1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. グラビティ 株式会社の転職・求人詳細
  • 正社員
  • 未経験者歓迎
  • 転勤なし
  • 服装自由

グラビティ 株式会社

※実務不問【CAE解析エンジニア】(解析~分析~提案できるまでのエンジニアとして成長できるポジション)

グラビティ 株式会社の求人情報

グラビティは、つくる喜びを知る技術集団です。
モノづくりに夢中でいられるいつまでもそんな集団でいたいと思います。

3Dプリンターを自腹で購入し、家族を喜ばすために小型ロボットを自作するエンジニア、
新卒の初任給で業務並みの高スペックのPCを購入ができ喜んでいる若手エンジニア、
家で使っているゲームコントローラーが使い難いので、
自作用のゲームコントローラーを作るエンジニア、
子供のために自作のGoogleホームを作るお父さんエンジニア

ものづくりへの純粋な想いを持ち続けているメンバばかりです。

まだまだ小規模な技術者集団ではありますが、
社員みんなで知恵を出し合い議論して、
それぞれの個性や技術力を適材適所で活かして技術基盤を創り上げています。

「最新の技術を追い続けていきたい」
「時代の変化に強いエンジニアになりたい」
「この先、生涯ずっと、モノづくりに関っていきたい」
「自分にしかできない技術を身に付けたい」

もし、1つでもそんな想いを持っていたら
ぜひグラビティという道を選んでみてください。

情報提供元:転職サイトgreen

募集要項

募集職種名
※実務不問【CAE解析エンジニア】(解析~分析~提案できるまでのエンジニアとして成長できるポジション)
仕事詳細
CAE(構造解析、流体解析)領域を担当頂き、
自動車や航空機等の開発における解析を行って頂きます。

【主な解析項目】
○自動車の衝突解析、強度耐久解析
○航空機の強度解析
○自動車の空力解析、冷却解析
○建造物の耐震解析
○電子機器の耐久解析

主な解析案件は上記の通りとなります。
具体的には自動車メーカーの新車開発、民間航空機、ヘリコプター等の航空業界、
原子力業界など様々な業界の構造・流体解析業務があります。

★未経験者の配属後から一人前の解析エンジニアになるまで
1、まずは解析ツールの扱い方の練習からスタート。
  ツールが扱えないと解析モデルをチェックすることが出来ないので
  ツールに慣れ、扱えるよう取り組みます。(約1ヶ月弱)
2、先輩のモデルチェック、計算結果の処理(3ヶ月~4か月ぐらい)
 ツールが扱えるようになったら、先輩が実勢解析したモデルをチェックや計算結果の処理をしながら
 解析モデルの作榮→計算→計算処理→納品までの流れを覚えていきます。
 これらの経験を経て一人で任されるようになってきます。

3、評価・分析・結果報告
 解析した計算結果を、評価、分析し、資料に落とし込み、
 お客様に報告、提案までを行います。
 もちろん、この業務において初めから一人で行うのではなく、
 先輩や上長が業務チェックをしフォローします。このような経験を繰り返していきます。
 
 解析は、回数を重ねていくことでノウハウが溜まっていきます。
 その経験と知識を補う自己学習、説得力ある説明力、提案力などのコミュニケーション力を
 身に付けていくことで一人前の解析エンジニアとして成長していきます。
雇用形態
正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)
東京都新宿区
神奈川県厚木市
神奈川県横浜市
神奈川県川崎市
交通
新宿駅より徒歩5分
愛甲石田駅よりバス10分
京急生麦駅徒歩6分
浜川崎駅より徒歩5分
給与・年収
350万円〜700万円

月給制または年俸制
【月給制の場合】
月額23万~50万円
基本給:185千円〜25万円
※技術手当、家族手当、インセンティブ手当含む。その他残業手当、交通費手当別途支給
【昇給制度】
あり(年1回)
【賞与】
あり(夏・冬)

