1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会社名非公開の転職・求人詳細

この求人情報は、人材紹介会社である「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」が取り扱っています。

  • NEW
  • 正社員
  • 年間休日120日以上
  • 残業少なめ
  • 資格取得支援

会社名非公開

法務 ~東証1部上場大手グループ会社~

法務 ~東証1部上場大手グループ会社~ であなたの能力を発揮しませんか?

情報提供元:マイナビ転職エージェントサーチ

掲載終了予定日:2019年9月11日

募集要項

募集職種名
法務 ~東証1部上場大手グループ会社~
仕事詳細
■法務業務全般
・国内外の法的紛争予防(予防法務)・国内外の係争対応(紛争解決)
・各種契約書の作成及び管理 ・契約に関する社内調整
・社内におけるコンプライアンスや法律関連の相談対応 等
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
大阪府大阪市(将来的に転勤の可能性 有り)
勤務時間
8:45~17:30 実働:7時間55分 残業あり
給与・年収
【年収】400万円~600万円
【賞与】2回
待遇・福利厚生
【保険】健康保険、厚生年金、労災、雇用保険
【待遇・福利厚生】社宅、寮、従業員持株制度、資格手当、退職金手当など
【通勤交通費】全額支給
休日・休暇
【休日】土、日、祝日
【年間休日】122日
【休暇】夏季休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、メーデー
【有給休暇】初年度10日
スキル・経験
企業法務業務経験3年以上
【語学力】不要
【学歴】大卒以上
掲載終了予定日
2019年9月11日

求人の募集元企業

会社名
会社名非公開
設立日
1950年4月
資本金
64億4043万円
従業員数
1,276名
売上高
157,016百万円(2019年3月)
事業内容
電気工事、空調設備工事、給排水衛生設備工事、情報・通信工事、プラント工事、土木工事

その他・PR

募集背景
部門・体制強化の為
雇用形態
【正社員】
メッセージ
赤い「エントリーする」ボタンで、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)へエントリーができます。
求人への応募はもちろん、詳細を確認したい、転職の相談がしたいなど、少しでも関心をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽にご登録ください。

応募方法

選考プロセス
【面接回数】2~3回

この求人を取り扱う人材紹介会社の情報

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)

Spring転職エージェントは2018年オリコン顧客満足度調査「転職エージェント」※で総合1位を受賞いたしました。これからもSpring転職エージェントは企業と求職者の双方にとってのベストマッチと成果を実現していきます。
※株式会社oricon MEが過去7年以内にエージェント経由で転職された会社に転職された方に対して、「利用のしやすさ」「担当者の対応」「紹介案件」「紹介案件の質」「交渉力」という評価項目での調査結果

必読

この求人情報は、人材紹介会社である「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」が取り扱っています。

この求人に応募すると、マイナビ転職エージェントサーチに会員登録された後、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)に登録され応募完了となります。
その後、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)から面談の可否について連絡があります。

すでにマイナビ転職エージェントサーチの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、
マイナビ転職エージェントサーチに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

当サイト経由でマイナビ転職エージェントサーチに登録を行う場合、スカウトサービスの利用は「可」の状態での登録となります。

情報提供元:(株)マイナビ「マイナビ転職エージェントサーチ」

会員規約個人情報の取り扱いについて

掲載終了予定日:2019年9月11日

法務について知ろう

法務に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。ただ、法律の専門的な資格を保有していると優遇されることは間違いありませんが、多くの場合それらは業務において必須ではありません。もちろん基礎的な法律に関する知識は必要とりなりますが、それよりも重要なのが、自社のビジネス構造や業界の特性、経済全体のトレンドへの理解度です。社会から企業にどんなことが求められているかを理解した上で、法律が絡むトラブルや、会社の社会的な不祥事を未然に防ぐことが必要な為、法務担当者にはある程度の専門性に加え、そういった視野の広さが求められます。
法務どんな人に向いている?
社内外を問わずさまざまな人とコミュニケーションを取る為、契約書などを細部まで確認する注意深さに加え、人当たりの良い人に向いている仕事と言えます。起こってしまった法律トラブルを「法律」で解決するだけでは企業の成長には繋がらないので、たとえばいう結論をだせば双方が納得した上で和解できるか、あるいは企業間の関係を修復できるかといった観点で仕事をすることは、法律の専門家としてではなく、企業法務の担当者として非常に重要となってきます。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