1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. クラウドエース 株式会社の転職・求人詳細
  • 正社員
  • 転勤なし
  • 服装自由

クラウドエース 株式会社

【法務リーダーorマネージャー候補(東京オフィス)】Google Cloud Platform プレミア認定パートナー/3年連続アワード受賞企業

クラウドエース 株式会社の求人情報

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
【法務リーダーorマネージャー候補(東京オフィス)】Google Cloud Platform プレミア認定パートナー/3年連続アワード受賞企業
仕事詳細
【業務内容】
総務人事部門長と共に、グループ企業全体の法務業務をお任せします。

■契約レビュー 
■法務相談対応
■全社ルールの策定・運用
■法改正対応
■知財系業務
■株主総会運営
■約款策定・改定業務
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12F 1239

★★移転したばかりのキレイなオフィスです★★
カフェや社食もあり、ワンコインでランチができます!
交通
東京メトロ 大手町駅 B8a出口
東京メトロ 三越前駅 B2出口
東京メトロ 日本橋駅 A1出口
給与・年収
400万円〜650万円

月給30万円 ~
※能力・経験に応ずる
待遇・福利厚生
【勤務時間】
フレックスタイム制(コアタイム11:00〜16:00)

【福利厚生】

■昇給年2回
■賞与年2回
■成果給(ピアボーナス)
■社会保険完備
■交通費支給(月3万円まで)
■残業手当
■社員食堂
■オフィスグリコ
■ウォーターサーバー完備 etc...
■「ヘヤギメ」

※資格支援、外部セミナーへの参加など相談していただければ
 会社としてサポートします!

【待遇】
■社員研修
■研修手当支給
■資格手当・お祝い金あり
■産休・育休制度あり
休日・休暇
~年間休日120日以上~
■完全週休2日(土・日)
■祝日
■夏季休暇(5日間)
■年末年始
■有休(半年後10日、以後法定通り)

企業情報

会社名
クラウドエース 株式会社
(企業カナ名称: カブシキガイシャ)
本社所在地
東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビルヂング12F  1239

★★移転したばかりのキレイなオフィスです★★
カフェや社食もあり、ワンコインでランチができます!

<アクセス>
東京メトロ 大手町駅 B8a出口
東京メトロ 三越前駅 B2出口
東京メトロ 日本橋駅 A1出口
設立日
2016年11月
資本金
3億
代表者
代表取締役社長 吉積 礼敏
株式公開区分
非上場
従業員数
120人
主要取引先
グーグル株式会社
WOWOW
TBS
SANKEN
OWNDAYS
SB Innoventure
Bell-Park
など、その他多くの企業様にご導入を頂いております
URL
https://www.cloud-ace.jp/
事業内容
■Google Cloud Platformトータルサポートサービス「クラウドエース」の運用
■コンサルティングサービス
  • クラウドエース 株式会社の求人情報

その他・PR

求人の背景
2020年の上場を控え、組織強化のための採用となります。
この仕事で得られるもの
・国際的な有名企業との契約締結経験
・海外契約実務
Google Cloud Platform に特化し、吉積礼敏氏が率いる吉積情報から事業分割により設立
クラウドエース株式会社は、2016年11月設立の新しい会社だ。事業内容は、Google Cloud Platformのトータルサポートサービス「Cloud Ace(クラウドエース)」の導入支援・運用サポート、およびコンサルティングサービスなど。Googleのクラウドを活用した新しいタイプのシステム開発を手掛け、既に豊富な実績を誇る。国内に数えるほどしかないGoogle Cloud Platform Service Partnerでもあり、Google Cloud Platformの活用に関するセミナーなども積極的に開催し、この分野での日本の先陣を切っている企業だ。

親会社は吉積情報株式会社で、同社のクラウドサービス事業だった「Cloud Ace」事業を分割し、新会社として設立された。代表取締役を務める吉積礼敏氏は東京大学工学部の出身で、アンダーセンコンサルティング株式会社(現アクセンチュア株式会社)に入社後、インフラやアプリ開発、ERPパッケージの保守など、大規模システム開発を数多く経験。退職後の2005年に吉積情報を設立し、代表取締役に就任した。吉積情報はGoogleに特化した業務システム開発会社としてその名を知られ、吉積氏は大規模プロジェクトマネジメントのシステムコンサルタントを歴任。2012年1月にはGoogle Appsスペシャリスト認定プログラム「Google Apps Certified Development Specialist」を、日本人として初めて取得した。また、Google Cloud Platformの5資格についても、日本人として初めて全取得している人物だ。