※ご経験・能力を考慮の上、規定に基づき金額及び給与体系を決定。
待遇・福利厚生
【諸手当】
◆残業手当
◆通勤手当(実費支給)
◆技術手当(月額・1万~19万円)
◆家族手当(配偶者1万円、子5千円)
◆インセンティブ手当(1万円~5万円)

【福利厚生】
◆各種社会保険完備
健康保険組合:神奈川県情報産業サービス健康保険組合
◆社員寮完備(家賃・引っ越し補助)
◆慶弔金制度
◆資格取得支援制度
◆クラブ活動(フットサル部、ダーツ部、BBQイベント、釣り等)
◆健康診断(人間ドック、女性婦人科検診あり)

【試用期間】
試用期間6ヶ月、業務・待遇変更なし

【受動喫煙防止対策】
あり
屋内禁煙
休日・休暇
◆週休2日制
◆リフレッシュ休暇(毎年3日自由に休日設定可能)
◆有給奨励日(夏季、年末年始、GW)
◆年次有給
◆慶弔休暇
◆特別休暇
配属部署
技術本部 機械設計グループ

企業情報

会社名
グラビティ 株式会社
(企業カナ名称: カブシキガイシャ)
本社所在地
■本社
 東京都港区浜松町2丁目7-15 三電舎ビル6階

■横浜オフィス・R&Dセンター
 神奈川県横浜市港北区新横浜3丁目18-5 アイズビル6階
設立日
2006年12月
資本金
2,000万円
代表者
代表取締役 池田 欣邦
株式公開区分
非上場
従業員数
70人
平均年齢
35.3歳
主要取引先
(50音順)
アンリツ株式会社
株式会社アルバック
いすゞ自動車株式会社
NECモバイルコミュニケーションズ株式会社
株式会社沖縄富士通システムエンジニアリング
オプティム株式会社
オリンパス株式会社
京商株式会社
ジャパンマリンユナイテッド株式会社
JFEエンジニアリング株式会社
住友電気工業株式会社
株式会社ディーアンドエムホールディングス
株式会社東芝
パイオニア株式会社
ビステオン・ジャパン株式会社
株式会社日立インフォメーションアカデミー
株式会社日立ソリューションズ西日本
フォルシア・ジャパン株式会社
株式会社SUBARU
富士ソフト株式会社
Fujitsu Ten Solutions Philippines,Inc.
株式会社ブリヂストン
古河電気工業株式会社
ベバストサーモアンドコンフォート・ジャパン株式会社
三菱電機株式会社
株式会社Minoriソリューションズ
ヤマハ株式会社
横河電機株式会社
株式会社リコー
ルネサスエレクトロニクス株式会社
レイデル・オートモーティブ・ジャパン合同会社
URL
http://www.e-gravity.co.jp/
事業内容
■ デジタルものづくり
  IoT/AI/ ビッグデータ解析 /システムインテグレーション
  スマートデバイス / くるま/ CAD / CAE / 3Dプリント
■ コミュニケーションテクノロジー
  通信 Wi-Fi , Bluetooth , USB , LTE
■ サービス&プロダクト
 民泊施設管理IoTプラットフォーム CLANK(クランク)
 接客業務タブレットソリューション Canblet(キャンブレット)
■ グローバル
 グローバルソーシング / 人材育成 / ビジネス支援
  • グラビティ 株式会社の求人情報

その他・PR

求人の背景
クライアントの業務拡大により増員の募集となります。
この仕事で得られるもの
単なる解析してその結果を伝えることにとどまらず、
解析を通して考察、自分なりの付加価値をつけて伝え設計業務の支援できること、
また、解析経験を積んでいくことでノウハウが溜まっていきますので
そのノウハウと自分が日頃学習している技術知識を組み合わせた提案もできるようになります。
本気で育成に取り組んでいます。【技術編】
●技術研修
個人のやりたいこと、キャリアに合わせて取り組みます。
定番のJava、C言語、組込、iOS、Android、CAD・CAE研修に加えて、
組込技術については、社内にあるアーム開発キット、FPGA開発キットを
利用しながら行っています。

