1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 株式会社アヴァンセ・アジルの転職・求人詳細

株式会社アヴァンセ・アジルの求人情報

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
ピタジョブ

安定感抜群企業の「営業事務」募集!(若干の総務人事の補佐あり・残業月10時間程度・休日出勤なし)

未経験者歓迎第二新卒・既卒者可転勤なし年間休日120日以上土日祝日休み産休・育休取得実績残業少なめ 正社員

募集要項

募集職種名安定感抜群企業の「営業事務」募集!(若干の総務人事の補佐あり・残業月10時間程度・休日出勤なし)
仕事詳細「あらゆる人々に感動と喜び溢れる快適空間を提供し、社会に貢献する」ことを理念として掲げ、商業施設やアミューズメント施設の企画・設計・空間デザイン、施工、維持、人材の教育・派遣などを行うインターライフホールディングス。
当社はその中でも、商業施設や文化施設の「企画、設計デザイン、施工」「インテリア仕上げ」などを担い「繁盛店」作りをトータルにプロデュースしています。

あなたには、営業事務として、受注をした工事の請求関連業務や、資材の仕入れ、協力会社に対する支払いの事務業務、それに付随する基幹システムへの入力や、営業サポートとして提案書作成の支援、電話対応、来客対応、問い合わせ業務などを対応いただきます。当社の営業や設計・施工担当がスムーズに仕事を進められるよう、支援をお願いします。

【具体的には】
○基幹システム入力業務
○仕入・請求関連業務
○電話対応
○その他、付随業務
○総務人事の業務補佐あり

上場企業のグループとして、会社としての安定感も抜群です。休日出勤はナシ&残業は月10時間程度と、プライベートも大切にして落ち着いて働ける環境です。

雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)東京都荒川区東尾久4-16-12 東尾久ビル

○アクセス
・日暮里舎人ライナー「赤土小学校前駅」西口より 徒歩3分
・JR山手線、京浜東北線「田端駅」北口より徒歩13分
勤務時間9:00~18:00(実働8時間)
※休憩60分
※残業月平均10~20時間程度(月初は支払い請求業務などで残業が増えます)

★休日出勤はありません!
給与・年収想定年収300~375万円
※ご経験、スキルを踏まえ決定します
※入社3年後以降は、業務スキルに応じて340~415万円程度を想定しています

月給200,000~250,000円
※見なし残業20~25時間含む(職位により変動)

○昇給:年1回
○賞与:年2回(昨年実績3ヶ月分、業績に応じて支給)
待遇・福利厚生【年間休日125日】
週休2日制(土日祝日)
夏季休暇
冬期休暇
育児休暇
介護休暇
結婚出産休暇
忌引休暇
介護休暇など
休日・休暇社会保険完備(雇用保険/労災保険/健康保険/厚生年金)
退職金制度
交通費全額支給
401k(確定拠出年金制度)
従業員持ち株会制度
ベネフィットステーション
EAP
オフィスカジュアルOK

応募ボタンへ進む

株式会社アヴァンセ・アジルの求人情報

企業情報

会社名株式会社アヴァンセ・アジル
設立日2007年8月1日
代表者代表取締役 猪又 浩
URLhttp://a-agile.co.jp/

応募ボタンへ進む

応募方法

応募方法こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
応募資格【必須の経験・資格・スキル】
●高卒以上
●事務経験がある方
●基本的なPCスキル(Excel、Word)がある方
★30代以上の方も活躍中です!

【歓迎する条件】
・簿記3級以上
・営業事務の実務経験(建築関係)
・総務人事の実務経験

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

人事について知ろう

人事に必要なスキル・資格は?
必須な資格はありません。人事の仕事において最も重要視される能力は、コミュニケーション能力、秘密保持や労務に関する知識などと、ものごとを俯瞰してみられる視野の広さが挙げられます。会社にとって人材とは、ある意味最も重要な財産であり、そういった人たちが気持ちよく働ける環境を整え、その会社の環境や業務内容に適応できる人材を採用することも人事としての責任です。「人」という非常にデリケートな部分に携わる業務なので、コミュニケーション能力は人事をする上で最も重要な素質です。
人事どんな人に向いている?
人事はある意味では、会社で最も多くの人と接するポジションであるとも言えます。よって、日々多くの人と会うことが苦ではない人が向いていると言えます。また、会社と人材開発方針と社員ひとりひとりのキャリアビジョンを時には天秤にかけならければならない場面も必ず存在するので、一方的なコミュニケーションではなく、社員が今どういう不満をもっているか、はたまた不満はなくてもどんな働き方の改善を望んでいるか、先を見据えて物事を判断する必要が生じてきます。