1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. PwC税理士法人の転職・求人詳細

PwC税理士法人の求人情報

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
@type

【税務コンサルタント】税務に関する実務経験不問/充実の研修でサポート/国内最大級のタックスアドバイザー

未経験者歓迎海外勤務年間休日120日以上外資系企業土日祝日休み働くママ歓迎産休・育休取得実績資格取得支援 正社員

国内最大級のタックスアドバイザー PwCメンバーファームの一員として、活躍できます!

私たち『PwC税理士法人』は、
PwCグローバルネットワークの日本におけるメンバーファーム。

税理士、公認会計士など約570名のスタッフを有する
日本最大級のタックスアドバイザーとして、
法人・個人の税務申告をはじめ、
金融・不動産関連、移転価格、M&A、事業再編、国際税務、
連結納税制度まで、幅広い分野における
税務コンサルティングを提供しています。

当法人の大きな特徴は、
複雑化する税法やクライアントニーズの高度化に柔軟に対応できるよう、
サービスラインごとに専門グループを編成し、
国内外のPwCメンバーファームとも連携しながら、
グローバルかつ多様なサービスを実現していることです。

あなたにはその中で、税務コンサルタントとして活躍していただきます。

当法人では、一人ひとりが最大限に能力を発揮し、
プロフェッショナルへと成長できる人材育成の仕組みがあるため、
一歩ずつ着実に、スキルアップしていくことが可能です。

将来的には、「アソシエイト」→「シニア アソシエイト」
→「マネージャー」→「シニア マネージャー」
→「パートナー」というキャリアパスも描けます。

日本を含む157ヵ国で活躍する208,000人超のスタッフの一人として、
高品質な税務コンサルティングを通して
多くの企業や団体、個人の価値創造を支援していきませんか?

PwC税理士法人の求人情報

世界各国に張り巡らされたPwCグローバルネットワークと協働できることが、私たちの最大の強みです!

募集要項

募集職種名【税務コンサルタント】税務に関する実務経験不問/充実の研修でサポート/国内最大級のタックスアドバイザー
仕事詳細【具体的にどんな仕事?】
国内外における最新の税制度に基づく最適な税務ポジションの実現をミッションとし、
税務コンサルティングおよび申告書作成の業務を行っていただきます。

≪具体的な仕事≫
■各種税務に関する申告書・届出書・別表作成、税務調査立会・支援
■消費税・海外間接税等に関する相談サービス
■連結納税導入および導入後の各種支援、連結加入・離脱ならびに組織再編
■税務コンプライアンスプロセス変革支援、海外税務リスク・ヘルスチェック
■税務争訟支援における税務調査対応(国内・海外)、国税照会・ルーリング など

※アソシエイトもしくはシニアアソシエイトして入社後、コンサルタントを目指していただきます。

【この仕事の魅力は?】
★サポート体制も万全
すべてのスタッフ一人ひとりに育成担当者であるコーチがつき、成長を継続的かつ計画的にサポートしていきます。また入所後1年間は、メンターと呼ばれる先輩職員がつき、日々の業務のフォローや指導をしていくので、着実に成長できます。

★女性も活躍中!
男女の分け隔てなく、さまざまな業務を担当するチャンスがあり、仕事の内容によって評価される風土ですので、女性のパートナーやマネージャーもたくさんいます。そのため、育児のための短時間勤務制度などもあり、女性がイキイキと働ける環境づくりも積極的に推進しています。

【どんな経験・スキルが活かせる仕事?】
税理士や公認会計士の知識を活かして、税務コンサルタントを目指せます。
雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル15階
※海外勤務制度もあります。
【アクセス】
東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」より徒歩2分
勤務時間9:30~18:00(実働7.5時間)
給与・年収【入社後の想定給与】
※資格・経験・能力を考慮の上、優遇

【賞与について】
賞与年2回支給
※その他に、業績賞与もあります。

【人事評価の体制】
PwCの評価制度は、単なる実績の評価にとどまらず、プロフェッショナルとして成長することを目的に設計されています。各階層において求められる人材像とその構成要素(スキル、経験、マインド)を定義し、評価プロセスを通じて、現時点での自分自身の成長度合いと、今後の目指すべき方向性を明らかにし、昇給や昇格に反映しています。
待遇・福利厚生◇昇給
◇賞与2回(別途業績賞与有)
◇残業手当支給
◇各種社会保険完備
◇通勤定期券代支給
◇カジュアルデー制度有
◇各種研修
入社時研修、全体研修、部内研修、グループ内研修、海外語学研修(英語圏で約1カ月間)、外部研修など
◇税理士専門学校通学早退制度有
◇協会登録費用・公認会計士実務補習所費用全額会社負担
※公認会計士登録のために必要な実務経験を得ることができます。
◇財形貯蓄制度
◇英会話学校費用補助制度有
◇スポーツクラブ会員権有
◇昼食費補助
◇退職金

