1. キャリアインデックス転職TOP >
  2. 関東 >
  3. 東京都 >
  4. 千代田区 >
  5. クリエイティブ系 >
  6. インターネット・WEB系 >
  7. WEBデザイナー >
  8. 株式会社 POLの転職・求人詳細
  • 正社員

株式会社 POL

【webデザイナー(UI / UXプロダクト部門)】スタートアップの成長を支えるインハウスデザイナー募集!

株式会社 POLの求人情報-00

“理系学生や研究者の当たり前をつくる”をビジョンに掲げ、“研究室×IT=Lab Tech”を手がける。
第1弾のサービス「Lab Base」は、大学の研究室に所属する学生が研究ポートフォリオや実験内容、論文などのプロフィールを登録。理系学生を採用したい企業が検索し、意中の学生をスカウトすることができる。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

仕事詳細
【募集背景】
近年、デザイナーの活動領域が拡張していますが、POLでも同じく、プロダクトのUI/UXデザイン、マーケの広告デザイン、ブランドデザイン...と活躍できるフィールドが幅広くあります。「作る」だけをゴールにせず、デザインを通じて事業成長・プロダクト成長に貢献し、社会を良くしていきたいという熱意をお持ちの方は、ぜひご応募ください!

【具体的な業務内容】※強みに合わせてご担当いただきます
・自社プロダクト/サービスのUI/UXデザイン
・施策の企画、設計といった上流工程への関与
・クリエイティブを用いたユーザーとのコミュニケーション設計
・目標達成への戦略設計
・他部署との連携、コミュニケーション
職種
WEBデザイナー
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
東京都
勤務地(住所)
〒100-0004
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル9F
交通
【勤務地詳細】
【アクセス】
・東京メトロ丸ノ内線
・東京メトロ東西線
・東京メトロ千代田線
・東京メトロ半蔵門線
・都営地下鉄三田線
各線「大手町駅」E2出口直結
給与・年収
360万円〜748万円

※スキルやご経験に応じて決定いたします。
待遇・福利厚生
■各種社会保険完備
■交通費全額支給(月3万円まで)
■健康診断
■業務用Macbook支給
■オフィスグリコ
休日・休暇
完全週休2日制(土日)、祝日・有給休暇、夏季・年末年始休暇、慶弔休暇
配属部署
プロダクトチーム
or
マーケティングチーム

企業情報

会社名
株式会社 POL
(企業カナ名称:カブシキガイシャ ボル)
本社所在地
東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル9F
設立日
2016年09月
資本金
613,130,500円(準備金含む)
代表者
代表取締役CEO 加茂 倫明
株式公開区分
非上場
従業員数
63人
平均年齢
31.0歳
主要取引先
富士フイルム株式会社
三菱地所株式会社
株式会社デンソー
Sansan株式会社
住友電気工業株式会社
URL
https://pol.co.jp/
事業内容
【研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創造する】
株式会社POLは、理系の研究生を対象にした人材紹介サービス、研究者向けのメディア運営などを展開している企業です。2016年に設立されたベンチャー企業ですが、既に複数の事業を走らせています。

《提供中のサービス》
・LabBase(ラボベース)
・LabBase Now (ラボベースナウ)
・LabBase plus(ラボベースプラス)

【お客様は大手からベンチャーまで多岐にわたる】
サービスが好評をいただき、着実にお客様を増やしてきました。
  • 株式会社 POLの求人情報-01

その他・PR

求人の背景
研究者の研究環境をより良いものにすることで、科学の発展に寄与したいという想いを持つ当社。
閉鎖的だったアカデミアをオープンにすることによって、ヒト・モノ・カネ・情報の産学連携など、
外部との関わりも促進したいと考えています。

難しい挑戦ではありますが、社会のためになるという確信と、それを成し遂げた時のインパクトの
大きさにワクワクしながら、日々頑張っています。
今回は、一緒に当社を創るコアメンバーを募集することになりました。

「新規事業(0から1を作る)に携わってみたい」「アナログな市場のIT化に興味がある」など、想いをお持ちの方はまずはエントリーください。
この仕事で得られるもの
ブランディングやマーケティングなど、クリエイティブを起点に様々な領域にチャレンジ可能です。
企業文化や組織文化デザインなど、興味関心と適性に応じてHR領域へも参画可能です。
デザイナーとしてプロダクト・会社のブランディング~ユーザーの体験価値最大化を目指しつつ、
ご自身の裁量でいくらでも新たな領域にチャレンジできる環境が提供可能です。
POLの魅力
POLはマインドが高く維持できているメンバーが揃ってます。そのため、熱量が120%のメンバーと一緒に働いていける環境です。毎週金曜に行なう全社会議では課題共有にフォーカスせず、各部署の進捗共有に加えメンバーの成果を褒め称え合う文化があります。