●技術講座
社内外講師を招いて、技術動向、最新技術等学びます。
昨今のグローバル案件の増加に伴い、技術者のための英語講座も開催しています。
・講座実績例(テーマ「製品開発」 講師:大手グローバル企業在職中現役担当者)

●ものづくり部始動
第二の自社プロダクト開発を目指すべく始動しました。
・生活を変えるちょっとしたアイデア
・トレンドのロボティクスやIOTのプロトタイプなどなど。
IoTをテーマに様々な製品をつくっています。
メンバはソフトウェア、ハードウェアメンバ混合で運営しています。

●一人社内研究開発
昨今の「メイカーズムーブメント」の中、個人が製品を作れる時代に。
ベテランエンジニアを中心に、プライベートでのモノづくり活動を
本格的に取り組んでいます。毎年社内研究発表も実施しています。
グラビティを数字で見る
◆従業員月平均残業時間推移 2018年度:14.5H 2017年度:14.0H
◆有給消化率 80%
◆既婚未婚率 既婚53% 未婚47%
◆技術職と総合職の比率 技術職86% 総合職14%
◆技術者の割合:ソフトウェア71%、ハードウェア12%、メカニカル17%
 ※技術者が9割の当社だからこそ、技術者のための制度、環境作りを重要視しています。
頑張った分きちんと給与で還元します。【評価制度】
●評価ポリシー
 グラビティの評価制度は従業員で作るものです。
 日々現場の声を吸い上げて改善し公平な制度運用に取り組んでいます。

●評価概要
・年2回評価制度
・昇給年1回
・定期昇給あり

●評価の仕組み
※評価シートに基づき年2回、リーダーとの評価面談を実施しています。
(評価項目)
 1.自己評価
 2.グループ上長評価
 3.プロジェクト単位評価
 4.経営者評価
上記以外に、スキルアップ、チャレンジアクション、
技術基盤を上げるための積極的な社内外の取り組みなどについても
加点ポイントとして評価に反映しています。

(昇給例)
・28歳 第二新卒入社 入社5年目で、スキル・技術力の成長性が著しく
    給与見直しの実施により10.0%の昇給
・34歳 入社2年目で評価経験から開発者に転向により13.0%の昇給
・39歳 経験者 入社1年目で現場評価、新規案件事績により9.0%の昇給

・勤続年数5年社員については、平均2.0%以上の昇給率  
・勤続年数10年社員については、平均3.0%以上の昇給率
デザイン|エレクトロニクス|サービス|ネットワーク|ソフトウェア|における得意技術で、“ソフトウェア×リアル”のデジタルモノづくりを支援。
グラビティは、IoT(Internet Of Thing・・・モノとインターネット)の要素技術を持ち、
ソフト・ハードの設計・開発を手がける会社だ。
 グラビティが持つIoTの要素技術は、
I・・・システムインテグレーション、ビッグデータ解析、エンタテインメントの
サービス、ネットワーク・ソフトウェア技術。
o・・・無線LAN / Wi-Fi、Bluetooth、USB、LTEの主に通信技術。
T・・・スマートデバイス ・ くるま ・ ロボットなどの技術。

これらの技術を武器に ” デジタルものづくり ”を支援している。

社名のグラビティは、gravity=重力という意味だ。
「重力が全てに影響を与えるように…我々もそんな技術者集団でありたい」という願いを込めた。
この言葉通り、同社は技術力に自負を持つエンジニアの集団だ。

創業は2006年。ハード設計や組み込みソフト開発といったハード系の技術サービスを提供する
会社としてスタートした。同業の会社にいた、現社長の池田欣邦氏が起業。
「大きな組織にいたので、大組織の弊害などもあって、
自由に開発だけに打ち込むということがしづらい部分もあった」と、池田氏は当時を振り返る。

もっと純粋に、ものづくりに誇りを持って仕事をしたいと考え、独立を決意。
「池田さんがやるなら…」と、池田氏の思いに賛同した仲間が約20人も加わった。
池田氏の人望と、当時ジョインした仲間たちの志の高さがうかがえる。

