1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. アデコ株式会社の転職・求人詳細

アデコ株式会社の求人情報

JobOffer

求人情報

doda(デューダ)

リクルーター(プログラムコンサルタント)

第二新卒・既卒者可学歴不問フレックスタイム制年間休日120日以上外資系企業土日祝日休み正社員

募集要項

募集職種名リクルーター(プログラムコンサルタント)
仕事詳細具体的な仕事内容
1.【クライアント(Engagement Sponsorあるいは指揮命令者等)の重要な窓口】
派遣における法的要件を理解し、ゲートキーパーとしての役割を果たします。また就業者の契約更新のフォローをし、日々の問題解決に当たります。

2.【派遣社員のポジジョン(Requisition)のマネージメント】
要件のヒアリングや、Job Descriptionの作成、実際の募集、オファー条件のすり合わせを行い、ビジネスやその必要時期に合わせた人員確保を目指します。

3.【派遣会社のPerformance マネージメント】
戦略的パートナーとして、長期的な関係構築、パフォーマンスをあげていくための施策を共に考えます。

4.【ローカリゼーション】
グローバルのルールやプロセスをいかに日本で実行、浸透させるか、あるいは日本の法的要件をどうグローバルの仕組みにあてはめるかを考えます。


■仕事のポイント■
◇クライアントのコア(=タレントに何を求めるか、どのビジネスにどれほどのタレントが必要か)に近づき、そのクライアントの立場から採用やタレントマネージメントを行います。

◇さまざまな経験を積むことによりコンサルティング能力や課題解決能力を伸ばすことができます。

◇一つの役割から、Pontoon内で複数のキャリアパスが開けます(コーディネーター、ソーサー、コンサルタント、プロジェクトマネージャー等)

◇週次、月次、四半期ごとに、採用活動の結果をフィードバックする業務も。課題分析、解決方法の提案・実行を繰り返し、採用を成功に導きます。

チーム/組織構成
現在、を中心とした複数のクライアントと取引があり、各プログラムは数名のメンバーから構成されています。

【RPO取引実績】
◇大手化学素材メーカー◇
年間採用人数は、正社員・新卒が70名、派遣社員が300名超。
ダイレクトソーシング導入により、中途採用費用の低下を実現。

◇大手通信メーカー◇
82ヶ国で年間1万5000人の採用を代行。
オープンポジションの70%をダイレクトソーシングで採用成功。
ダイレクトソーシング導入により、中途採用費用の低下を実現。
雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)東京、あるいは 、静岡(掛川)、神戸
勤務時間9:00〜17:30
※実働7.5h
※残業は月30時間程度(時間外手当別途支給)
※フレックスタイム制あり(標準労働時間7.5h)
給与・年収月給28万円以上
※上記は最低保証額。経験や年齢・能力等を考慮の上、決定

【年収例】
500万円/月給28万円+諸手当あり/1年目
790万円/月給45万円+諸手当あり/5年目(プロジェクトマネージャーの場合)
待遇・福利厚生■各種社会保険完備
■交通費全額支給
■残業手当
■有給手当
■退職金制度
■休日勤務手当
■営業手当
■保養施設
■法人会員:アデコクラブオフ
■サークル活動 など
休日・休暇■完全週休2日制(土・日)
■祝日
■夏季休暇
■年末年始休暇
■有給休暇
■慶弔休暇
■特別休暇
■産休・育休(実績多数)

【年間休日120日以上】
アデコ株式会社の求人情報

総合人財サービスを展開するアデコグループ。そのグループブランドの一つ「Pontoon」での募集です。

企業情報

会社名アデコ株式会社
設立日1985年7月29日
資本金55億6000万円
代表者川崎 健一郎
従業員数約2600名
事業内容【1】人財派遣 (一般派遣・特定派遣)
【2】紹介予定派遣
【3】人財紹介
【4】アウトソーシング
【5】キャリアマネジメント
【6】コンサルティング
許可番号 : 一般労働者派遣事業 (般13-010531)、有料職業紹介事業(13-ユ-010386)
派遣就業者数:約44000名 ※1日あたり
拠点数  : 160拠点
募集背景
アデコグループは世界60以上の国と地域で総合人財サービスを展開しています。

今回採用を行う「Pontoon」は、アデコのブランドの1つとして企業の採用代行(RPO)等のサービスを提供しています。当サービスは、100ヶ国以上、100案件以上採用代行の実績を積み上げており、優秀な人材の確保や採用コストの削減でクライアントの利益に貢献しています。

