1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. クリエイティブ系 >
  3. インターネット・WEB系 >
  4. WEBデザイナー >
  5. 株式会社 メドレーの転職・求人詳細
  • 正社員
  • 学歴不問
  • 転勤なし
  • 服装自由

株式会社 メドレー

【社長直下/コーポレートブランディングデザイナー】社会課題をテクノロジーで解決する医療ベンチャー、コーポレートブランディングチーム・デザイナーを募集します。

株式会社 メドレーの求人情報

私たちはインターネットの力で「医療の新しいインフラ」の実現をしていくことでその課題を解決し、次世代の医療を変えていけると信じています。

現在は4つの事業を展開中です。
・医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」
・クラウド診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」
・医療介護福祉の人材採用システム「ジョブメドレー」
・医療につよい介護施設・老人ホームの検索メディア「介護のほんね」

今後も積極的に新規事業への投資を行っていくので、急成長フェーズのサービスに携わることができます。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【社長直下/コーポレートブランディングデザイナー】社会課題をテクノロジーで解決する医療ベンチャー、コーポレートブランディングチーム・デザイナーを募集します。
仕事詳細
2019年に10周年を迎えた弊社の、次の10年の組織戦略を考える部署として、2019年より社長直下で組織戦略推進室が設置されました。「10年後の弊社をデザインし、その実現に向けた課題に取り組む」ことをミッションとして、現在組織の課題や組織のブランディングを中心に取り組もうとしており、その一環としてプロデューサー、エディトリアルディレクター、デザイナーから成るコーポレートブランディングチームを立ち上げたいと考えています。

直近では、以下のようなプロジェクトに取り組みたいと考えています。
・コーポレートサイトの運営やオウンドメディアの立ち上げ
・オフィスデザインのコンセプト設定と具体的なプランニング
・採用力を引き上げるためのメディア露出や動画コンテンツ制作のプランニング
・会社紹介資料や冊子の企画と作成

その中で、デザイナーの方には、目指したいゴールイメージを、Web上のあらゆるクリエイティブ(PR/IR/HR資料とかも含む)だけでなくオフィスの空間設計や、オフィス外にコンセプトを表現するための新しい空間そのものを作り上げるところまで、デザインの力でレバレッジをかけて表現する領域をお任せしたいと考えています。


【弊社にデザインに関する考え方】

「医療ヘルスケアの未来をつくる」という会社のミッションを達成するためには、「自分達が作っているプロダクトがどのような課題を解決するためのものか」を正しく理解した上でデザインを活用し、将来の新たなエコシステムを築くものであることが大切です。そのためには、単に「流行っている」「かっこいい」という視点でデザインするのではなく、医療機関や患者の立場を理解し「本当に課題解決に必要なものは何か」という視点でデザインすることが重要だと考えています。

弊社のデザイナーは、ただデザインするだけでなく、課題解決を実現するために必要な前提知識の理解やリサーチなど、デザインプロセスも重要視するため「BTC」の視点を重要視しています。すなわち、事業理解(Business)はもちろん、プロダクト開発においてエンジニアリングの理解(Technology)、クリエイティブ(Creative)のバランスが必要不可欠です。医療ヘルスケアの未来をデザインするという観点では、最近は社会の公器として「STC」(Society)の視点も重要視しています。
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
本社 東京都 港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
交通
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅西口改札直結
給与・年収
600万円〜1200万円

月収50~100万円
うち固定残業代161000円~321000円
みなし残業 60時間を含む

経験・能力に応じて応相談
待遇・福利厚生
10:00 ~ 19:00
・休憩時間1時間
※職種内容によっては裁量労働制になる可能性もあります。

・昇給賞与年2回、交通費全額支給、社会保険完備
・家族手当、住宅補助制度(該当条件により月額3万円支給)、出張手当

受動喫煙対策:屋内禁煙(ビル共用部分に喫煙室有)
休日・休暇
完全週休2日制(土、日)、祝祭日、年末年始、有給休暇、産休・育休、その他慶弔休暇など
年間休日120日以上
配属部署
社長室

