1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. クリエイティブ系 >
  3. インターネット・WEB系 >
  4. WEBプロデューサー・ディレクター >
  5. サイボウズ 株式会社の転職・求人詳細

掲載終了

サイボウズ 株式会社の求人・転職・採用情報は掲載が終了しています。
現在募集中の求人情報は、下記のリンクよりご覧ください。

キャリアインデックスは転職のすべてがわかるサイト!

  • ポイント①取り扱い求人数は日本最大級。あなたにピッタリな求人が見つかる!
  • ポイント②履歴書・職務経歴書のサンプル充実。サクサク簡単作成!
  • ポイント③あなたに合った職業を診断、結果に応じた求人を検索!

まとめてサービスを利用するなら、まずは会員登録!

まずは会員登録(無料)

WEBプロデューサー・ディレクターの他の求人はこんなものがあります

お探しの求人は募集が終了しました。

掲載期間:〜2021年05月18日まで

  • 正社員

サイボウズ 株式会社

Webサイトの専門家としてサイボウズのミッションに貢献してくれる方を募集。リモートワークも可能です。

4つの特徴

<特徴1> Webサイトの最適化を検討しやすい環境

最適な企画や設計をするために必要な情報はグループウェア上に蓄積されています。会社全体の戦略、ビジネス戦略、マーケティング戦略、そしてそれらが決まったプロセスや、過去の戦略も深堀することができます。アクセス解析ツールのデータを参考にできることはもちろん、部門の壁が薄く担当者に情報収集しやすい環境です。

<特徴2>制作の自由度が高いから新しいことにチャレンジしやすい

大企業の場合、管理効率やブランド感向上ため、コンテンツをひとつのCMSに集約し、デザインルールも統一して、サイトの統一感を保持しているケースが多いと思います。サイボウズでは(いまのところ)あえてやっていません。Webサイトごとに異なる訪問者層やミッションにあわせてWebサイトを最適化するほうが効果を高められると考えているからです。自由なほうが楽しく能力を発揮しやすい、と考えています。

<特徴3>セミナーや勉強会へ参加しやすい

社外のセミナーや勉強会に参加できます。社内でも様々な勉強会が開催されていています。人事主催の中途採用向けの研修もあります。


<特徴4>働く時間と場所を選べる

働く場所と時間帯をある程度選択することができます。自社のグループウェアがあるためリモートワークもしやすい環境です。
実際に、サイボウズではリモートワークをする社員が多く、私達Webチームも、リモートが中心でたまに出社する社員と、完全にリモートで働く社員が半々です。もちろん、お近くのサイボウズのオフィスに出社いただいても構いません。

募集要項

仕事詳細
■はじめに

サイボウズのミッションは「チームワークあふれる社会を創る」こと。その実現のため製品プロモーション、ブランディング、採用、マニュアル、企業情報提供の用途でWebサイトを活用し、多様なステークホルダーから信頼を得るうえでも重要な役割を担っています。Webサイトの数は古いものも含めると50以上。それらをもっと効果的にするため日々業務に取り組んでいます。

各Webサイトにはそれぞれ担当者が存在します。我々は各担当者に対して、様々な支援をしております。具体的には大規模リニューアル時におけるディレクションの支援を始め、制作会社への依頼支援、勉強会の開催、社内ルール整備、業務の外注化や、さまざまな相談への対応です。一緒に働いていただける方には、専門家として自律的に考えて行動しつつ、チームワークを発揮して一人では実現しえない大きな価値を生み出してほしいと考えています。


■主に3つの業務があります。

現時点でこれらが最もミッションに貢献できると考えて実施していることであり、応募者の方次第で変わる可能性も当然あります。サイボウズでやってみたいこともぜひ聞かせてください。

(1)サイト改善業務

a) 担当者からの依頼でサイトリニューアル、改善
b) 自分で企画してサイトリニューアル、改善
具体的には関係者へのヒアリング、アクセス解析、企画、提案、設計といった上流工程や、制作会社への発注、進捗管理、品質確認、効果測定です。原稿作成(ライティング)をすることもあります。