今後も拡大するであろう採用ニーズに応えていくため、今回はプログラムコンサルタントとして、リクルーター経験者の方はもちろん、企業における採用業務の経験がある方などを広く募ります。
タレントマネージメントの実践。
クライアントおよび候補者の目線で採用を実現する。
「Pontoon」は世界60以上の国と地域で総合人財サービスを展開するアデコのブランドの1つであり、グローバルで企業の採用代行(Recruitment Process Outsourcing)等の事業を展開。そしてPontoon Japanはクライアントおよび入社者が長期的に満足しうる採用の実現と、そのための効果的な手法の確立と運用を目指しています。

今回募集するコンサルタントは、大手外資系企業の主に派遣社員に係るニーズをマネージするプログラムの中でご活躍いただきます。クライアントの人材のニーズを理解し、人材獲得の戦略をたて実行し、法的な観点からゲートキーパーの役割を果たすことで、クライアントを支えます。業務を通じて、課題解決能力やコンサルティング能力、ステークフォルダーのマネージメント能力、英語運用能力を伸ばせるととともに、将来的に複数プログラムを経験することで、採用面での体系的な知識、経験を習得できます。

一方、アデコ本体は世界的な総合人財サービス企業。多様な人財が働く中で、自分らしくキャリアを形成する環境があります。ぜひPontoon Japanの一員として働いてみませんか。
Pontoon Solutions とは
Pontoon Solutionsは、2014年に新設された新しいブランド。グローバルに展開する採用のプロフェッショナル集団でもあります。これまで大手の多国籍企業の採用を担ってきた実績があり、採用の分野でキャリアを形成することができます。またプログラムによっては英語を使用する機会があり、グローバルな環境で仕事を行いたい方にもキャリアが開かれています。

応募方法

応募方法最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ご興味を持たれた方は、「応募フォーム」よりエントリーしてください。

≪応募書類の取り扱いに関して≫
応募の秘密は厳守いたします。
個人情報は採用業務のみに利用し、当社の個人情報保護方針に基づき、適切な利用・管理・保護に努めます。
他の目的で第三者へ譲渡・開示することはありません。
選考プロセス【STEP1】書類選考
(結果は通過した方のみ、1週間以内を目途にメールにてご連絡させていただきます)
  ▼
【STEP2】面接
(当社の説明をしたり、ご希望をお聞きしたり、有意義な時間となるようにいたします)
  ▼
【STEP3】内定

※面接日・ご入社日は相談に応じます。
※ご応募から採用内定までは約1カ月程度を予定しております。
応募資格【企業人事や、人材ビジネスでの勤務経験歓迎】課題分析や、プロセスマネージメントに興味ある方も歓迎です
【具体的には】
・採用要件のヒアリング、母集団形成、応募者対応などを行っていた方
・クライアントのニーズを理解し、それに応える姿勢をお持ちの方
・人事採用について知見を深めたい方
・ステークホルダー(クライアントや派遣会社)のマネージメントに関心をお持ちの方
・英語の運用能力を高めたい方
--------------------------------------------

【求められるスキル】
・課題解決能力
・事務処理能力
・英語のスキル(歓迎)

ステークフォルダーやチームのメンバーとも 円滑にコミュニケーションが取れる方、
またプログラムやチームに大きく貢献していきたいと思ってくださる方を歓迎しています。

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

【必読】

応募する際には、dodaの利用規約をご確認の上、ご同意ください。
情報提供元:doda利用規約

人事の他の求人はこんなものがあります

人事について知ろう

人事に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。人事の仕事において最も重要視される能力は、コミュニケーション能力、秘密保持や労務に関する知識などと、ものごとを俯瞰してみられる視野の広さが挙げられます。会社にとって人材とは、ある意味最も重要な財産であり、そういった人たちが気持ちよく働ける環境を整え、その会社の環境や業務内容に適応できる人材を採用することも人事としての責任です。「人」という非常にデリケートな部分に携わる業務なので、コミュニケーション能力は人事をする上で最も重要な素質です。
人事どんな人に向いている?
人事はある意味では、会社で最も多くの人と接するポジションであるとも言えます。よって、日々多くの人と会うことが苦ではない人が向いていると言えます。また、会社と人材開発方針と社員ひとりひとりのキャリアビジョンを時には天秤にかけならければならない場面も必ず存在するので、一方的なコミュニケーションではなく、社員が今どういう不満をもっているか、はたまた不満はなくてもどんな働き方の改善を望んでいるか、先を見据えて物事を判断する必要が生じてきます。