ほかにも、定期的に行なう社員勉強会や年5~6回行なう合宿など、互いを高め合う機会が多数。他者への感謝・尊敬・共感があふれているポジティブな空間で、意欲的に働きたい方はぜひエントリーください。
POLのデザイナーとは
プロダクトをグロースさせるうえでデザイナーの役割は非常に重要であると考えています。実際に弊社では、特定の領域において、PMと同様の役割を期待されています。
例えば、エンドツーエンドの顧客体験の創造、ご利用企業様~ユーザーの代弁等。これらは、デザインの力で方向性を定めていくものです。
研究者の可能性を最大化するプラットフォームを創る
私たちは、研究関連市場をテクノロジーで革新する”LabTech(Laboratory×Technology)スタートアップ”の株式会社POLです。
世界を革新してきた多くのイノベーションが研究室発端という事実から、まずは科学の発展に重要な人材が多く潜む研究室に注目し、より優秀な研究者の可能性を最大化できる世の中にしようと想い2016年9月に創業しました。

創業から理系学生に特化した新卒採用サービス「LabBase(ラボベース)」を運営しています。
「LabBase」は学生がデータベース上に自分の研究内容やスキルを書きこむだけで、企業からのスカウトを受けられるという理系に特化したダイレクトリクルーティング型の就活サービスです。
2020年8月時点で、登録学生数3万人、利用企業数300社を突破し、 2017年2月のサービス開始から3年足らずで日本最大級のシェアを誇る理系学生の採用サービスとなっています。

2019年7月、9月にSpiral Ventures Japan、BEENEXT、Beyond Next Ventures、PKSHA Technology、サイバーエージェントから合わせて約10億円の資金調達を実施しました。
今回の調達は、主に「LabBase」の事業成長に必要なマーケティング強化と人員強化に活用する方針です。

また、2020年にはオンラインイベントプラットフォーム『LabBase Now(ラボベース ナウ)』、研究者/技術者のスカウト・ヘッドハントサービス『LabBase plus(ラボベース プラス)』の2つのプロダクト をリリースしました。

『LabBase Now(ラボベース ナウ)』は理系学生とオンラインで気転に出会える様々なイベントを企画・運営しており、
すでに参加学生500名・現在利用企業は100社を超え、イベント経由の内定者も続出しており『LabBase』に続く第二のプロダクトとして急成長しています。

『LabBase plus(ラボベース プラス)』は第二新卒・中途向けのグローバルキャリアプラットフォームとして、機械学習・深層学習など社会の発展に欠かせない先端技術系の知見を有したトップ人材の最適配置を支援しています。
現在登録者の約70%が海外ユーザーであり、すでにCxOクラスの内定者を創出する実績も出しています。
新卒領域だけでなく、中途領域にも提供価値の幅を拡げるPOLのプラットフォームの主軸として、今後本格的にリソースを投下し成長を加速させていく予定です。

また今後は研究者の課題をテクノロジーで解決するLabTech事業群を創出していく方針です。
その一つがデジタル展示会プラットフォーム。『世界最大のデジタル科学技術見本市を作り、イノベーションの創出を加速する』という事業ビジョンの元、製造業、医療、IoTなど様々な領域の第一線で活躍する有識者を巻き込みながら、魅力的な展示会を開催していきます。

POLは”LabTechスタートアップ”としてより価値を深めるために、新規事業にも積極的に投資を続けながら、研究者の可能性が最大化される機会を創出していきます。
巨大なブルーオーシャンでの大きな事業可能性
研究関連市場は、巨大な市場でありつつも、まだテクノロジーが入っていない未開拓な市場でもあります。

国内だけでも研究人材市場4000億円、研究委託市場1.6兆円、試薬市場4000億円、機器市場2000億円など、巨大な市場が隣接しているというのが、LabTech市場の構造です。

日本ではまだ事例の少ないLabTech領域ですが、欧米ではここ数年でLabTechスタートアップが多数誕生し、大きな成功事例も出てきています。

例えば、研究者向けSNSのResearchGateが、1億ドル以上調達し、世界中で1200万人以上の研究者に使われていたり、研究者と企業をマッチングするScience Exchangeが、NASAやSpaceXをはじめとした名だたる企業に使われていたり。

