦略・目標設定の策定、メンバーのマネジメント

【ツール/開発環境】
・UI設計 : Figma
・グラフィックデザイン : Illustrator, Photoshop
・コミュニケーションツール : Slack, Asana
・開発 : GitHub
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都港区三田1-2-17 MSビル4階
交通
最寄り駅:麻布十番駅(南北線)または赤羽橋駅(大江戸線)徒歩8分以内
給与・年収
500万円〜800万円

※経験・スキルなどを考慮の上決定します
待遇・福利厚生
各種社会保険完備
交通費一部支給
ランチ補助制度あり
家賃補助
ミネラルウォーター飲み放題(適宜お菓子あり)
会社主催の隔週勉強会(その折には会社補助ランチ)
勉強会参加費用の一部補助
休日/休暇
休日・休暇
週休2日制(土・日)
祝日休み
年末年始休暇
配属部署
エンジニアチーム

企業情報

会社名
コネヒト 株式会社
(企業カナ名称: カブシキガイシャ)
本社所在地
〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス5階
設立日
2012年01月
代表者
大湯 俊介
株式公開区分
非上場
従業員数
60人
平均年齢
31.0歳
URL
http://connehito.com/
事業内容
家族の一歩を支える情報メディア/Q&Aアプリ「ママリ」の開発・運営
  • コネヒト 株式会社の求人情報

その他・PR

求人の背景
ユーザー数月間700万人を突破し、事業拡大に伴いデザイナーを募集しています。
この仕事で得られるもの
コネヒトでは各メンバーが企画から開発、改善までを一貫して担当しています。そのようなボトムアップな環境で、ユーザーのニーズを捉え、それを反映したプロダクト開発、クリエイティブ制作を手掛けることができます。
また実際にママとして生活している社内メンバーと協力しながら自身のアイデアをサービスとして形にしていく、他社ではなかなか経験することがないスタンスで開発を行えます。
月間利用者600万人!「ユーザーの記憶に一生残る」サービスを手がける!
■会社概要
コネヒト株式会社は「人の生活になくてはならないものをつくる」をミッションに、家族のライフイベントにおける意思決定をITの力でサポートする会社です。
現在は、家庭の中心にいる女性の選択を支えるアプリ「ママリ」を運営しています。

------------------------------------------
■家族の課題が集まる場
「ママリ」は、2018年に出産した女性の3人に1人が利用するQ&A アプリです。
月間投稿数は200万件以上。質問への回答率は約95%。
約100秒でユーザーからアドバイスをもらうことができます(最頻値)。
育児の不安から保育園選び、再就職、住宅・保険の選び方まで、
「現代の家族が抱える課題」が集まり、ユーザー同士で支え合い解決する場となっています。
同名のニュースメディア「ママリ」とあわせて、月間閲覧数約1.5億回あり、月間約700万人がママリを利用しています。
(※各数字は2019年3月時点のものです)

------------------------------------------
■ママリ=ママ向けアプリNo.1
2017年8月、インテージが実施した1,023人のママを対象とした調査では、
 ・認知度
 ・利用率
 ・好きなアプリ
で「ママリ」が、妊娠・子育て専門アプリNo.1という結果になりました。
(※2017年8月実施 妊娠中~2歳0ヶ月の子供を持つ女性1,023人を対象とした調査より)
「意思決定者である女性の ”一歩を支える” ことで、家族の納得できる選択を増やす」
家族の中心にいるママの課題に向き合い、支えることで家族全体に笑顔の瞬間を増やすことがママリの目標です。
「意思決定者である女性の ”一歩を支える” ことで、家族の納得できる選択を増やす」
■「ユーザーの一歩を支えられているか?」
家族の意思決定者である女性が後悔しない選択をするための「理由」にママリはなりたいと思っています。
そのためにコネヒトでは、エンジニアも編集者もすべてのスタッフが「本当に使いやすいサービス設計になっているか?」「ママリユーザーの一歩を支えられるコンテンツとは何か?」常に自問しながらサービスに向き合っています。

■90%以上がママリをきっかけに「購買経験あり」
実際にアプリ内の調査では、ママリユーザーの90%以上が「ママリの情報・助言をもとに商品を購入した経験がある」と回答しています。
購入した商材としては、日用品はもちろん、自動車や住宅、保険等の「大きな買い物」も挙げられました。
(※2016年3月 アプリ「ママリ」のユーザー916名を対象とした調査より)

家族を動かすファクターと直接つながりサポートすることで、より大きな市場を動かす可能性をママリは持っています。

「KDDIグループの資産を活かし、No.1のその先へ」

■KDDIグループの資源を活かした課題解決
2014年5月のリリース以来コネヒト単独でママリを運営してきましたが、2017年9月より新たに親会社であるKDDI株式会社と協業し、アプリ運営を行っています。
今後、KDDIグループの豊富な資源を活かし、グループ内の幅広い領域のサービスと連携することで、ユーザーの課題に対してより幅広い解決策の提案が可能になります。

■有料会員サービス「ママリプレミアム」
協業の第一歩として、2017年9月7日よりママリの有料会員向けサービス「ママリプレミアム」の提供を開始しました。
グループ会社と連携し、約40種類の「クーポン」や「自転車保険」等の限定機能をお届けしています。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
CTO面談→現場面談→CEO面談
採用人数
1
応募資格
【必須(MUST)】
・iOS/AndroidアプリおよびWebサービスのUX/UI設計の実務経験(5年以上)
・iOSのヒューマンインターフェースガイドラインやGoogleのマテリアルデザインガイドラインへの理解
・プロダクトに対する戦略・仕様をディレクターやエンジニア、他のデザイナーと対話しながらチームで働いてきた経験
・マネジメントに興味があり、これまでチームやプロジェクトをリードしてきた経験
・バナー制作など、Webデザインに必要なグラフィックデザイン経験

【歓迎(WANT)】
・ユーザーインタビューなどの定性調査のご経験
・ブランドアイデンティティ、コーポレートアイデンティティなどブランド設計のご経験
・紙媒体やパッケージデザインなどのグラフィックデザイン
・ママリのテイストに合うイラスト制作
・デザイナーの評価制度の策定及び運用経験

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

WEBデザイナーの他の求人はこんなものがあります

WEBデザイナーについて知ろう

WEBデザイナーに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。「ウェブデザイン技能検定」という特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が主催する検定はありますが、これがないと仕事ができないわけではありません。デザインの作成スキルは必要になりますが、実際の業務を経験しながら体得することも多く、最初から高いデザインスキルが必要というわけではありません。そのため美術大学の出身である必要はなく、まずWeb制作会社に入社し、経験を積みながら覚えていくという流れが一般的です。また、あわせてコーディングなどのWebの知識もあるとよいでしょう。
WEBデザイナーどんな人に向いている?
デザイン関係の仕事に就きたい人は勿論のこと、チームでひとつのことを成したい人、相手のことをしっかり考えられる人が向いています。ひとつの制作にはWebデザイナーだけではなくプロデューサーやディレクター、プログラマー、マーケティングなどさまざまな人たちが関わります。また、デザイナーはデザインだけをやっていれば良いわけではなく、企画の意図や目的を理解し、具現化する力や、サイト利用者の気持ちになって使いやすさを追求する必要があるため、チームで動くのが好きで、相手のことをしっかり考え、意見を述べられる人に向いています。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:513万円です。男女比は男性・71%:女性・29%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均2回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が43%・就業中の人が57%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