(2)管理系業務

a) AWS のサーバー管理(オペレーションは業務委託会社)
b) Git を使ったコンテンツ管理(更新作業は業務委託会社)
c) Google Analytics など分析ツールの管理(オペレーションは業務委託会社)
d) CMS (Movable Type)のユーザー管理

(3)他 Web 担当者の支援業務

a) サイトの分析、情報設計、制作体制のアドバイス
b) 主にCMSなど、構築やセキュリティに関する技術的な支援
c) 勉強会の開催
d) 個別に相談を受け回答、対応
職種
WEBプロデューサー・ディレクター
雇用形態
正社員
勤務地(住所)
全国各地にあるサイボウズのオフィスでも、リモートワークでも勤務可能です。
交通
東京オフィス
東京メトロ銀座線・東西線、都営地下鉄浅草線:「日本橋駅」B6出口直通
東京メトロ半蔵門線・銀座線:「三越前駅」B6出口より徒歩3分
JR:「東京駅」八重洲北口より徒歩10分
給与・年収
450万円〜700万円
待遇・福利厚生
サイボウズでは、「100人いたら100通りの働き方」があってよいと考え、メンバーそれぞれが望む働き方を実現できるようにしています。

■各種社会保険
■交通費支給(~5万円/1か月)
■短時間勤務制度、在宅勤務制度、育児休暇制度
■資格取得支援制度
■部活動支援、社内MVP、仕事Bar、部内イベント費支援 他
※勤務時間は、必要に応じてフレキシブルに変更できる制度あり

▼ご参考:サイボウズの概要(ミッション、事業概要、働き方のご紹介)
https://www.green-japan.com/company/5833
休日・休暇
完全週休2日制、土日祝日、夏季冬季(年間休日121日)、年次有給休暇、職歴加算年休付加制度、リフレッシュ休暇など
配属部署
Webコンサルチームです。

■組織図
ビジネスマーケティング本部
├ 第2プロダクトプロモーション部
├— Webコンサルチーム
└— Webインフラチーム

6年前に1人体制でスタートし、WebコンサルチームとWebインフラチームで現在5名となりました(2020年11月)。少ない人数で効果を最大化するために制作や管理を社外のパートナーとともに進めております。

企業情報

会社名
サイボウズ 株式会社
(企業カナ名称:サイボウズ カブシキガイシャ)
本社所在地
東京都中央区日本橋2-7-1 東京日本橋タワー 27階
設立日
1997年08月
資本金
613百万円
代表者
代表取締役社長 青野 慶久
株式公開区分
東証一部
従業員数
857人
URL
http://www.cybozu.co.jp
事業内容
■ 業務アプリ構築 ビジネスアプリ作成クラウド「kintone」
■ 中業企業向けグループウェア「サイボウズOffice」
■ 大企業・中堅企業向けグループウェア「Garoon」
■ メール共有システム「メールワイズ」
の開発・販売・サポート
■チームワーク強化メソッドの開発、販売、提供
1,000万を超えるお客様にご利用頂いております。

その他・PR

求人の背景
Webサイトの数は古いものも含めると50以上あり、Webサイトの担当者もたくさんいます。これまでたびたびリニューアルを行ってきましたが数が多く限界があります。

そこで、自分で1つのサイトをリニューアルすることよりもたくさんのWebサイト担当者を支援するほうが大きな効果を生み出すと考え、ここ数年はそこに力をいれています。さらに効果を高めたく人員を募集しています。
この仕事で得られるもの
この仕事で得られるものは、応募者の方次第。ぜひ想像してみてください。

専門家としてサイボウズのミッションに貢献すること、自律的に考えて仕事をすること、自由度の高い働く場所や時間、グループウェアを使った社内コミュニケーション、複業可能な環境、多様性を尊重し公明正大に議論できる社風、それらが社員や時代に合わせて常に変化していく、そんな環境で働くことを。もし興味を持っていただけたらもっとサイボウズについて調べてみてください。

サイボウズでの体験を通して得られるものが沢山あることを願っています。
「チームワークあふれる社会を創る」ことを本気で目指す
サイボウズ株式会社は、チームワークを生み出す情報共有ツール「グループウェア」のメーカーだ。製品の企画・開発から販売、運用・サポートまで自社で一貫してサービスを提供している。

