1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 株式会社gloopsの転職・求人詳細

株式会社gloopsの求人情報

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
@type

採用担当◆経験浅めOK◆賞与年2回◆土日祝休み◆残業月20h前後

未経験者歓迎第二新卒・既卒者可学歴不問転勤なし年間休日120日以上服装自由土日祝日休み働くママ歓迎 正社員

“ 攻めの採用 ”で変革期のgloopsをけん引してください。

かつて“ソーシャルゲームの雄”等と呼ばれた当社も、
ここ数年ヒットタイトルを生み出せず、
同業界の競合から聞こえてくるのは

「gloopsって今何やっているの?」

そうささやかれる理由は
ソーシャルゲームバブルを経て、私たちはいつしか数字を意識しすぎて
「ユーザーを楽しませること」を忘れていたことだと結論付けました。

“ 売上至上主義をやめ、本当に面白いゲームを創ろう ”

2017年、代表を交代。
「アラド戦記」等グローバルヒットタイトルをけん引してきた
ゲーム業界出身者を代表に据えました。
スタジオ制を導入し、複数本のオリジナルIPのネイティブゲームの
内製化開発に踏み切りました。

目指すのは「ユーザーフレンドリーな会社」であること。
そのためには、さらなる質の高い採用は不可欠。
今回ご入社いただく「採用担当」のあなたにお任せするのは、
“ 新生gloops ”を作っていく仕事です。

そんな“ 攻めの採用 ”をぜひ当社で手がけてください。
ゲーム創りにアツい想いをお持ちの方からのご応募をお待ちしています!

株式会社gloopsの求人情報

募集要項

募集職種名採用担当◆経験浅めOK◆賞与年2回◆土日祝休み◆残業月20h前後
仕事詳細当面は、日程調整や合否連絡等、アシスタント寄りのお仕事をお任せします。
その後、状況に応じて、スカウトや面接面談の対応等、レベルの高いお仕事もお任せしたいと考えています。
「gloopsの採用をよりよくするにはどうすれば良いか」
紹介会社などの外部パートナーとのリレーション強化や、採用に関わるプロモーションをサポートいただきます。

≪ 具体的には… ≫
◆採用プロセスの管理・実行
◆面接や面談の日程調整・実施
◆エージェント対応やダイレクトリクルーティング業務
◆求人情報の作成およびブラッシュアップ
など、採用に関する幅広い業務を行っていただきます。

=== 配属チーム構成 ===
『人事部 採用チーム』
・採用責任者:1名
・採用担当者:2名

【注目】“ 攻めの採用担当 ”としてのチャレンジ。
年間を通して中途採用を行っており、採用ブランディング設計、採用広報の強化、新たな手法の開発などにも取り組んでいます。今回ご入社いただく方には、まずはアシスタントよりの業務をお願いします。既存の手法にとらわれることなく、積極的な提言、提案に期待しています。

【注目】「本当に面白いゲーム」を「つくりきれる」人材採用を。
「もっとこうしたい!」というアツい想いを持っている方を、これからもどんどん採用していきたいと考えています。そういう方に当社の魅力はもちろん、「本当に面白いゲーム」を目指すからこその大変な側面も正直にお伝えし、ミスマッチの少ない人材採用に努めてください。
雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)東京都港区六本木一丁目四番五号 アークヒルズサウスタワー6F
◎アクセス◎
・東京メトロ「六本木一丁目駅」直結
勤務時間10:00~19:00(所定労働時間8時間)

【残業について】
平均で月20時間前後

★「かえるでぇ~」
メリハリのある業務遂行を目的として、月2回ほど“原則、定時にて業務を終了する”取り組みを行っています。

【目安残業時間】
30時間以内
給与・年収年俸額 320万円~500万円 + 別途賞与年2回支給(原則、基本給2ヵ月分/年)
◆月給23万7491円~
・固定残業手当月45時間分/6万1491円~を含む(45時間超過分は追加で支給)
—————
※経験・能力を考慮の上、規定により決定します
※試用期間3ヵ月(条件に差異はありません)
休日・休暇◆完全週休2日制(土日)
◆祝日
◆夏季休暇
◆冬季休暇
◆GW
◆慶弔休暇
◆有給休暇(取得率80%)
◆介護休暇
◆リフレッシュ休暇(有給とは別に年間5日付与)
◆永年勤続休暇(勤続5年で休暇5日と祝金5万円進呈)

応募ボタンへ進む

企業情報

会社名株式会社gloops
(企業カナ名称:グループス)
本社所在地東京都港区六本木一丁目四番五号 アークヒルズサウスタワー 6F
設立日2005年8月
代表者代表取締役社長 李 仁
従業員数300名
URLhttp://gloops.com/
業種ソフトウェア、システム開発関連/インターネット関連/その他メーカー
事業内容◆ソーシャルアプリケーション事業

