1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会社名非公開の転職・求人詳細

会社名非公開

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
マイナビ転職エージェントサーチ

この求人情報は、人材紹介会社である「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」が取り扱っています。

弁理士・特許技術者 (機械、電気)

学歴不問フレックスタイム制語学力を活かせる資格取得支援 正社員

弁理士・特許技術者 (機械、電気)であなたの能力を発揮しませんか?

募集要項

募集職種名弁理士・特許技術者 (機械、電気)
仕事詳細明細書作成~権利化までの一連の対応を中心に取り組んでいただきます。
・明細書作成
・中間処理
・進捗管理
・異議申立、無効審判
・特許申請
・弁理士補助業務 など
雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)大阪府大阪市
勤務時間9:00~17:30 
<弁理士、特許技術者共通>フレックスタイム制(1日7.5時間勤務)※コアタイム:10:00~15:45
<弁理士のうち、希望者>裁量労働制(8.5時間のみなし勤務)※完全自由出勤
※育児短時間勤務希望者は、実働6時間まで勤務時間を短縮
給与・年収【年収】500万円 ~ 1,000万円
【賞与】年3回(昨年実績:3.5ヶ月分)
待遇・福利厚生【保険】健康保険、厚生年金、労災、雇用保険
【待遇・福利厚生】企業年金基金(確定給付型)、財形預金、所得補償保険、補助制度:勤務時間外の自己研鑽の為の各種受講費用の半額補助制度有り(弁理士受験機関、英会話、中国語会話、翻訳コース、夜間大学の費用補助)、退職金
【通勤交通費】通勤手当
休日・休暇【休日】土、日、祝日
【年間休日】117日
【休暇】慶弔休暇、有給休暇、弁理士試験休暇、リフレッシュ休暇等
スキル・経験特許事務所もしくは事業会社にて明細書作成の実務経験のある方
【語学力】英語力を有する方

応募ボタンへ進む

求人の募集元企業

会社名会社名非公開
従業員数80名(グループ合計150名)
事業内容・特許、実用新案、意匠、並びに商標(含サービスマーク)に関する、出願から権利取得及び権利維持・権利行使に至るすべての業務
・外国出願(パリ優先出願、PCT出願)に関する、出願から権利取得及び権利維持・権利行使に至るすべての業務支援
・先行技術調査
・調査
・鑑定
・審判手続
・審決等取消訴訟
・侵害訴訟の補佐
・発明の発掘および出願戦略策定の支援
・技術翻訳(出願明細書、特許公報、契約書等)

応募ボタンへ進む

募集背景
業績好調による増員の為
雇用形態
【正社員】
メッセージ
赤い「エントリーする」ボタンで、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)へエントリーができます。求人への応募はもちろん、詳細を確認したい、転職の相談がしたいなど、少しでも関心をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽にご登録ください。

応募ボタンへ進む

応募方法

選考プロセス【面接回数】1~2回

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

この求人を取り扱う人材紹介会社の情報

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)

独占求人多数保有。ジュニア・ミドル・スペシャリストに強みあり。企業との直接やり取りによる圧倒的交渉力で、各業界に精通したコンサルタントがあなたを“直接”企業に売り込みます。あなたへご紹介企業の価値を“より深く”お伝えします。

【必読】

この求人情報は、人材紹介会社である「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」が取り扱っています。

この求人に応募すると、マイナビ転職エージェントサーチに会員登録された後、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)に登録され応募完了となります。
その後、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)から面談の可否について連絡があります。

すでにマイナビ転職エージェントサーチの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、
マイナビ転職エージェントサーチに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

当サイト経由でマイナビ転職エージェントサーチに登録を行う場合、スカウトサービスの利用は「可」の状態での登録となります。

情報提供元:(株)マイナビ「マイナビ転職エージェントサーチ」会員規約個人情報の取り扱いについて

弁護士、弁理士の他の求人はこんなものがあります

弁護士、弁理士について知ろう

弁護士、弁理士に必要なスキル・資格は?
弁護士の国家資格が必須です。弁護士の資格を持っていない人が弁護士を名乗ってはいけない為、仕事をする場合は資格を取得することになります。何度も相談を受ける事になり、相手の方を納得させる話し方も必要になってきます。法については理解を進めておくことに加えて、債務整理を中心とするなら借金問題について、裁判などを担当する場合は犯罪の知識を中心に得ていなければなりません。裁判では的確な説明をすることとなりますので、納得させられるような話術、相手を刺激しないような語学力が求められ、変な言葉遣いなども使わないように気をつける必要があります。
弁護士、弁理士どんな人に向いている?
正義感を持っている人が向いている仕事で、依頼されたことを最後までやり抜く力が求められます。中途半端な気持ちで仕事をすることは非常に難しく、弁護士は大きな責任を背負って仕事を行います。忍耐力も同時に求められている資質で、相当厳しいことを言われたり、早く終わらせるように話をされることもありますが、思っていることを確実に実行するために、ぶれない姿勢も必要です。事務所に所属する場合は、他の弁護士との協力体制も取ることがあります。その場合に的確な情報交換が必要となりますので、コミュニケーション能力も必要とされ、この仕事では大事な資質に入っています。