同社のミッションは、世界中の様々な組織のチームワークを向上させること。徹底した情報共有やコミュニケーションの円滑化、個人の学習や満足度を向上を支援するグループウェアを開発し企業や地方自治体、大学、病院、NPOといったさまざまなチームの情報共有ツールとして利用されている。スケジュールや顧客情報の管理など特にビジネスシーンになくてはならない存在として、今まで世界中で950万人以上のチームワーク向上に貢献してきた。

900万人を超えるユーザーにWebサービスを提供し、「日経コンピュータ 顧客満足度調査 2020-2021」クラウド基盤サービス(IaaS/PaaS)部門で2年連続1位を獲得。日本国内の8拠点に加え、2006年よりアメリカをはじめ海外に6拠点を設立し、ユーザーは世界へ拡大中。まさに「日本一」から「世界一」への挑戦がはじまった。さらに、最近では主力のグループウェア事業に加え、新たに20年間自社内で研究してきたサイボウズ流のチームワークノウハウを提供するメソッド事業もスタートし、ITツールの提供にとどまらない文化、制度などあらゆる方向からチームワークを支援する体制が整ってきており、自由すぎる働き方のロールモデル企業として注目を集めている。
「世界で一番使われるグループウェアメーカーになる」ための信頼と実績
チームワーク溢れる社会をつくるために目指していることが「世界で一番使われるグループウェアメーカーになること」。そのため、売上や利益よりも、ユーザー数を大切にしていくという事業方針に特徴がある。実際に、主力製品である中業企業向けグループウェア「サイボウズOffice」、大企業・中堅企業向けグループウェア「Garoon」、業務アプリ構築クラウド「kintone」、メール共有システム「メールワイズ」などの導入社数は延べ125,000社を超える。

2011年からクラウドサービスの販売を開始したサイボウズでは、パッケージからクラウドへの転換も進んでいる。これによりサービス利用者は自社でサーバーなどを準備する必要がなくなり、より低コストでシステムを導入頂けるようなった。さらにサイボウズとしては従来のフロービジネスからストックビジネスへビジネスモデルへ変化し、より安定した経営基盤の構築にもつながっている。

技術面ではより安定したサービスを提供できるよう、クラウド基盤のインフラからアプリまで全てのレイヤーで自社開発を行っている。さらに、クラウドサービスを安心して利用していただけるよう、セキュリティ対策にも力を注ぎ、インフラにおけるストレージや通信の暗号化から、脆弱性報奨金制度、セキュリティを高めるための機能提供まで全てのレイヤーで幅広く施策を講じている。

このような取り組みの成果として、提供するサービスの一つである「kintone」は2016年にガートナー社(米国に本社を置くIT分野における世界最大の調査会社)が認定するクラウドサービスのaPaaSという領域において日本企業で唯一位置付けられ、事業の新規性を認められた。また、2020年には全米の顧客レビューでランキングが決まるGetApp Category Leadersのデータベース部門で大手競合を抑え、1位を獲得。

サイボウズは製品力の高さと国内でのシェア、さらに働き方改革が声高に叫ばれる中での先進的なワークスタイルの取り組みで注目を浴びている。今後もクラウド事業を始めとする最先端の技術に取り組む事で、ITの力を使った世界中の「チームワーク向上」に貢献していく。
働き方やチームワークを考え抜き、ワークスタイル先進企業として注目を浴びる
「チームワークあふれる社会を創る」を理念として掲げている同社だからこそ、自社のチームワークについてはどこよりも考え、力を入れている。勉強会や社内イベントは毎日のように開催されており、部門や拠点を超えたコミュニケーションは当たり前。グループウェアを活用して常に情報を共有し、業務を属人化させないようにするなど1人で仕事をこなすのではなく、それぞれの強みと個性を活かしてチームの力でより大きな成果を上げることにこだわるのがサイボウズの特徴だ。