その初志を胸に会社を起こし、スタートアップの会社の常として、
まずは1人単位のお客様先の常駐からスタート。その後1人がチームになり、技術が認められて
プロジェクトを丸ごと請け負うようになり、いずれは自社でものをつくるようになろうという
ビジョンを持ち、事業範囲を徐々に広げていった。

今もプロジェクトによって、お客様先にチームが常駐して参画するスタイルもあれば、
自社内に持ち帰って進めるものもあり、仕事の請け方は様々だ。しかし、5年前には早くも
自社でタブレット端末『Canblet(キャンブレット)』を開発、販売開始。
昨年は、『CLANK(クランク)』を開発。
メンバーは総勢70人と決して大きくはない会社だが、
初志に忠実に、自社の製品を出したい。そんな夢と誇りが脈々とベースに流れる会社と言えるだろう。

設計開発事業においては、自動車や電機、精密機器、半導体などの
大手メーカーやそのグループ会社と直接に取引をしている。特に資本の後ろ盾もなく、
ゼロからのスタートだった同社だが、メーカーの研究部門との新規開発などレベルの高い
仕事をすることで信頼を得て、次々と案件や取引先を拡大していったのだ。

そんな同社の現在最も力を入れているのは、IoT、AIの技術基盤強化である。
今後のビジョン含め具体的に紹介しよう。
IoTビジネスプラットフォームの一気通貫で対応できる技術基盤の強化
創業以来培ってきた同社のIoT要素技術を、今後はIoTビジネスプラットフォーム(デバイス、ネットワーク、アプリケーション、データ解析)全体を一気通貫で技術提供できる基盤強化を目指し様々な取り組みをしている。
設計開発事業でのIoT、AIのプロジェクト強化やパートナーシップ作り、プロダクト開発、
先端技術のリサーチ活動、グローバル事業強化などを取り組んでいる。

設計開発事業では、IoT、AIのプロジェクト強化以外に世の中で必要とされる技術を
エンジニアが経験できるようなプロジェクトを増やすことで、
どこにでも通用する市場価値高いエンジニアとして
スキルアップできる機会提供作りに励んでいる。

プロダクト開発においては、ホームページに公開しているもの以外にも
積極的に活動、チャレンジし続けている。
代表が自らプロジェクトの中心となってい動いている農業IoT。
高専と共同研究プロジェクトとして、農業の課題をIoT技術で解決すべく進行中である。
他には、ブロックチェーンチップの開発である。
まだリリース前ではあるのだが、特許出願に向け取り組んでいる。

グローバル事業に関しては、マレーシア、大連の拠点立ち上げ、海外からのインターン学生、
現地の大学や団体との繋がりを強化し、
海外人材の活用も通して技術基盤強化に努めている。

先端技術リサーチについては、現在では量子コンピューティングに関する活動や
AIに関する海外講演、コミュニティ活動、パートナーシップ強化などを通して、
新しい技術を積極的に取り入れている。

小さい規模であるが、積極的にチャレンジし続けている風土をとても感じる。
新しい技術を常に観察し続けている人、IoT、AIに強い興味関心持ってる人にとっては大いに手応えを感じることかできるだろう。


社員が結束して大きな力となる。             目指すはグローバルな事業展開
ところで、グラビティのWebサイトには数々の印象的なメッセージが載っている。
ビジョナリーな社長である池田氏が、折に触れメンバーに発信し、共有している言葉の数々だ。
その一つに、同社の行動指針でもある「SENSE OF UNITY 一体感、結束力」。
メンバーが結束し、その力の総和で事業を最大化する決意がこもる。この言葉通り、
メンバーの育成、メンバー間の絆を築く試みは色々ある。

