1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. IMSグループ 埼玉セントラル病院の転職・求人詳細

IMSグループ 埼玉セントラル病院の求人情報

JobOffer

求人情報

応募ボタンへ進む
クリエイト転職

【薬剤師】新卒・第二新卒歓迎◆土・日休みの仕事◆研修制度充実◆社宅・寮有り・家賃補助あり◆福利厚生・レクリエーション充実◆女性活躍中!

土日祝日休み働くママ歓迎産休・育休取得実績第二新卒・既卒者可転勤なし 正社員

まずは見学からでもOK!!ブランクある方&未経験の方も大切にサポート致します!充実待遇が自慢です♪

☆こんにちは!埼玉セントラル病院です!

当院はIMSグループとして、「より早く」「より安全に」「断らない」求められる医療の実践を基本方針とし、高度慢性期医療の提供を通じて地域の方々に必要とされる病院を目指しております。
この度は新しいスタッフを募集します!
まずは職場を見学してから…そんな方も大歓迎!!
当院であなたの資格を活かしませんか?


☆仕事もプライベートも子育ても!そんな充実した毎日をサポートする職場環境が魅力!

平成25年1月より、埼玉県から「多様な働き方実践企業」のゴールド区分に認定されている当院では、昇給・社保完備はもちろんの事、職員・家族医療費免除制度や様々な手当(住宅・家族・食事)も充実していることで働いて頂く職員の方々、またそのご家族の生活も大切にしております。

4週8休、年間休日も110日とプライベートも充実出来る環境が整っていますので、転職をお考えの方にも安心です。
有給休暇は、入職当日すぐに3日付与されます。(6か月後に7日で合計10日~)
入職直後の万が一の体調不良等にも安心して使うことが出来ます。
また、男女問わず子育て中の方には託児所が完備されていますし、産休や育休などでバックアップいたします♪

IMSグループ 埼玉セントラル病院の求人情報

募集要項

募集職種名【薬剤師】新卒・第二新卒歓迎◆土・日休みの仕事◆研修制度充実◆社宅・寮有り・家賃補助あり◆福利厚生・レクリエーション充実◆女性活躍中!
仕事詳細院内での薬剤師業務を行っていただきます。
来院なさった方々とコミュニケーションを取り、地域の方々に「ありがとう」と感謝される事にやりがいを感じられるお仕事です。
また多職種協働の「チーム医療」にも積極的に取り組むため、各メンバーが、医療安全対策、感染対策、栄養サポート、褥瘡対策などのチームに属し、他職種と連携して安心・安全な入院環境の維持に努めています。
雇用形態正社員
勤務地(都道府県)
勤務地(住所)埼玉セントラル病院
埼玉県入間郡三芳町上富2177
勤務時間[平日]8:30~17:30(8H) [土曜]8:30~12:30(4H)
給与・年収月給 241,500円~262,000円
待遇・福利厚生☆自慢の厚待遇☆
昇給年1回 賞与年2回 退職金制度有 社保完備 交通費全額支給 制服貸与 住宅・家族・食事手当有 有給休暇有 医療費減免制度 正社員登用制度 車・バイク通勤OK!! ☆ふじみ野駅から無料送迎バス有♪
休日・休暇土曜半休、日・祝、4週8休(年間休日109日)

応募ボタンへ進む

企業情報

会社名IMSグループ 埼玉セントラル病院
URLhttp://www.ims.gr.jp/saitama_central/

応募ボタンへ進む

応募方法

応募方法応募ボタンをクリックし、応募フォームに必要事項を記入の上、送信してください。面接日時等、追ってご連絡致します。お電話での応募の際は「クリエイトの求職サイトを見た」とお話しください。※見学からでもOK!お気軽にお問い合わせください!
応募資格有資格者、経験3年以上

こちらに記載されている内容は、情報提供元サイト内で掲載されている情報が使用されています。

IMSグループ 埼玉セントラル病院が募集している他の職種

薬剤師の他の求人はこんなものがあります

薬剤師について知ろう

薬剤師に必要なスキル・資格は?
国家資格が必須です。この薬剤師の資格は国家資格のため基本的には6年間薬学部に通い知識を高めなければとることが出来ない資格となっています。薬剤師にも漢方を扱う薬剤師や医薬品のみを扱う薬剤師があるので、漢方の場合はその知識を得る必要がありますし、常に新しい薬が登場する為それを扱うための資格の更新なども必須となります。薬の副作用や飲み合わせに関する知識だけでなく、人それぞれに合わせた処方に対応できる適応力や柔軟性も必要となるでしょう。
薬剤師どんな人に向いている?
薬剤師の場合、薬の調合を行うことになるわけですが、この薬の調合は非常に細かいグラムでの調合が求められることになります。また、適当な調合では薬剤師としての仕事を正しく遂行できないことになりますし、適当な調合により患者の体調を悪化させてしまう恐れもあります。その為、几帳面で正確性を有した人が最も向いています。また、調合の相性や効果効能に関しての知識は常に勉強しなくてはいけません。そのため、生物化学に興味があったり、一つの事を突き詰めることが好きな研究肌の人も向いています。