1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 会社名非公開の転職・求人詳細

会社名非公開

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
イーキャリアFA

この求人情報は、人材紹介会社である「リス株式会社(大阪支社)」が取り扱っています。

保育士/駅近の小規模保育園/大阪

契約社員

募集要項

募集職種名保育士/駅近の小規模保育園/大阪
仕事詳細【対象年齢】0歳児(2ヶ月)~2歳児

同社が運営する保育園にて、保育業務、および園の運営に関する業務全般に携わっていただきます。0歳~2歳のお子様を預かる小規模保育園です。

七夕やお月見、クリスマス会など季節ごとに手作りイベントを実施するほか、園児それぞれの誕生会も実施する予定。さらには、保護者や祖父母のみなさんの任意参加が可能な環境を提供する上、訪問や来園で高齢者と触れ合うイベントの開催などにも注力していきます。園児の各年齢に応じたカリキュラムを計画・実施し、好奇心を育んでいくような保育を目指していきます。
雇用形態契約社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)①守口市 (最寄駅:大日)
②大阪市都島区 (最寄駅:桜ノ宮)
給与・年収2,000,000円 〜 4,000,000円
待遇・福利厚生■昇給年1回(6月)
■賞与年2回(6月・12月)
■交通費全額支給
■社会保険完備(雇用・労災・健康・厚生年金)
■時間外手当
■社員持ち株会
休日・休暇【年間休日118日】
■完全週休2日制(土曜・日曜・祝日 ※祝日のある週の土曜は出勤あり)
■年末年始休暇、夏季休暇、特別休暇
■慶弔休暇、有給休暇

応募ボタンへ進む

求人の募集元企業

会社名会社名非公開
事業内容東証一部上場の大手不動産会社の関連会社です。保育園事業以外にも、家事代行やハウスクリーニングなどを手掛ける生活支援事業や、リハビリトレーニングなども手掛けられています。

応募ボタンへ進む

応募方法

応募資格【必須条件】■保育士資格をお持ちで、保育士としての実務経験をお持ちの方

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

この求人を取り扱う人材紹介会社の情報

リス株式会社(大阪支社)

 総合人材サービスとして、人材業界36年の実績と信用を持つ当社は、独自の戦略性として自社求人求職媒体「しごとナビ」を基にweb戦略を展開中。
 
 ”求職者への転職サポート”を行ってゆくのと併せて、”採用担当者の良きブレーン”でありたいと考え、多くの求人企業様から厚い信頼を得てきました。それ故、企業様との深いパイプには定評があり、非公開求人の依頼も多数頂いております。
 弊社のコンサルタントも日々、各業界関係者様との勉強会にも参加するなど幅広い人脈と情報を確保しつつ、また一方では職務経歴書の書き方指導や転職面接時のアドバイス、面接後のフォロー、希望条件の折衝代行など、フェイス・トゥ・フェイスでのキメ細やかなサポートは自負できるところです。
 その甲斐あってか、求職者からは「自分の転職活動はリス社に任せたい」といったありがたいお声も多々、頂いております。

00000000989_main

【必読】

この求人情報は、人材紹介会社である「リス株式会社(大阪支社)」が取り扱っています。

この求人に応募すると、応募情報がイーキャリアFA経由で移送され、リス株式会社(大阪支社)に登録されます。
その後、リス株式会社(大阪支社)からの連絡があり、応募完了となります。

保育士・幼稚園教諭について知ろう

保育士・幼稚園教諭に必要なスキル・資格は?
保育士になるには保育士資格の取得が必須です。取得方法は大きく分けて2つあります。ひとつは保育士の養成課程がある大学や短大、専門学校などを卒業する方法で、もうひとつは保育士試験を受けて合格する方法です。保育士試験は保育士の養成課程を経験していなくても受けられるので、一般の大学に通った人や社会人の人でも受験できます。しかし試験内容は非常に難易度が高く、平均合格率は10%ほどと言われています。時間や経済の面で許されるのであれば、養成課程に進むほうが確実な道と言えるでしょう。また保育士になるためには養成課程でも保育士試験でもピアノの実習がをクリアしなければなりません。未経験の人はあらかじめ練習しておきましょう。
保育士・幼稚園教諭どんな人に向いている?
保育士はこどもの相手をする時間が長いです。基本的にこどもが好きでないと務まりません。普段からこどもと遊んだり兄弟の世話をしたりする機会が多い人は現場でも大いに活躍できるでしょう。また、こどもの親から安心してこどもを預けられるためにはしっかりと責任感を持って仕事に臨むことが大事です。小さな変化にも良く気づける人や気遣いができる人であると尚よいでしょう。保育の現場では立ったり座ったり、こどもを抱っこしたり運動したりと体を動かす機会も多いので、体力に自信があることも大事な素質です。