1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会社名非公開の転職・求人詳細

会社名非公開

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
マイナビ転職エージェントサーチ

この求人情報は、人材紹介会社である「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」が取り扱っています。

本社・総務人事(教育研修)

産休・育休取得実績残業少なめ 正社員

本社・総務人事(教育研修)であなたの能力を発揮しませんか?

募集要項

募集職種名本社・総務人事(教育研修)
仕事詳細国内7工場の各現場での課題の吸い上げ、会社ビジョンに合わせての研修・教育内容の企画、立案、予算管理、運営、外部業者との折衝や、研修講師等、教育研修のポジションとして2名体制で幅広く対応いただきます。
※全国の工場へ出張、外出も発生します。
雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)大阪府大阪市
勤務時間8:30-17:15 実働8時間 残業あり
給与・年収【年収】350万円~550万円
【月額】19.5万円~30万円
【賞与】年3回
待遇・福利厚生【保険】健康保険 厚生年金 労災 雇用保険 各種団体保険
【待遇・福利厚生】家族手当、住宅手当、企業年金、財形貯蓄制度、持株制度、寮・住宅補助制度、育児介護休暇制度
【通勤交通費】全額支給
【自動車通勤】不可
休日・休暇【休日】土・日・祝日
【休暇】夏季休暇、年末年始休暇、育児休暇、慶弔休暇、特別休暇(結婚休暇5日等)
スキル・経験人事総務経験者
【語学力】不要
【学歴】大学卒業

応募ボタンへ進む

求人の募集元企業

会社名会社名非公開
設立日1950年07月
資本金86億6947万円
従業員数2011名
事業内容医薬品(医療用・一般用) 医薬部外品、食品添加物、健康食品等の製造及び販売、その輸出入

応募ボタンへ進む

募集背景
部門・体制強化の為
人員補強
雇用形態
【正社員】
メッセージ
赤い「エントリーする」ボタンで、Spring転職エージェント(アデコ株会社)へエントリーができます。求人への応募はもちろん、詳細を確認したい、転職の相談がしたいなど、少しでも関心をお持ちいただけましたら、ぜひお気軽にご登録ください。

応募ボタンへ進む

応募方法

選考プロセス書類選考→総務部長面接→役員。筆記試験有
※面接は最大3回。(1~2回で終了予定)

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

この求人を取り扱う人材紹介会社の情報

Spring転職エージェント(アデコ株式会社)

独占求人多数保有。ジュニア・ミドル・スペシャリストに強みあり。企業との直接やり取りによる圧倒的交渉力で、各業界に精通したコンサルタントがあなたを“直接”企業に売り込みます。あなたへご紹介企業の価値を“より深く”お伝えします。

【必読】

この求人情報は、人材紹介会社である「Spring転職エージェント(アデコ株式会社)」が取り扱っています。

この求人に応募すると、マイナビ転職エージェントサーチに会員登録された後、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)に登録され応募完了となります。
その後、Spring転職エージェント(アデコ株式会社)から面談の可否について連絡があります。

すでにマイナビ転職エージェントサーチの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、
マイナビ転職エージェントサーチに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

当サイト経由でマイナビ転職エージェントサーチに登録を行う場合、スカウトサービスの利用は「可」の状態での登録となります。

情報提供元:(株)マイナビ「マイナビ転職エージェントサーチ」会員規約個人情報の取り扱いについて

人事の他の求人はこんなものがあります

人事について知ろう

人事に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。人事の仕事において最も重要視される能力は、コミュニケーション能力、秘密保持や労務に関する知識などと、ものごとを俯瞰してみられる視野の広さが挙げられます。会社にとって人材とは、ある意味最も重要な財産であり、そういった人たちが気持ちよく働ける環境を整え、その会社の環境や業務内容に適応できる人材を採用することも人事としての責任です。「人」という非常にデリケートな部分に携わる業務なので、コミュニケーション能力は人事をする上で最も重要な素質です。
人事どんな人に向いている?
人事はある意味では、会社で最も多くの人と接するポジションであるとも言えます。よって、日々多くの人と会うことが苦ではない人が向いていると言えます。また、会社と人材開発方針と社員ひとりひとりのキャリアビジョンを時には天秤にかけならければならない場面も必ず存在するので、一方的なコミュニケーションではなく、社員が今どういう不満をもっているか、はたまた不満はなくてもどんな働き方の改善を望んでいるか、先を見据えて物事を判断する必要が生じてきます。