=== みんなの手に、新しい遊びを。 ===
gloopsは、モバイルエンターテインメントの可能性を追求します。楽しみと驚きに溢れるコンテンツを創造し、みなさまに繋がり合う面白さを提供していきます。私たちは、「遊び」を革新し続ける、ソーシャルエンターテインメントプロバイダーです。

【 主要取引先 】
株式会社ディー・エヌ・エー
株式会社サイバーエージェント
株式会社カプコン
Apple Inc.
株式会社gloops

応募ボタンへ進む

募集背景
◆ 新生gloopsをけん引していってくれる人材を求めています ◆
変革期を迎えた今、さらなる質の高い採用活動を行っていくことは急務。今回の募集も、そのための組織強化の一環です。今後、採用チームを強化し、アグレッシブに動ける体制を築く中で、プロ意識をもって“攻めの採用”に携わっていただける方を広く募ります。
待遇・福利厚生
◆賞与年2回
◆昇給年1回
◆各種社会保険完備
◆交通費全額支給
◆近隣住宅手当(会社から2km圏内にお住いの方に試用期間経過後月額4万円を支給)
◆セミナー参加費用や書籍購入費用の会社負担
◆誕生祝金制度
◆サークル活動支援
◆インフルエンザ予防接種
◆産業医による健康指導
◆社員総会

≪ 育児・看護サポート ≫
◆時短勤務制度
◆子どもふれあい勤務制度
◆保育費補助制度
◆出産祝金(10万円)
◆子の看護休暇

≪ オフィス環境 ≫
◆マッサージチェア常設
◆レクリエーションスペース
(ミーティングのない時間帯は、ラウンジをレクリエーションスペースとして開放。リフレッシュや交流の場となっています)
歓迎する経験・スキル
◎ソーシャルゲーム業界・Web業界の出身者
◎エンジニア・クリエイティブ職種の採用経験者
◎ゲームプランナーからのキャリアチェンジをお考えの方
取材担当者より
「人を楽しませることを忘れていた」。それが本当のことでも、そんな風に自身を顧みることができる企業がどれほどあるだろう。そして、その反省を踏まえて、体制そのものを「ユーザーファースト」を追求できるものに変革していける企業はきっと、もっと少ないはずだ。東証一部上場企業グループとしての安定基盤にあぐらをかくことなく、それをやってのけた同社には「本当に面白いゲーム」を創るという自負と覚悟が確かにあると感じた。ただし、それを暗い表情で語る社員が同社に一人もいないことを付け加えておきたい。将来の展望を語る皆さんの明るい笑顔が印象に残る。「ユーザーフレンドリーな会社」を目指すという同社の爽やかな覚悟。ゲーム業界でのチャレンジを希望する方が、心の底から夢中になれる仕事が同社にはあるはずだ。

応募ボタンへ進む

応募方法

選考プロセス【STEP01】Web応募書類による書類選考
 ▼
【STEP02】面接(2回/人事・配属先担当者)
 ▼
【STEP03】内定

【@type】の専用応募フォームからご応募ください。
◆ご応募から内定までは2週間程度を予定しております
◆応募の秘密厳守します
◆応募書類はご返却できませんので、予めご了承ください
——————————
平日夜間(20:00スタート)での面接も調整しますし、
遠方の方はSkypeでの面接も可能です。
もちろん面接日、入社日もご相談に応じますので、
現在ご就業中の方も、お気軽にご応募ください。
応募資格ゲーム業界未経験の方もまずはご応募ください!

◆下記いずれかのご経験をお持ちの方
・人材サービス会社での経験
・採用担当の経験
★どちらも「アシスタントレベル」でOK

※学歴不問

≪ 求める人物像 ≫
◇当事者意識を持って主体的に動ける方
◇日程調整など、事務的な作業も丁寧に行える方
◇自ら考え、動ける方
◇採用という職務に情熱を持って取り組める方

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

株式会社gloopsが募集している他の職種

人事の他の求人はこんなものがあります

人事について知ろう

人事に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。人事の仕事において最も重要視される能力は、コミュニケーション能力、秘密保持や労務に関する知識などと、ものごとを俯瞰してみられる視野の広さが挙げられます。会社にとって人材とは、ある意味最も重要な財産であり、そういった人たちが気持ちよく働ける環境を整え、その会社の環境や業務内容に適応できる人材を採用することも人事としての責任です。「人」という非常にデリケートな部分に携わる業務なので、コミュニケーション能力は人事をする上で最も重要な素質です。
人事どんな人に向いている?
人事はある意味では、会社で最も多くの人と接するポジションであるとも言えます。よって、日々多くの人と会うことが苦ではない人が向いていると言えます。また、会社と人材開発方針と社員ひとりひとりのキャリアビジョンを時には天秤にかけならければならない場面も必ず存在するので、一方的なコミュニケーションではなく、社員が今どういう不満をもっているか、はたまた不満はなくてもどんな働き方の改善を望んでいるか、先を見据えて物事を判断する必要が生じてきます。