その一つとして、会社の定める出社の日が年に6回ほどあり、全メンバーが集結する。
午前は事業報告や今後の展望を共有する会で、午後は勉強会だ。
勉強会は個々のスキルアップを目的に、社内外講師を招いた技術勉強会を実施。
最近のテーマは、AI、ブロックチェーンなど。様々な分野のエンジニアが集う会社だけに、
お互いに刺激となるという。
他には、一昨年より「ものづくり部」を新設。
IoT製品開発の社内研究として、ソフトウェア、ハードウェアエンジニアが
スキル、経験関係なく組織横断でチームを組み制作活動に取り組んでいる。
社内研究が大きな目的だが、他にも自分が興味ある技術や最新技術を利用できることで
個人のスキルアップにも繋がっている。

メンバ同士の交流としては、グラビティ娯楽委員会があり、社員懇親会、
バーベキューなどの楽しい企画も盛んだ。新しく入社したメンバーの話によると、
技術者同士趣味嗜好(アニメ、ガンダム、アニソン、ラーメン、鉄道など)が似ているため、
打ち解けやすく懇親会の雰囲気の良さに驚いた。とのことだ。
社長の池田氏は面倒見が良く、何か行き詰まりや悩みがあるメンバーがいれば、
それを解決すべく周りも巻き込んで奔走。
社員を守るという意識が非常に強いという。
昨年、社内の技術勉強会の改善を検討した際の事だが、
代表自らが、エンジニア一人ひとりにヒアリングしその声をもとに改善内容を
作ったというエピソードもある。

最後に、池田氏の大きな展望を紹介して終わろう。
「高度経済成長期に世界を席巻したMade in Japan、その後、日本の企画でアジアをはじめ
世界がものを作ったMade by Japan。そして次なる姿はMade with Worldだと思っています。
いつでも、どこでも、誰とでも、気軽にものづくりが担える時代です。
世界のどこかのプレイヤーの疑問や要求を汲み取り、それをビジネスにつなげていく。
それが、これからの ” デジタルものづくり ” のアプローチです。」と池田氏。

その1つのキーワードとなるのが、「IoT Gravity」。
「IoT Gravity」とは、各産業で個別に活動しているベンダーやIoTユーザー企業、
産業ごとに個別に活用されていたデータ、知見、ノウハウ、といったものが、
産業をまたぐ形であたかもGravity(引力)のように引き寄せあって融合することを指す。
今後は、この「IoT Gravity」がIoT市場の拡大に大きく寄与していくと言われている。

同社も全ての製品を自社で作ることに捉われず、
例えばAIを中核とした製品化→グラビティの技術+他社のプロダクトビジネス+クラウドでの
サブスクリプションビジネス展開と使えるものはなんでも使いビジネスに
繋げていきたいと考えている。



応募方法

応募方法
こちらのページ下部にある「応募する」ボタンをクリックし、ご応募ください。
選考プロセス
【STEP1】Web応募書類による書類選考
 ▼
【STEP2】一次選考(面接)
 ▼
【STEP3】二次選考(面接)
 ▼
【STEP4】内定

◆ご応募から内定までは2週間を予定しております。
◆面接日、ご入社日はご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。
採用人数
2
応募資格
熱、流体、構造、応力、衝突、振動解析のいずれかを
大学や専門学校等で勉強してきた方。
ご卒業からブランクがあっても大丈夫です。

▼尚可
・開発における実験評価経験
・シミュレーション経験
・数値解析経験
・計算力学技術者試験2級

■求める人物像
・小さい頃からモノづくりが好きで、この先ずっとモノづくりを仕事として続きていきたい
・モノづくりができることが自分の喜びであると感じている
・プライベートでもお菓子作りやDIY、ゲーム制作などモノづくりをしている
・小中高時代、自作PCを作ったことがある
・技術の習得はとても楽しいと感じている
・今までの経験を自社の製品開発の技術基盤として役立ててみたい

必読

すでにGreenの会員の場合、当サイトで応募時に入力する情報で、Greenに登録済みの履歴書・職務経歴情報が更新されます。

職務経歴書作成ナビ すらすら書ける!職務経歴書作成のコツ