クラウドエースは、吉積情報の中でGoogle のクラウドプラットフォームの販売・運用・支払代行などを行う事業として2014年7月から事業を展開してきた。事業分割による会社設立後も、Google Cloud Platformに関する一連の業務や、クラウドを活用したシステム開発などをワンストップで提供している。今後、クラウドインフラの市場拡大と歩調を合わせ、Google Cloud Platformの日本展開に連動した成長を見込んでいる。クラウド業界のエース企業として将来を嘱望されており、Google for Work Japanでは2014年から3年連続でのアワードを受賞。世界的な称号であるGoogle Cloud Platformのプレミアパートナーに認定されたことも追い風となり、今後もますます飛躍が期待される。
Googleによる世界最大級で最先端のサービスを活用した素早いインフラ構築が強み
Google Cloud Platform(GCP)は、Googleがクラウド上で提供するサービス群の総称だ。
Google 社内で使われているものと同様のテクノロジーやインフラを使用し、ユーザーのインフラ環境をクラウド化することが特徴。基本的な構成要素が最初から各種サービスとして用意されているため、素早い開発ができる。クラウドエースはGCPに特化したクラウドインテグレーションを提供する国内のリーディングカンパニーとして、吉積情報時代から数多くの実績を挙げてきた。特に放送や映像関連、小売・流通業の分野で、幅広い導入実績とノウハウを築き上げている。GCPの利用は今後ますます拡大することが見込まれており、クラウドエースは導入・設計・移行・運用保守などの一貫したサービスを提供する。

GCPの最大の特徴は、Googleが提供する最先端かつ世界最大級のネットワークを手軽に利用できること。数千マイルの光ファイバーケーブルや先進的なSDN(Software Defined Network)、エッジキャッシングサービスを利用し、高速かつ安定、スケーラブルなパフォーマンスを実現する。また、Google検索やGmail、Youtubeなどと同一のインフラを、低コストで利用できることも魅力。インフラへの初期投資は不要で、アクセスや処理量の変化に伴うスケールアップ、スケールダウンにも柔軟に対応できる。
Google公式認定試験の最高峰「CP300」の国内第一・第二の取得者が基礎から指導
クラウドエースは設立から日が浅いものの、当初5人からスタートした社員は現在13名に増加(2017年6月8日時点)。毎月のように新しいメンバーが加わっており、立場や上下関係などにとらわれない、オープンで自由な社風が特徴だ。20~30代の若手が中心となり、オンタイム/オフタイムでの切り替えをきっちり行い、メリハリをつけて仕事に取り組んでいる。コミュニケーションを円滑に進めるため、積極的に話を振ったりじゃれ合ったり、時にはイジリ合うことも。エンジニア、プログラマ、IT営業といった職種の枠を超え、明るく華やかな笑い声が響くオフィスだ。

休みは完全週休2日制で、有給取得率も高い。自主的なスケジューリングを推奨しており、残業は時期にもよるがほとんどゼロにすることも可能だ。勤務時間はフレックス制を採用しているため、業務の進捗を見ながら自分でスケジュールを立てられる。女性社員も活躍しており、産休や育休の取得実績も複数ある。復職率は100%で、結婚や出産、育児といったライフイベントを経ても、無理せず長く働き続けられる環境だ。プライベートと仕事を両立させたい人にとっては、持ってこいの勤務環境といえるだろう。

クラウドエースでは、社内での親睦を深めことを目的に、月に一度のペースでランチ会を開催している。また、飲み会なども不定期で行われている。吉積情報との合同設立記念パーティーや、恒例となっている巨大すいかパーティーなど、社内イベントも多い。社員は個性派が多く、お互いの得意分野を持ち寄りながら、刺激し合って良いものをつくり上げる風土が根付く。人材育成の面では、開発合宿や勉強会など、学び合いながらスキルアップできる機会も多い。また、ほぼ全員がGoogle Cloud Platformの有資格者で占められ、最難関とされるCP300も日本で1番目と2番目に全資格を取得したメンバーが在籍。Googleのクラウドに関しては、日本の頭脳ともいえる人材の厚さを誇り、Google Cloud Platformについて、ゼロから学ぶことができる職場だ。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
1.書類審査
2.面接数回 
(適性試験)
採用人数
1
応募資格
【必須(MUST)】
■事業会社のおける法務経験、または法律事務所での企業法務経験
■契約書作成経験(NDA・業務委託契約・業務提携に関する契約等)
■法律相談対応経験


【歓迎(WANT)】
■IT企業での法務業務経験
■法務のチームリーダー経験
■株式関係業務、国際案件の実務経験
■ビジネス英語力(会話、メール対応)


【求める人物像】
・チャレンジ精神をもって業務に取り組める方
・明朗快活に業務に取り組むことができ、コミュニケーション能力が高い方
・極めて倫理観が強く、かつ、誠実に対応できる方

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

法務について知ろう

法務に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。ただ、法律の専門的な資格を保有していると優遇されることは間違いありませんが、多くの場合それらは業務において必須ではありません。もちろん基礎的な法律に関する知識は必要とりなりますが、それよりも重要なのが、自社のビジネス構造や業界の特性、経済全体のトレンドへの理解度です。社会から企業にどんなことが求められているかを理解した上で、法律が絡むトラブルや、会社の社会的な不祥事を未然に防ぐことが必要な為、法務担当者にはある程度の専門性に加え、そういった視野の広さが求められます。
法務どんな人に向いている?
社内外を問わずさまざまな人とコミュニケーションを取る為、契約書などを細部まで確認する注意深さに加え、人当たりの良い人に向いている仕事と言えます。起こってしまった法律トラブルを「法律」で解決するだけでは企業の成長には繋がらないので、たとえばいう結論をだせば双方が納得した上で和解できるか、あるいは企業間の関係を修復できるかといった観点で仕事をすることは、法律の専門家としてではなく、企業法務の担当者として非常に重要となってきます。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