【産休・育休取得状況】
産前・産後休暇や育児休業を活用後、復職した事例も多数あり、女性も長く活躍できる環境です。
休日・休暇☆年間休日120日以上☆
◆完全週休2日制(土・日)
◆祝祭日
◆夏期休暇
◆年末年始休暇
◆有給休暇(10日間/年)
※勤務年数により有給休暇日数も増加します(最大で20日/年)
◆試験準備休暇
◆産前・産後休暇
◆育児休業
◆慶弔休暇
配属部署事業法人部・金融部・事業承継・資産税グループ
スキル・経験【歓迎する職歴・スキル・志向】
≪下記のようなスキル・経験をお持ちの方は優遇いたします≫
◎税務コンサルティングおよび申告書作成の実務経験(3年以上)
◎英語力
◎金融機関・ファンドでの実務経験(金融部)

応募ボタンへ進む

企業情報

会社名PwC税理士法人
(企業カナ名称:ピーダブルシーゼイリシホウジン)
本社所在地東京都港区赤坂3-21-20赤坂ロングビーチビル

※メールでのご質問の際は、
件名に「PwC税理士法人への質問」 と記載しお送りください。
設立日1998年7月
代表者理事長 宮川 和也
従業員数【従業員数】
約590名
URLhttp://www.pwc.com/jp/ja/tax.html
業種コンサルティング、シンクタンク
事業内容◆税務申告(法人税、所得税、消費税、固定資産税等)
◆金融ビジネス(金融機関、金融商品、証券化、ストラクチャードファイナンス等)
◆M&A・グループ組織再編
◆移転価格コンサルティングサービス
◆連結経営支援タックスサービス
◆プライベートウェルスサービス
◆中国ビジネス支援
◆グローバルタックスマネジメント
◆関税プランニング
◆外資系企業のビジネススタートアップ支援
◆事業再生
◆税務訴訟支援サービス


【備考】
東京事務所
大阪事務所
名古屋事務所
福岡事務所

応募ボタンへ進む

募集背景
業務拡大、体制強化のための増員募集です。
@type編集部の取材メモ
ビジネスのグローバル化が進む今、同社が提供しているさまざまな分野における税務アドバイスニーズが増加しつつある。そのため、同社では優秀な人材の確保と育成に力を入れているという。今回募集する職種で求められているのは、ニーズを的確に把握し、自ら考え、企画・提案していく能力。そこには失敗もあるかもしれないが、チャレンジする向上心を同社では大切にしているそうだ。そうした考えは、同社の経営姿勢にも反映されており、今後は日系企業のグローバリゼーション化への対応とワンストップサービスの実現へと挑戦し、PwCグローバルのスローガンである「No.1プロフェッショナルファーム」の一翼を担うような成長を目指していくとのことだ。そんな同社では、従業員の満足度調査を行い、その結果を分析し、働きやすい環境づくりにも注力している。グローバルな舞台での活躍を目指したい方は、応募することをおすすめしたい。

応募ボタンへ進む

応募方法

選考プロセス本求人は『株式会社キャリアデザインセンター type転職エージェント事業部』が運営する
『PwC税理士法人 @type採用事務局』を通し応募を受付させていただきます。

本求人へのご応募をもちまして転職サポートサービスご利用承諾・開始とさせていただきます。
予め下記URLより『利用規約/個人情報取扱規約』をご覧の上、ご応募ください。
http://shoukai.type.jp/terms.html

【ご応募方法】
下記応募ボタンよりご応募ください。
ご応募後の流れは採用事務局よりご連絡致します。

※選考の詳細に関しては
 採用事務局面談の際にご説明致します。

※採用事務局より@typeにご登録されている
 連絡先(携帯電話番号、メールアドレス)にご連絡させていただく
 可能性がございます。
 ご応募時に再度ご登録内容のご確認をお願い致します。

※応募者多数の際、
 採用事務局面談前に@typeご登録内容を元に書類選考を
 させていただく可能性がございます。予めご了承ください。

(@typeは『株式会社キャリアデザインセンター』が運営しております。)
応募資格◆税理士(科目合格者)もしくは公認会計士資格をお持ちの方

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

PwC税理士法人が募集している他の職種

会計コンサルタントの他の求人はこんなものがあります

会計コンサルタントについて知ろう

会計コンサルタントに必要なスキル・資格は?
必須の資格はありません。ただ、公認会計士などの会計関連の資格を持っている場合や、コンサルタントとして仕事をしている実績を持っている方が優遇されます。近年はグローバル志向が高まっていることを受けて、英語力が問われることもあります。英語はビジネスレベルで通用する人は歓迎されます。プロジェクトに携わったことがあり、企画や運営をする力、顧客との調整力が重要になります。特に採用されてしばらくは、顧客と直接話をする機会も多く、コミュニケーション能力も大事です。大卒以上の学歴を持っており、かつ他社で仕事をしている経験、特に財務関連の仕事に携わっていることが求められます。
会計コンサルタントどんな人に向いている?
プロジェクトの一員として仕事をすることになるので、誰とでも隔てなく話をすることができる力は必要です。そのため、高いコミュニケーションを取ることができる人は向いています。またお金の管理をすることが出来て、どのように使えばいいのか考えることができることも重要です。会計コンサルタントは、会計の問題点を解決するために必要なコンサルタントです。会社の赤字を軽減して、黒字転換できるような発想力も資質としては必要です。海外で仕事をする可能性もありますので、英語力を持っている人に向いている仕事です。特に外資系企業に対応する場合は、英語でのコミュニケーション能力も求められます。