POLは、LabTech領域に大きなポテンシャルと社会的意義を感じ、この領域のトップリーダーになるべく、LabBaseをはじめ研究者の可能性を最大化するサービスをどんどん創っていきます。

また、事業を国内市場に留めるつもりは毛頭なく、海外展開を視野に入れて戦略を立てているので、グローバルサービスを創りたい方にもおすすめです。
「全員経営者」「ベテランと若手の融和」「仕事も人生、楽しくやろう」
POLは、現在社員数約50名のスタートアップ。2018年10月時点では10名ほどだった社員が、約1年で50名ほどに大きく増えました。また全国に60名以上の学生インターンが在籍しており、お互いに切磋琢磨しながら成長しています。

CEOの加茂はForbes Under 30 Asia 2019のHealthcare & Science部門に、アジアの注目の若手30名のうちの1名として選出いただいており、社員以外にも某IT企業元CTOを含め経験豊富な方々が20名以上、顧問や社会人インターンといった形で参加頂いているので、ベンチャーでありながらも様々なバックグラウンドを持った人々が集っているのも特徴です。

経営者意識/オーナーシップを強く持ったメンバーが多く、情報と裁量権を最大限もらえる環境の中で、活き活きと働き、日々成長しています。トップダウンではなく、メンバーの意見やアイデアを吸い上げつつ一緒に考えるという経営方針で、フラットでオープンな組織風土が浸透しています。

また、「仕事も人生の一部なので、楽しくないと意味がない。」と考えており、目標達成に向けて全力で真摯に取り組む中でも、笑いの絶えないポジティブで明るい会社です。

2019年9月、10億円の資金調達と大手町ビルへの移転により、次のステップを目指して進んでいます。

応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
▼書類選考
▼面接2~3回
▼内定
※上記は変更となる場合もございます。
採用人数
1
応募資格
【必須スキル】
- 3年以上のデザイン実務経験
- Illustrator/Photoshop, Figmaなどのデザインツールを用いた実務経験
- プロダクト/サービスのUI/UXデザインの経験
- PdMやエンジニアとのチーム開発や協業経験

【歓迎スキル】
- 企業やサービスのブランドデザイン経験
- クリエイティブディレクターまたはアートディレクターとしての実務経験
- マーケティング施策に対して、デザインによる数値改善・提案の経験
- 他職種とのビジネス視点を持ったコミュニケーション力
- 企画提案の経験
- コピーライティング能力
- UXリサーチの経験
- HTML/CSS/JavaScript

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

WEBデザイナーの他の求人はこんなものがあります

WEBデザイナーについて知ろう

WEBデザイナーに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。「ウェブデザイン技能検定」という特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が主催する検定はありますが、これがないと仕事ができないわけではありません。デザインの作成スキルは必要になりますが、実際の業務を経験しながら体得することも多く、最初から高いデザインスキルが必要というわけではありません。そのため美術大学の出身である必要はなく、まずWeb制作会社に入社し、経験を積みながら覚えていくという流れが一般的です。また、あわせてコーディングなどのWebの知識もあるとよいでしょう。
WEBデザイナーどんな人に向いている?
デザイン関係の仕事に就きたい人は勿論のこと、チームでひとつのことを成したい人、相手のことをしっかり考えられる人が向いています。ひとつの制作にはWebデザイナーだけではなくプロデューサーやディレクター、プログラマー、マーケティングなどさまざまな人たちが関わります。また、デザイナーはデザインだけをやっていれば良いわけではなく、企画の意図や目的を理解し、具現化する力や、サイト利用者の気持ちになって使いやすさを追求する必要があるため、チームで動くのが好きで、相手のことをしっかり考え、意見を述べられる人に向いています。

お仕事探しアドバイス

この求人のようなインターネット関連業界への転職を考えているユーザーの情報まとめ
キャリアインデックスに登録をしているユーザーの中で、インターネット関連業界希望のユーザーは、現在の年収が平均:532万円です。男女比は男性・74%:女性・26%で、平均年齢は46歳です。これまでに平均3回ほどの転職を経験しており、現在は離職中の人が35%・就業中の人が65%です。また、この業界には、英語スキルが全く不可レベルで応募可能な職種の求人もあります。インターネット関連業界の求人にご応募される際は是非ともご参考にしてください。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