また多様性を大切にした「100人100通りの人事制度」というポリシーのもと、ライフステージの変化に合わせて働き方を選択できる働き方宣言制度を導入。育児、介護に限らず通学や副業など個人の事情に応じて、勤務時間や場所を宣言します。2018年4月より、時間と場所で区切られた9分類から選ぶ従来の選択型人事制度は廃止し、週4日勤務/10:00出社、出張可能など一人ひとりが「自身の働き方」を自由に記述するスタイルで宣言し、実行しています。働く時間は自分で決めるため、残業する人もいれば定時で帰る人もいる。時短で働いたり、週3日のみ働く人も。突発的な事情でオフィス以外で働くことを選択できるウルトラワークという制度もある。働きやすさと生産性向上の両立を目指している。

また、2012年からは複(副)業を容認しており、社員が自分らしく働き、経済的にも精神的にも自立した未来を実現できる会社を目指す。今では自分で飲食店を経営したり、他社に勤務する、youtuberとして活動、農業に従事するなど様々な複業家たちなど、各社員が自分らしく生き生きと働いている。このほか、やりたいキャリアを自ら宣言する「マイキャリ制度」、一定期間他部門を体験できる「大人の体験入部」、転職や留学等で一度会社を退職しても復帰できる「育自分休暇」など、従業員本位の独自の制度を整えており、多様性を認めて自立したメンバーがチームワークよく働ける会社を創ることを目指している。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
まずは担当者が弊社や業務について説明する
社員面談へのご参加をお願いしております。
0.社員面談
1.書類選考
2.一次面接
3.二次面接
4.最終面接
5.内定
採用人数
1
応募資格
<必須スキル・経験>
・ビジネス戦略をサイト設計に落とし込める方
・Webサイトの問題を自ら発見し、調査、社内調整、提案、制作管理までできる方
・Webコンサルタント、プランナーまたはWebディレクターの経験が5年以上
・アクセス解析に基づいた Web サイトリニューアルの企画、設計、提案、プロジェクト管理経験(100ページ以上の規模がある Webサイト)
・CMSサイトの設計経験
・Webサイトの分析経験(Google Analyticsを利用)
・AWS、Git サービスについて概要程度の知識

歓迎スキルはサイボウズの公式採用サイトの募集要項に記載しています。

<求める人物像>

1)サイボウズのミッションに共感する方
サイボウズは「チームワークあふれる社会を創る」ことを目指しています。チームワークを発揮するための要件のひとつは、理想の共有・共感です。そのため、一緒に働く方の条件として、スキルや経験に加えて、サイボウズの理想(=ミッション)に深く共感できる方かどうかも重視しています。

ぜひ、サイボウズの各Webサイトにアクセスして弊社のミッションを読んでいただき、このご応募が、双方にとってよい機会になるのかどうかご検討ください。

2)自律的に考えて行動できる方
ミッション実現のために自律的に考えて行動する方。自分が何をしたいのか、何をすべきなのか、何ができるのかを考え、ほかのひとを巻き込んでチームでそれを実現できる方に来ていただきたいです。

WEBプロデューサー・ディレクターについて知ろう

WEBプロデューサー・ディレクターに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。しかし、Webサイトの制作に関する知識はもちろんのこと、プロジェクト全体を成功に導くためのビジネス面への深い理解や、クライアントとの交渉を進めるためのコミュニケーション能力が必要となります。Webディレクターは資格として、社団法人全日本能率連盟登録資格が実施するWebディレクター試験があります。また、Webサイト制作に携わるさまざまな人々と円滑に業務を行える調整力や、最新の技術やデザインの傾向にもアンテナを張り、プロダクトへ反映させていくセンスや判断力が必要になります。
WEBプロデューサー・ディレクターどんな人に向いている?
Webプロデューサーには、Web制作という枠を超えた総合的な力が必要となります。Web制作にとどまらずさまざまなビジネスやマーケティングに興味を持ち、経験と実績を積める方が向いています。WebディレクターにはWebデザイナーやコーダーなど制作に関わる人々をプロダクトの完成まで導く力が必要とされるため、調整力のある方や、日々進歩していく技術の世界において関心を持ち、自己研鑽できる方が向いています。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:532万円です。男女比は男性・74%:女性・26%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が35%・就業中の人が65%です。また、この業界には、英語スキルが全く不可レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。