企業情報

会社名
株式会社 メドレー
(企業カナ名称:カブシキガイシャ メドレー)
本社所在地
〒106-6222
東京都港区六本木3-2-1 住友不動産六本木グランドタワー22F
設立日
2009年06月
代表者
代表取締役医師 豊田剛一郎 / 代表取締役社長 瀧口浩平
株式公開区分
非上場
従業員数
300人
平均年齢
30.0歳
URL
http://www.medley.jp/
事業内容
・医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」
・クラウド診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」
・医療介護福祉の人材採用システム「ジョブメドレー」
・医療につよい介護施設・老人ホームの検索メディア「介護のほんね」
  • 株式会社 メドレーの求人情報

その他・PR

求人の背景
メンバーはここ2年で3倍になり、350名を超えました。今後は医療ヘルスケア領域に軸足を置きつつ、テクノロジーの力を用いて幅広い産業のデジタル・トランスフォーメーションを主導する会社になっていきたいと考えています。
より大きな実需を満たし、課題を解決ができる会社になるべく、10年以内に売上高1,000億円、グループ人員数で3,000人を超える規模になっていくことを想定しています。

このような背景のもと、次の10年の組織ブランディングを行うべく、コーポレートブランディングデザイナーを募集します。
この仕事で得られるもの
▼社会的意義の大きさを感じながら業務に打ち込むことができます

医療という40兆円を超える巨大なマーケットにおいて、規制緩和の中でIT化を推進しプラットフォームの提供をしています。医療ヘルスケア領域での総合的な課題解決を行っており、社会的意義は大きいと考えています。

・日本には信頼できない医療情報がネットに溢れている問題→日本全体の医療リテラシーを上げるメディア「MEDLEY」
・病院に行きづらく病状が悪化する方が溢れていて、様々な院内システムをスムーズに連携できていない問題→クラウド診療支援システム「CLINICS」の提供
・日本は先進国の中でも医師や医療従事者不足が深刻になっている問題→医療業界の人材不足を解消する人材採用システム「ジョブメドレー」
・高齢化社会に突入し介護業界の課題解決も医療の文脈で不可欠となってくる問題→医療につよい介護施設の検索メディア「介護のほんね」
テクノロジーを活用した事業やプロジェクトを通じて、医療ヘルスケアの未来をつくる
日本はこれまで、世界にも類を見ない充実した医療システムを誇ってきましたが、近年では人材不足や労働環境の悪化、医療訴訟の増加など様々な問題が噴出しています。このままでは、これまで当たり前であった高い医療水準を維持することは難しいと言わざるを得ません。

2009年11月、代表の瀧口は、医療介護業界の人材不足を少しでも解決したいという想いから医療介護業界の人材採用システム「ジョブメドレー」を立ち上げました。
10年を経過した今、国内で最も掲載案件数の多いサービスへと成長し、医療介護の人材不足解決に貢献しています。

そして2015年2月、一人の医師として瀧口の想いに共鳴した豊田が共同代表者に加わり、医療情報提供サービス「MEDLEY」をリリースしました。患者さんとそのご家族が病気のことを正しく理解し、「納得できる医療」を受ける手助けとなるよう、数百名の協力医師の方々とともに、日々有益な医療情報の発信に努めています。

また同年4月、 介護施設の情報提供サービスである「介護のほんね」も加わりました。医療と介護の問題は相互に連動した課題を抱えていますが、これらの課題に対し、両面から包括的に取り組む素地を作ることができました。

2016年2月より、スマホで医師の診察が受けられるサービス「CLINICS(クリニクス)オンライン診療」の提供を開始しました。患者の受診継続率の向上や早期治療介入による重症化予防など、医療において遠隔診療の果たす役割は大きく、賛同いただける医療機関と共に遠隔診療の適切な普及を目指しています。サービスをリリースして3年、今では導入数国内No.1のサービスに成長しています。

そして、2018年4月。新たに「患者とつながる まったく新しいクラウド型電子カルテ」をコンセプトのもと、「日医標準レセプト(略称「日レセ」、通称「ORCA」)を内包し、オンライン診療も実施できるクラウド型電子カルテ「CLINICSカルテ」の提供を開始。

メドレーでは、医療に関わるすべての人たちにとって「納得できる医療」が実現できる社会づくりに貢献できるよう、これからも全社員が一丸となって努力を続けてまいります。
医療介護の領域で4つの事業を展開、メンバーは350名を超えチーム体制も充実
医療介護分野における正しい情報の提供や、人手不足の解決に向けたサービスの提供を通じて、患者さんやそのご家族、そして医療従事者にとって「納得できる医療」を目指しています。

・医師たちがつくるオンライン医療事典「MEDLEY」
・クラウド診療支援システム「CLINICS(クリニクス)」
・医療介護福祉の人材採用システム「ジョブメドレー」
・医療につよい介護施設・老人ホームの検索メディア「介護のほんね」

1年前と比べてメンバーは2倍になり、今では350名を超える組織になりました。代表を始め社内に医師免許を持つスタッフが複数名おり、元一部上場企業での事業責任者経験者や技術責任者(CTO)など、事業を拡大するために必要なメンバーが揃いつつあります。特にこの1年でメンバーは倍増し、数多くの優秀なメンバーが集まってきている状況です。10年後、20年後も必要とされる組織であり続けるために、これからも事業と組織を成長させていきたいと考えています。

そのプロセスにおいて、メドレー求める人物像は、
「仕事が好きで、会社と自分を成長させたいという思いを共有できる人」

成長のために努力しているような人、ガッツのある人が、今の成長フェーズには必要です。成長マーケットで、自分の力を試してみたい人や、社会的に意義の大きな事業に取り組みたい人などにとっては、魅力的な環境だと考えています。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
書類選考→面接2回程度
応募資格
【必須(MUST)】

・SketchやAdobe XD、InVisionなどを用いたUI、プロトタイプ制作の実務経験
・Adobe PhotoshopやAdobe Illutratorなどを用いたビジュアルデザインの実務経験
・組織の中の誰も答えを持っていない難しい課題に対し、デザイン思考とロジカルシンキングと十分なリサーチを組み合わせることで向き合い、自分なりの結論を出してアウトプットを出した経験のある方


【歓迎(WANT)】

・大手企業のブランディングにデザイナーとして関わったことがある人
・HTML/CSS/Javascriptや、フロントエンド実装の経験がある人
・デザインシステムの設計を主導した経験がある人


【求める人物像】

・常に本質に立ち返り、常識にとらわれず、ゼロベース思考でプロジェクトを進められる方
・あらゆるステイクホルダーとの関係性を考慮して、企画を作り具体的なアウトプットを出せる方
・高い目標を目指し、量を質に転化させることで、未来を切り拓くことができる方
・会社としての思い(主観)と世間一般感覚(客観)を交互に行き来して思考できる方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

WEBデザイナーの他の求人はこんなものがあります

WEBデザイナーについて知ろう

WEBデザイナーに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。「ウェブデザイン技能検定」という特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が主催する検定はありますが、これがないと仕事ができないわけではありません。デザインの作成スキルは必要になりますが、実際の業務を経験しながら体得することも多く、最初から高いデザインスキルが必要というわけではありません。そのため美術大学の出身である必要はなく、まずWeb制作会社に入社し、経験を積みながら覚えていくという流れが一般的です。また、あわせてコーディングなどのWebの知識もあるとよいでしょう。
WEBデザイナーどんな人に向いている?
デザイン関係の仕事に就きたい人は勿論のこと、チームでひとつのことを成したい人、相手のことをしっかり考えられる人が向いています。ひとつの制作にはWebデザイナーだけではなくプロデューサーやディレクター、プログラマー、マーケティングなどさまざまな人たちが関わります。また、デザイナーはデザインだけをやっていれば良いわけではなく、企画の意図や目的を理解し、具現化する力や、サイト利用者の気持ちになって使いやすさを追求する必要があるため、チームで動くのが好きで、相手のことをしっかり考え、意見を述べられる人に向いています。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:513万円です。男女比は男性・71%:女性・29%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均2回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が43%・就業中の人が57%です。また、この業界には、英語スキルが初級(読解のみ可)レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